坐禅

長女の運動会

コメント(0)

長女の運動会で母校の小学校に行く。23年ぶりの小学校の運動会は、何も変わっていないような感じがしたが、子供は半分に減っているのでゆったりしている。直射日光がきつい。

長女は私に似て運動神経があまりよくないので、足も速くないし、まり入れはかごの下でぴょんぴょん跳ねているだけで全然入っていなかった。80m走は、1人靴が脱げるという敵失で最下位を免れ、まり入れは、妙にうまい子がチームにいたおかげで勝てた。

まり入れって結構、戦略性があるものだ。まりが入りやすい適切な距離の目測、得意不得意とかごの位置に応じた人員配置、落ちたまりの処理など。先日行われた地区運動会では、まり入れは60歳以上の競技で、投げる人と渡す人が完全に分業していたという。今日大勝した赤組は、入りやすい位置に人員を集中させていた。

それ以上に戦略性が高くて面白いのが3〜4年生のタイヤ引き。中央に大中小のタイヤを並べ、両サイドから取って自陣に持ち帰る。タイヤの大きさによって得点が違う。大きいタイヤをみんなで取りに行くか、手分けして小さいタイヤを狙うかの選択があり、バッティングしないように相手の出方も伺う。小さくてすばしっこい子、大きくて力の強い子をどう配分するか、作戦を立てておいたほうが強そうだ。始まる前に隣同士相談していた白組の逆転勝ち。

親子競技は大玉転がし。転がしというより飛ばしでまた赤組大勝。応援がすごくて、思わず燃えた。午後から仕事があったので、お昼を食べて、妻とバトンタッチして、結果を気にしつつ帰る。優勝と応援賞のダブルで完全優勝となり、長女はずっと上機嫌だったそうだ。

明日は法事2件、葬儀、午後から寒河江の演奏会で司会をする。今日明日は今月のクライマックスだ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2009年9月 5日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラオケ」です。

次のブログ記事は「反論しつつ相手を立てる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー