坐禅

『おくりびと』

コメント(0)

映画脚本をもとにしたマンガだが、細かい設定が結構変わっていた。その中で一番よかったのは、主人公と妻以外が全員庄内弁をしゃべっていること。山崎努扮するNKエージェントの社長は、謎めいた雰囲気ではなく温かみがあり、近所のおばあちゃんや子どもたち(特にすぐる君)もいい味を出している。

さそうあきら氏はこの原作にうってつけの漫画家だったと思う。映画を見ていたのにまた泣けた。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2008年10月 9日 16:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おくりびと」です。

次のブログ記事は「『『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー