坐禅

子連れで山形

コメント(0)

週末に用事があって山形に行くのはいつものことだが、このたびは4才の娘が一緒に行きたいというので連れてきた。
当初は土日の一泊の予定が、お葬式が入ったため金〜月曜の3泊4日に。保育所も2日休むことになり、長丁場で何をしようか考え中。
昨日は、保育所に送る車をつくば駅で降りて姉は山形、弟は保育所へ。この頃弟のせいであまりかまってもらえず、ひとり遊びの多かった娘は歌を歌いながらスキップするほどの浮かれよう。
つくばエクスプレス、武蔵野線、京浜東北線といつもの乗換えで大宮から新幹線。隣り合う席がなくて自由席でB,C席に座る。
娘は駅で買った雑誌を早速開いたがすぐに車酔い。揺れへの弱さは親譲りだ。幸いゲロは吐かず、見かねた後ろの席のサラリーマンが席を譲ってくれた。山形新幹線の温かさ。
おかげで窓際に座れた娘はしばらくすると元気を取り戻し、お菓子をパクパク食べ始めた。紅葉に色づいた山々の車窓を背景にお菓子を食べ続ける娘の姿を見ると、喩えようもない幸せを感じる。
駅までは母が迎えに来ていた。寺に戻ってすぐ着替えて枕経。昼食をとってから、靴が古いというので買い替えに行ってきた。道中疲れたのだろう、娘はすぐこっくりこっくり。
家に帰ると新聞を取ってというので渡すと、テレビ欄を確認してドラえもんを見たいという。つくばにはテレビがないので、テレビも娘の楽しみになっているのだろう。ちなみに声優が変わってから初めて見た。
入浴して10時に就寝。山形はつくばと比べ物にならないほど寒い。何度か目が覚めてしまったが、娘は10時間以上、トイレにも行かずぐっすり。
今日は本屋に連れていくことになっている。娘は本屋に行くと2時間近く過ごすので、それだけで半日になりそうだ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2006年11月25日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寺役員研修会」です。

次のブログ記事は「子連れで山形(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー