坐禅

『戒名―なぜ死後に名前を変えるのか』

コメント(0)

2005年増補新版。仏式の葬儀の中核をなす戒名について歴史的展開、社会的機能、宗教的意味を分析し、今後の展開と対策を考える本。

宗教学者が書いたものなので、戒名の宗教学的意味のところが一番大切だと思うのだが、祖先崇拝一般の話に終始してしまい、本題の戒名についてはほとんど触れられていないのは残念だった。もっとも、原始仏教には戒名がなかったのだから、意味なんてないのかもしれない。

一方、戒名の種類が家柄を反映することによって、社会秩序の維持に役立ってきたとする考察は納得。だからこそ戒名で死者を差別するのはよくないからと言って全部を同じ種類に統一するまでにはなかなか至らないのだ。

今後の展開と対策は、無宗教葬に触れている程度で具体性に乏しい。現実的な問題なので、現実的な改善策がもっと示されてもよかったと思う。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2005年12月11日 03:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『子の世話にならずに死にたい 変貌する親子関係』」です。

次のブログ記事は「『下流社会 新たな階層集団の出現』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー