坐禅

外出日

コメント(0)

たまった用事を済ませるため、1日中外出の日になった。
午前中は川西町の宗務所に行き、責任役員変更届と財産処分申請の書類をもらう。
寺院は1件1件が宗教法人であり、宗派はそれを総括する宗教法人という二重の構造になっている。そのためたくさんの複雑な手続きがあるが、特にオウム真理教の一件以来運用が厳格化され、何かしようとするたびに膨大な書類が必要になった。
寺院では住職は代表役員ということになっているが、1人で実験を握っているわけではない。総代など檀信徒から責任役員が登録され、重要な事項は全員の印鑑をもらわないと進められないようになっている。責任役員の任期は4年。それが今年切れるので、任期満了に伴い手続きをしなおさなければならない。今年から印鑑登録証明の添付も必要になった。早めに始めなければ。
また寺院が土地を売却した場合、それがたとえ道路拡張のための提供であっても財産処分申請を宗務庁に対して行わなければならない。うちのお寺では、おそらく先代住職が昔処分した土地が国土調査で明らかになり、どこを誰に売却したか調べるところから始めなければならない。「2年ぐらいかかるでしょう」と師匠。気が遠い。
帰宅して午後からは曽祖父の五十回忌の拝請。来てほしい近隣の寺院10件ほどを訪問し、案内状をお金を添えて差し上げ、お拝をする。1つのお寺で6回、五体投地のお拝をしてくるので60回。だんだん膝がガクガクしてくる。着替えの時間を節約するため大衣を着て車を運転した。
お拝が終わったらすぐ帰って来るのだが、2ヶ寺だけ断れずお茶をご馳走になった。教区長からは私も知らない曽祖父の思い出話、布教師からは葉っぱを増やす=人間としての魅力を高めるという話を伺った。
終わったのが午後6時半。そのまま米沢のヒッポファミリークラブ(外国語サークル)に出る。いきなり大衣を着たお坊さんが乱入したので子どもたちがあっけに取られていた。フランス語で挨拶し、スペイン語を喋る。「リングアヘ」って、languageのこと? アヘアヘ、間寛平。
去年買った新車のメーターを見たら12000キロ。1ヶ月に1000キロ走っている計算だ。ガソリン代だって、1万円を超えているぞ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2006年7月 6日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さくらんぼ」です。

次のブログ記事は「『初恋温泉』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー