坐禅

『フラガール』

コメント(0)

昭和30年代の福島県いわき市。炭鉱は閉山を余儀なくされ、職を失った人々のためにハワイアンセンターが計画されていた。この物語はハワイアンセンターのダンサーとして活躍することになる地元の女性たちと、その家族の物語である。実話に基づく。

主人公もさることながら、脇役もすばらしいキャスティング。主人公の兄役である豊川悦司の妹への愛情の深さ、ハワイアンセンター社長役である岸部一徳の早回し東北弁、主人公の母役である富司純子の食いしばるような表情、どれも見事で涙が何度も出そうになった。特に豊川悦司の存在感は何度見ても飽きない。

急速な時代の変化に人々はどう変わっていくのか。何が変わらないのか。ここ数年の邦画、いや洋画も含めて一番。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2008年2月15日 10:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「風邪気味の長女」です。

次のブログ記事は「『Magical Mystery Classics』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー