坐禅

父一人子供三人

コメント(0)

今週は母が御詠歌の全国大会で大阪に行っており、初めて親独りで子供3人を見ることになった。月曜日の朝までは妻がいたが、駅に送るといよいよ1人になった。

とはいえ9時から16時までは学校や保育園だし、仕事もなかったから、家でのんびりしていればよい。ヤフオクの発送をしたり、泊まりで来たゲーム仲間と遊んだりして過ごす。

しかし朝と夜はそれぞれ3時間、びっちり家事がある。朝は子供を起こして、朝ごはんを作って、朝のお勤めをして、長女を送り出して、次女にごはんを食べさせて、長男の弁当を作って、洗濯物を干して、長男と次女を保育園に送る。夜は夕ごはんを作って、次女に食べさせて、台所の片づけをして、風呂に入れて寝かせる。何とか21時までには寝かせたいから、朝だけでなく夜も時間との勝負だ。

時間短縮のため、次女にご飯を食べさせながら自分も食べることにした。次女がよそ見をしている隙にがっと食べる。次女の後ではご飯が全部冷めてしまっていたが、こうして食べるといくらか温かい。とはいえ、10分くらいの節約にしかならないが。

火曜日は長女のズボンにティッシュが入ったまま洗濯してしまって、取り除くのに20分もかかってしまったり、長男の荷物はいつも何かしら忘れたりと手抜かりも多いが、毎日同じことをしていると時間が短縮されてくるから不思議だ。次女の保育園に着いたのが火曜日は9時半だったが、水曜日は9時、今日は8時45分だった。次女のだっこして攻撃を無視できるようになったのが大きい(ちょっと泣くが、すぐあきらめて遊び始める)。

夜は子供たちが眠ってからこっそり起きる。実は長男は眠っていないのだが、長女と次女がいるので大人しく寝ている。この頃ホームページ更新が日課になっているので、しないで寝ると気持ち悪いのである。夜中に更新されていたら日中は忙しかった証拠である。

つくばでは妻がいないときこうして長女と長男を見ていることがよくあった。時間との勝負とはいえ、誰にも気兼ねせず自分のペースで配分できるのでストレスは少ない。もっとも、長女と長男が大泣きしないので(次女はしょっちゅう大泣きしているが)助けられている部分もある。

まあ、世間のお母さんたちはこれに加えて定時出勤があるわけなので、これぐらいで大変などと言ってはいけない。でも今晩母が帰ってきて、明日妻が帰ってくるので少しずつ楽になりそう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2010年5月20日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長女の家庭訪問」です。

次のブログ記事は「『葬式は、要らない』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー