坐禅

『Magical Mystery Classics』

コメント(0)

クラシック音楽のパロディを手がける杉ちゃんと鉄平さんです。わざとらしくなく、いつの間にか別のメロディが紛れ込むアレンジが見事。

シュトラウスの有名なワルツを短調にしてサスペンス劇場の音楽を巧みににミックスした「美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件」は大のお気に入り。

ほかにも「カプリス変奏即興曲」は口ずさんでしまいたくなるような軽快なメロディーだし、『トロイメライによる「夏の思い出」』はダブルで郷愁を誘ういい音楽です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2008年2月21日 10:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『フラガール』」です。

次のブログ記事は「『なぜ「話」は通じないのか―コミュニケーションの不自由論』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー