坐禅

資産運用

コメント(0)

今日は午後からお坊さんの研修会だった。が、お葬式が入り、ヘロヘロになりながら夕方から参加した。

夕方の講義は資産運用についてで、講師は野村証券の方。超低金利時代の現在、預金だけでは資産は目減りするので高利の証券を。今アメリカの金融危機で証券も値下がりしているが、日本の「空白の10年」と比べるとアメリカは政府がいち早く動いており、2年くらいで収まるのではないか。なので今が買いどきと(本当はここまでは言い切っていない。脳内補完あり)。

まず必要な利率ありきという話で、リスクについては全く触れられなかった。「空白の10年」の頃と違い、アメリカの景気の影響を受けやすい現在はリスクが高いのでは?という疑いが起こる。だが、それよりも、僧侶の積極的な蓄財が倫理的に許されるのかというところが気になって仕方ない。「一日為さざれば、一日食らわず。」

もちろん、宵越しの金はもたないなんて主義ではお寺はやっていけない。だが、目の中が¥マークになってしまいそうなのも怖い。イヤでしょう、そういうお坊さんって。 ちなみに妻にもそういうセールスが来るが、「調べたり検討したりしている時間があったら働く。」近くのお寺さんは「運用する資産なんてねぇ!」どちらにも全く同感。

疲れがどっと出たところで、夕食は弁当を食べながら人権学習のビデオ上映。それが児童虐待についてなのである。近所の子どもが虐待を受けているようだ。どこに通告したらよいか、そして通告後どういう人が動くのか。食事が喉を通らなかったのは言うまでもない。

家に帰ったら長男が元気に遊んでいたのでほっとする。明日はつくばへ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2008年10月 5日 22:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最上川アルクセッション」です。

次のブログ記事は「『すごい「議論」力!』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー