坐禅

宴のあと

コメント(0)

飲み会続きで調子が上がらず、ずっとお茶で通す。ウコンの力など飲むと、かえって飲み過ぎてしまうという先輩の話に納得する。

以下の話は、四門出遊の後に元気がなくなったシッダールタを王様が心配して宴を開いたのに、それが逆効果だったお話。宴会のときに思い出す。
<hr>
シッダールタはたくさんの妓女たちと遊んだ後、ようやく眠りについた。妓女たちは皆、前後不覚で眠っていた。シッダールタはふと目が覚めて、妓女たちを見ると、お互いに枕のように重なって眠り、服がはだけて人形のようになっている。鼻水を垂らし、涙を流し、涎を垂らしている。楽器は縦横に地面に散らばっており、また宮殿を見ると、お墓のように見えた。シッダールタはこれを見て3回繰り返したという。「ああ、なんと忌々しいことか。ああ、なんと忌々しいことか。」(『五分律』)
菩薩爲諸妓女所娯樂已。便得暫眠。衆妓女輩皆淳惛而寐。菩薩尋覺。觀諸妓直更相荷枕。或露形體如木人状。鼻涕目涙口中流涎。琴瑟箏笛縱横在地。又見宮殿猶如丘墓。菩薩見已三反稱言。禍哉禍哉。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2016年3月17日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バレーボール大会で優勝」です。

次のブログ記事は「菩提行経」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー