坐禅

Google日本語入力

コメント(0)

スイスにいる叔母が使っているというので、お盆前にGoogle日本語入力をインストールしてみた。これまでMS-IMEで通してきたが、ここ何年か、学習してくれなくなったように感じていた。でも、ATOKを買うほどでもない。

MS IMEの変換効率悪化は開発が中国にシフトしたのが原因?

2週間ほど使ってみたが非常によい。「洞松寺」を辞書登録せずに一発変換してくれたり、「そでふり」と入れただけで「袖振り合うも多生の縁」が候補に出たり、はしごの「??」がすぐに出たり。MS-IMEがダメだった固有名詞と、フレーズ変換が優れていることで、ストレスがない。

さらに学習能力も高い。「しゅう」と入れただけで「宗門」「宗派」が最初の候補に出る。「ボード」だけで「ボードゲームショップ」、「おの」だけで「小野卓也」。

でも学習する前にマニアックな変換候補(「げっかん」→「月刊真木よう子」なんて、変換したことないが……)が出るが、データはネットから常時拾ったりしているのだろうか。Googleテクノロジー、おそるべし。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2010年8月17日 16:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お盆」です。

次のブログ記事は「人権相談」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー