坐禅

長女とボードゲーム

コメント(0)

子供ゲームは一通り揃えているが、家の子供たちと一緒に遊ぶことは滅多にない。大人が遊んでいる間、子供たちは勝手に箱を出してコマを並べて遊ぶくらい。それが昨日、小1の長女が『ブロックス3D』を自ら持ってきた。快挙。

今月の初めにあった坐禅会のレクリエーションでボードゲームを遊んだとき、いくつか遊んだ中でこのゲームが気に入ったらしい。ルールもしっかり覚えていた。そばにいた妻と3人でスタート。

L字テンプレートで私が経験者の勝利。片付けようと思ったら今度は高層ビルのテンプレートでしたいという。妻と私がつぶしあっている間に長女が勝利。さらにリクエストでピラミッドのテンプレートも遊んだ。これは妻と私の同点。

『ブロックス3D』は、日本ボードゲーム大賞でゆうもあ賞にも選ばれているが、3ゲーム立て続けに遊んだのは初めてである。1ゲーム20分くらいで1時間。テンプレートが変わるごとにブロックの優先順位も変わるので、頭の切り替えが楽しい。

父親が子供たちに無理やり遊ばせるというのが嫌で、積極的に勧めてこなかったボードゲームだが、3歳の長男も知能がどんどん発達しているし、これから活躍する機会が増えそうだ。そのために、ラインナップをよく吟味しておきたい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2009年8月28日 11:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホール内覧会」です。

次のブログ記事は「長男の山形弁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー