坐禅

次女の風邪

コメント(0)

保育園に通い始めて3週間目、次女が熱を出してダウン。慣れない環境で疲れがたまっていたのだろうか。長男の保育園でも、お休みしている子供が多いようだ。長男もバスから降りたときと、お風呂に入っているときに吐いた。

自宅で看病するといっても、特に変わったことはない。食後に薬を飲ませれば、あとはひたすら抱っこしているだけである。床に置くとすぐ起きてしまうが、抱っこしていればずっと寝ていてくれる。抱っこしながらでも、手を伸ばせばキーボードは打てる。平日に仕事がほとんどなかったのも幸いした。

週末に妻が帰ってきて看病を引き継ぎ、私は仕事のほかに長男と長女を連れて米沢に外出したりして一息。しかし次女はここで治らなかった。

一昨日の朝は普通に登園したが、帰りにはまた熱が上がっている。2回目のお医者さんでは抗生剤をもらったが、夜はなかなか寝付かない。一方、私は土日の仕事と遊び疲れがたたって、とうとう風邪がうつってしまう。昨日の午後は、座薬を入れた次女と布団でダウン。咳がひどくなり、歯がカタカタ言うほどひどい寒気がして体の節々が痛む。

一晩寝て私は持ち直したものの、次女は相変わらず熱が高い。というわけで今日もまた1日中抱っことおんぶである。

長男は保育園を休まずに回復。インドで生死の境をさまよった長女は、全く元気である。どちらも0歳児のころから保育園に通っているので体の出来が違う。

今日の長男の迎えのとき、長女に見張りをお願いした。帰ってくると次女が部屋を抜け出して階段の降り口に! 何でも、次女に本を読んで聞かせている間に本に熱中してしまい、次女が抜け出したのを気づかなかったらしい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2010年4月28日 18:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『大江戸お寺繁昌記』」です。

次のブログ記事は「連休の外出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー