坐禅

ボリビア料理

コメント(0)

山形大学に留学している南米ボリビア人留学生を招いてのお料理会。アンデス料理ということだった。

パパ・アラワンカイナ(papas a la huancaina)は、じゃがいもをまるごとゆでたものに、ピーナッツをミキサーで砕いて水とスパイスを混ぜたソースをかけたもの。本当は生ピーナッツで作るらしい。ゆでたまごと、レタスをトッピングして。

ヤフア(llajua)は少し辛いトマトソース。何にでもかけて食べる万能ソースであっという間に売り切れていた。

ほかにも洗った生米を乾煎りしてから炊きあげたピラフや、パン粉を加えた野菜スープなど。料理方法が独特で面白い。

ボリビア料理

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2014年5月 4日 13:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「献血」です。

次のブログ記事は「山形の霊鷲山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー