坐禅

他人から与えられた苦しみ

コメント(0)

人権擁護委員の研修でやまがた性暴力被害者サポートセンター(通称べにサポ)の職員さんのお話を伺う。何年、何十年も経ってから相談にいらっしゃる方がいるという話に、想像を絶する苦しみの深さを感じた。

仏教ではこの世の全ては苦しみで、その根本原因は無知や煩悩であると説くが、他人から与えられた苦しみには、その説明が当てはまらないように思う。「忍辱」「許す」という教えも、「そんなことを自分の家族が被害にあってもいえるのか」と言われればぐうの音も出ない。

周囲が寄り添い、時間をかけて苦しみを取り除いていく(抜苦)ことが必要となってくるはずだ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2019年5月26日 19:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「骨髄バンク」です。

次のブログ記事は「正見経の十二支因縁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー