坐禅

お寺の後継者不足

コメント(0)

長井市の6地区です。何の数か分かるだろうか?

1.西根地区 422人  2.伊佐沢地区 464人
3.豊田地区 675人  4.致芳地区 971人
5.中央地区 1942人  6.平野地区 2819人

正解は、
その地区にあるお寺にいる、掛け持ちでないお坊さん1人あたりの地区民人口。この数が少ないほど、お坊さんが地元に行き渡っていて手厚いケアが期待できることを表す。私のお寺がある西根地区は最も手厚い(あるいは田舎である)ことが分かる。

このところ急速に、お坊さんの後継者不足が目立ってきている。大きいお寺なのに後継者を探しても見つからない、副業するくらいならお寺の方をやめる、子どもは後を継がないと思う、そんな話をよく耳にするようになった。「仏教はなくならないが、お寺はなくなる」そんな時代はどんどん近づいてくる。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2014年12月 2日 21:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インド哲学のシンポジウム」です。

次のブログ記事は「クリスマス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー