坐禅

なぜ?より何?

コメント(0)

理由を聞くだけのつもりが、相手を追い詰めてしまうということがある。同じ「何で?」でも、子供が親に聞くのと、親が子供に聞くのとではだいぶニュアンスが違う。

プレッシャーの中で、相手を納得させる理由を考えられる力をつけてもらおうと、私は子供によく「なぜ?」と聞くようにしていた。でもそれだけでは、理由を考える以前に、親が気に入らないということしか伝わっていないのかもしれない。

今日早速、子供に「どうして?」と言いそうになったところで「どんなわけがあるのかな?」と言い換えてみた。言い換えてみて気づいたが、この質問は前向き・未来志向の答えを引き出せる。比べると「なぜ?」「どうして?」は後ろ向きで、結局自分が至らなかったということになってしまいかねない。

これは子供だけでなく仕事でも使えそう。いいことを聞いた。

Exciteニュース:「なぜ」は、やる気と成長を止める質問

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2009年9月17日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葬儀のこまごま」です。

次のブログ記事は「『どう生き どう死ぬか―現場から考える死生学』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー