坐禅

博士論文の口頭試問

コメント(0)

東京大学で博士論文の口頭試問が終了。2時間半、5人の先生方からガチにご質問とご意見を頂戴しました。結果、無事承認されて博士号を頂けることになりました。取らないと気になるけど、取っても何にもならない足の裏の米粒に喩えられる博士号ですが、それなりに満足感があります。

昔は3日やったらやめられないと言われた大学教授も、今は過労死するほどの忙しさ。お寺の住職になって、非常勤だけで来たから執筆できたのだと思います。出版は教授に勧められていますが、無料ウェブ公開のほうがいいと思っています(東大では5年前から出版しない限り自動公開)。

実は口頭試問の直前まで研究室で〆切が迫ったボードゲーム関係の翻訳作業をしていました。肩の荷がおりたのは事実ですが、ここでゴールとせずに、新しいことにチャレンジしていきたいと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2018年2月 1日 17:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「晋山式のための本堂境内工事」です。

次のブログ記事は「架神 恭介/至道 流星『リアル人生ゲーム完全攻略本』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー