2010年1月アーカイブ

またもや税額変更

コメント(0)

所得税の計算で小学生でもしないような計算間違いをして、税務署と市役所に行ってきたことは先の日記に書いた通りである。ところが税額の変更が発生して、また税務署と市役所に行かなければならなくなってしまった。今年になってからもう4回目である。

なぜ変更が起こったかというと、私が妻の被扶養者になっているからだ。被扶養者として控除や手当てを受けるには、年収を103万円に抑えなければならない。そこでお寺からの給与の大部分を母が受け取ることによって調整している。母は障害者の祖母と同居しているので控除額が大きい。

お寺の給与は毎月一定額支払われていることになっているが、お寺の収入は毎月一定ではないので、実際は使った分だけを半年に1回、6で割って計算している。そのため給与額は暫定的なものであり、また世帯主は母なので、使う額から言ってもこの振り分けは実際とかけ離れていない。

問題は、私の収入がお寺だけでないことで、1月20日を過ぎるといろいろなところから源泉徴収票が送られてくる。今年は4ヶ所あって、中にはすっかり忘れているものもあった。そのためすでに申告したお寺の給料を合わせると103万円をオーバー。そこでオーバーした分を母に振り分けなおして、改めて申告する必要が生じたというわけである。

書類を書き直してもっていくと、3度目であるにもかかわらず税務署も市役所も愛想よく引き受けてくれた。税額は3500円の増だが、控除や手当はこんなものではない。心からほっとした。

檀家さんには大きな声で言えないが、このような収入状況である分、家事や子育てをしっかりすることが求められる。つまり主夫である。

日本人には論理が足りないとか、論理力を鍛えようということがよく言われるようになってきたが、それでは日本人は論理力がないのかといえばそうではない。詭弁にも一理あり、論理的であろうとしたために詭弁にだまされるということがある。修辞学、特に議論や詭弁について研究を続けている著者は、とうとう詭弁を通して人間の本質が理解されるという地点まで到達した。

議論の目的は真理の追及や問題の解決ではなくエロースにあるという。「議論とは、言葉で他人を支配し、自分の精神を伝播させようとする営みである。」議論が嫌いな人は相手がしゃべる分だけ自分のしゃべる時間が減ることを恐れる。

「多義あるいは曖昧の詭弁」は、不寛容の原理(相手の議論が誤りになるように、できるだけ相手に不利に解釈しようとすること)から生じている面もある。子どもが「みんな持ってる」というのに、親が「みんなとは誰か」と聞いて、子どもが3人しか挙げられないとしても、それが「みんな」でなぜいけないのか。曖昧さを取り除こうとすることも、また詭弁になりうる。

「藁人形攻撃」(相手の主張を反論しやすいように歪める)には、騙す意図がないが読解力が薄弱であったり、自分の主張に強い信念を持つあまり行ってしまったり、とっさに反論が思いつかずに引き伸ばすために行うものもある。相手が鬼だったら、桃太郎がどんな卑怯な手で勝ってもよいようなものである。

「人に訴える議論」(人格、動機、行動、過去の発言との整合性から議論を否定する)は、必ずしも無関係ではなく、人が根拠を補完する場合が多々ある。ゆとり教育論者が自分の子どもを進学校に通わせていたら、建前の正論であることが分かる。

「性急な一般化」(少数の事例から全てに適用する)は、すでに一般化された見方に整合する場合が多く、実害を蒙っているのならばなおさら、誤りとはいえない。ゴキブリが一度でも入っていたら、その店には行かないのが普通である。また、人間は否定的なものよりも肯定的なものに心を奪われやすく、偏りが起こる。占いが当たると思うのは、当たらなかったことが認識に上りにくいためである。

論を進めるに当たり取り上げる事例豊富で、解説も機知に富んでいて読み物としても面白い。語学の達人が書いた語学学習法を皮肉たっぷりに取り上げるあとがきは笑えた。詭弁を知ることは、人間を知ることである。

税金を払いすぎた

コメント(0)

住職になってこの方、税務を自力でやっているのだが、恥ずかしくなるようなミスをした。給与所得から控除を引いた額に、5%をかけて年税を計算するのだが、そこでなぜか÷5なんていう計算をしてしまったのだ。つまり税率20%。北欧諸国かよ。電卓を長男が壊して、携帯で計算したから調子が狂ったのかもしれない。

市役所に源泉徴収票を提出したときにチェックしてもらって発覚した。手書きの源泉徴収票は誰でも書けるから印鑑を押してもう一度来てくださいというので、印刷のほうが誰でも作れるでしょう、手書きは筆跡が分かるから印鑑の有無は問題にならないなどと食い下がった矢先のこと。結局出直しということになって赤面した。

すでに郵便局に振り込んで、税務署に書類を提出してしまっていたので、これから「誤納付還付申請」というものをしなければならない。小学生のような計算ミスで二度手間になるのはへこむ。

近隣のご寺院さんの多くは税理士に頼んでいる。そうすればこんな手間はかからないし、税務署の査察が入っても堂々とお見せできる帳簿を作ってもらえる。もっと年を取ったら頼むことにするかもしれない。

お寺の収入はつまるところお葬式の回数によって変動するから、年によって大きく異なる。給与もそれに従って変動しており、年末調整の仕方も変わる。前半期に源泉徴収をしすぎると還付請求の手間がかかるので、前半期は少なめに納付しておくのがコツ。昨年はそれも失敗したので、通常の還付申請もしなければならない。

ネット布薩

コメント(0)

釈尊の時代より、毎月2回、修行僧が集まり、戒律を読み上げ、罪のあるものは自ら告白して懺悔し、長老はこれに対して訓戒し、滅罪を宣言するという行事が行われていた。これを布薩(ふさつ/uposatha)という。日本でも本山では行われているが、戒律を読み上げるだけで告白などしない。

葬儀では最初に戒律を読み上げ、故人がその戒律を後生大事にすることを胸に刻みつけた上で戒名を授ける。そこで自分が守れていない戒律を授けているのではないかと、読み上げるたびに心もとない気持ちになる。ヘビースモーカーがタバコは体によくないからやめろというのは、論理的には間違いではないが説得力がない。そこでネットで布薩をしておこうと思った。本当は250条もあるが、葬儀で説く16条だけを取り上げる。昨年1年間、◎○△×の四段階で。

三帰戒
1.仏(釈尊を信じて帰依する)○
……毎朝礼拝と読経を続けたが、昼と晩のお参りはせず。
2.法(釈尊の説いた教えを信じて帰依する)◎
……お経や仏教に関する書物を読んだが、疑問も残った。
3.僧(仏教徒の仲間を信じて帰依する)○
……近隣寺院には礼を尽したつもりだが、失礼もあった。

三聚浄戒
1.摂律儀戒(悪い行いをしない)○
……朝寝坊はしなくなったが、自分ではなく長女のためだった。
2.摂善法戒(善行に励む)△
……人の目を気にしただけで、自らよいと思ってしていなかった。
3.摂衆生戒(世のため人のために尽す)△
……家族や檀家のことで精一杯で、ほかに目を向けられなかった。

十重禁戒
1.不殺生戒(生き物の命をことさらに奪わない)○
……法事のお膳を嫌ったのと、夏場に車でたくさんの蛙を轢いた。
2.不偸盗戒(ものを盗まない)○
……お布施泥棒にならないよう努めたが、頂く価値があったかは疑問。
3.不貪姪戒(道ならざる愛欲を犯さない)○
……浮気はしなかったですよ?
4.不妄語戒(嘘偽りの言葉を言わない)◎
……正直であろうとしすぎて融通がきかなかったかもしれない。
5.不コ酒戒(酒におぼれない)◎
……飲酒は平均月1回以下。自発的に飲んだのはほぼなし。
6.不説過戒(他人の過ちを言いふらさない)◎
……聞くことは多くても口は堅かったと思う。
7.不自賛毀他戒(自慢せず、人の悪口をいわない)◎
……結果として八方美人になったのはいいことか悪いことか。
8.不慳法財戒(無償で与えることを惜しまない)○
……労働は進んで行ったが、お金は借金の返済すらままならず。
9.不瞋恚悪戒(怒ってキレない)◎
……大声で怒鳴ることがなかったのは子供たちのおかげ。
10.不磅三宝戒(仏教やお寺の悪口を言わない)○
……言わなかったけれども、思うことはたびたび。

概ね及第点というところか。いずれも満点とはいえず、反省すべき点がある。でも全部満点になったら、生き仏だな。

人権擁護委員

コメント(0)

暮れに市役所の方がいらっしゃって、人権擁護委員への就任をお願いされた。去年は市の仏教会の事務局長として、火葬場の件で何度も市役所に足を運んだので、顔を覚えられてしまったらしい。

Wikipediaによると、人権擁護委員とは「当該市町村の住民で、人格識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある社会事業家、教育者、報道新聞の業務に携わる者等及び弁護士会その他婦人、労働者、青年等の団体であって直接間接に人権の擁護を目的とし、又はこれを支持する団体の構成員」という。でも、そういった資質よりも、ボランティアということと、人権相談などの任務が平日の昼間しかないことから、なり手がなかなか見つからないらしい。結局公務員を定年で退職した人になりやすいという。

曹洞宗では町田事件※以来、さまざまな人権問題に取り組み、研修会では必ず人権学習のコマを設けているため、私もそれなりの勉強をしてきたが、お寺はいまだに院号だとか信士号だとか言って戒名(による家柄の)差別をしているので、堂々と返事することができなかった。

「戒名は世間の格であって成仏に早い遅いはない」というならば、どうしてそんな世間の格にお寺が関わるのかという問題が起こる。「お寺に貢献があった人に贈る感謝状です」というならば、よい戒名を頂いた人は善行を積んでいるわけだから、成仏が早いのではないかとも思う。では皆同じく院号にといえば、要らないという人もいる。戒名の種類と寺費(毎年お寺に納めるお金)が連動しているので、全員一律にすれば、安かった人ほど上がるので文句が出る。何年かに一度の改訂で、少しずつならしていくのが精一杯である。

それはさておき、理念よりも現実である。物理的に住職&子育てと両立するならば引き受けようと思った。前任者はちょうどお寺の総代さんだったので、任務内容をお聞きしてみた。市役所や法務局の窓口での人権相談は、実際は嫁姑の愚痴を聞くぐらいのもので、込み入ってきたら適切なところを紹介するだけ。それ以外に、自主的な活動として、学校でのいじめ問題対策として、啓発活動をするという。

「忙しくないとは言えませんが、住職なら十分できると思います。」その総代さんの言葉に勇気付けられ、引き受けることにした。年明けに市役所にいって引き受ける旨を伝えると、職員はたいへんほっとしている様子。あと2人、新任者が見つからなくて困っているのだという。

今、履歴書を作っているところ。3月の市議会で承認されれば、4月から研修などを経て任務が始まる。1期3年。

※町田事件:1979年、アメリカで開催された第3回世界宗教者平和会議に全日本仏教会理事長として出席した町田宗夫・元曹洞宗宗務総長が、再三にわたり「日本に部落問題はない」「100年ほど前にあったことで今はない」「部落問題を理由にしてさわぐ一部の人がいるだけ」などの差別発言を繰り返し、報告書から部落問題についての言及部分を削除させてしまった差別事件。

毎年2回、お正月明けとお盆明けに、近くの温泉付き貸し別荘でボードゲーム合宿を行っている。2003年から始まっているので、もう8年目。ここの別荘は10人で素泊まり2万円と破格値で、食費とあわせても3000円前後で収まる。

今回は年末に引いた風邪で咳がまだ残っているので、温泉も入らず、宿泊を遠慮して夜は家に帰って寝た。家までは車で10分以内で着く。さらに今回は、行く前に大般若の法要があったので遅れて参加。

翌朝は清掃と支払いのために行く。泊まり組は6時まで起きていたそうで、ぐっすりお休みだった。

午後からは母がママさんスキーに行くので、子どもたちを連れてついていき、スキー場で延々ソリすべり。吹雪だったが、50mくらい一気に滑り降りるのは見ていても楽しい。休憩したヒュッテでは、子どもたちがアイスクリーム、ジュース、ポテトチップ、カップラーメンと飲み食いしまくるそばで読書。

帰宅して夕食を取り、夜はヤハハエロという小正月行事の御祈祷。猛吹雪の中でお経を読むのは体にこたえる。終わってから公民館で温まりながら懇親していたところに訃報。すぐ帰宅して枕経セット(経本と手帳と線香)を取り、枕経と御詠歌をあげてきた。これじゃ咳は治らない。

4回目の帰宅で今日は終わり。メールを打ったりブログを更新したりしているうちにもうこんな時間。明日は寝坊しそうだ。

あまりテレビは見ないが、朝晩のニュース番組でしかめっ面をして社会を批判しているキャスターをたまに見ると、過度な一般化と大衆に訴える詭弁を弄していることは分かる。だが本当のところはどうなのか、興味があったので読んでみた。

1.ひとりひとりの省エネでは全く追いつかない。原子力発電は不可避
2.医師は不足していない。勤務医の待遇改善を
3.教育は目標だけでは動かない。結果重視で柔軟に
4.郵政民営化は成功していない。信書配達と過疎地の郵便局は国営で
5.官僚をたたいても国はよくならない。議会改革が先決

具体的なデータを示して議論を進めており、各章ごとに明確な「処方箋」を述べているので分かりやすい。もっとも、処方箋はいずれも大胆な改革案なので、実現可能性には大いに疑問が残る。

中教審の議事録から、都内の区立小中学校が文科省・都教育委員会・区教育委員会から1年間に受け取る文書は120通、回答すべき調査・アンケートは小学校で400本、中学校で200本に及ぶという「ここから浮かび上がるのは、日本の公立学校の先生が、生徒と向き合わずに、書類の処理に忙殺されている姿ではないか。」

実際、長女の学校から、「お子さんは命を大切にしていると思うか」などという(問題は無意味ではないが、アンケートにすること自体が)無意味なアンケートが来た。これに「はい」と答える親のパーセンテージを取って何になるというのだろう。

エネルギー、医療、教育、郵政、公務員はいずれも、私たちの生活と切っても切れないことばかりである。日常のちょっとした1コマ1コマから、その背景に対する洞察を与えてくれる良書である。

初夢

コメント(0)

我が家では、2日の夜に枕の下に折り紙の宝船を入れて寝る。去年まで祖母が「長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」と書いていたが、今年は長女作。

そして明け方に見た夢。

-----
檀家さんのところで今度生まれる赤ちゃんの名前を「反郎(そりろう)」でどうかと相談してきた。それはどうかなと思いつつ、秋田に名付けで有名な方がいるので相談しにいくことにする。7人で行くのに車が5人乗りなので、山道を通って歩いていくことにした。
途中その檀家さんの家に立ち寄ったところ、前に生まれて亡くなった赤ちゃんがそのまま放置され、腐臭を放っていた。そこで簡単なお葬式をしてから出発。ところが山道に入った瞬間、大きな水たまりがあって、しかも蛇が泳いでいる。足を入れた瞬間寄ってくるのを見て、同行者のおばさんが「ムリムリ」と言い出し、秋田行きは中止。引き返してパーティをすることになる。
パーティ会場はこぎれいな洋館だったが、壁一面に小便器がずらりと並んでいて食欲が減退する。ろくに食べずにおしゃべりだけして帰った。
-----

一富士、二鷹、三茄子の次は四雪隠に五葬式だという。四等賞と五等賞(茄子あたりから残念賞っぽいけれど)。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー