おの: 2009年3月アーカイブ

伴僧

コメント(0)

お葬式のとき、導師を補佐するために呼ばれる僧侶を「伴僧」という。式場の準備から始まって、式中は木魚や鐘を叩いたり、導師にお線香を出したり、法要の案内をしたりする。基本人数は地方によって異なるが、私のお寺の近くでは2名、導師とあわせて3名で執り行うことが多い。

この伴僧が減少傾向にあり、その原因が葬儀屋さんのアドバイスらしいという話が先日の会議で出た。いわく、伴僧を少なくすればお布施が少なくて済むから減らしたほうがいいなどということを、喪家に話すという。そこで仏教会として葬儀屋さんに申し入れをするために、聞き取り調査をすることになった。私自身も気になっていたところだ。

葬儀社に勤める友人に聞いたところ、お布施の金額や伴僧の数について聞かれたらそういうことは牌寺に相談するように伝えるという。ところが、このところそういう相談がとみに増えているそうだ。昔と比べて親戚も近所もお寺も疎遠になり、ざっくばらんに話できないところで、葬儀屋さんはそういうことを聞くのに「ちょうどいい距離感」になっているという。確かにその通りで、普段から檀家さんとコミュニケーションを取っていないお寺にも責任はある。

牌寺に相談するようにとは言っても、「2人でいいでしょうか?」と聞かれて「いいんじゃないでしょうか」と答えることはある。それがニュアンスとして誤って伝わることがあるかもしれないと友人は心配していた。唯一の情報源が葬儀屋さんという状態では、仕方のない面もあるだろう。

そもそも、伴僧の減少傾向は葬儀屋さんのせいではないという声も少なくない。葬儀屋さんはどちらかというと葬儀を大きくしたいほうだから、アドバイスするならば伴僧を増やすように言うはずだ。むしろこれは大都市でのやり方が田舎まで及んできているという見方のほうが可能性が高そうだ。大都市では伴僧をつけないのが一般的で、1人でもいれば一体どれだけ由緒ある家なのかと訝しがられるほど。ホール葬しかり、伴僧の数しかり、都会のやり方は自然と地方に広がっていくものである。

地元には伴僧なしに葬儀はしないという頑なな和尚さんもいるが、伴僧なしでもいくつか省略することで物理的には葬儀はできる。実際、経済状態の苦しい方に頼まれれば、私は伴僧なしで葬儀を執り行っている。伴僧にはお布施の額がはっきり決まっているが、牌寺だけならお布施の額をとやかく言う必要がないからだ。

しかし、伴僧は導師が楽するためのお手伝いというわけではない。これについて近くの和尚さんに伺ったところ、「大衆威神力(だいしゅいじんりき)」というお言葉を賜った。僧侶はひとりひとり鋭い法力をもっているが、たくさんの法力を結集することによって更に法力が増し、一人では成し遂げられないことも成し遂げられるという禅語である。つまり縁の力である。この力をもって回向し、故人の成仏を祈る。

「人々皆道を得る事は衆縁による。人々自ら利なれども道を行ずる事は衆力を以てするが故に。」(学道の人がみな道を得ることは、同学同参のみんなの縁によるのである。人はめいめい自らするどい心のはたらきがあるのであるが、仏道を行ずることは同学同参のみんなの力によるものであるから。)(『正法眼蔵随聞記』5-4)

またお互いの寺院が伴僧を呼び合うことで、寺院が集合体として存続していくことができる。大きいお寺から小さいお寺へ、葬儀の多いお寺から少ないお寺へ金銭が分配されることで、どの寺院も安定し結束できる。伴僧が少なくなれば、生き残る寺とつぶれるお寺に分かれ、日常の大衆威神力が得られないだろう。

このような教義的な背景も含めて、葬儀屋さんに申し入れをし、これを機会にお互い協力的な関係が築けるよう、率直な意見を言い合えるようにしていきたい。

お寺の苦情

コメント(0)

お寺のホームページに掲載している「お布施の金額設定」、「もうひとつの戒名問題」を検索してくるのか、ときどき近くのお坊さんの苦情が寄せられる。このたびは北海道から。

メールによると、親族が亡くなって施主を務めたとき、住職から30万円以上の戒名が当然と勧められ、経済的余裕がないというと、25万の戒名で月賦払いを勧められ、何とかねばって15万にしてもらったところ、怒った顔で「葬儀のお布施はきちんと20万もらいますからね」と言われたという。そのほかに49日の本堂使用料も請求されている。過疎が進む地方で寺院の維持が大変なのもよく分かるけれども、経済状態を無視した額を露骨に要求して、どこに慈悲があるのかと。そして、ご本人は、戒名なしで俗名で葬儀をしてほしいそうである。

地元にもお布施の金額をはっきり言う和尚さんがいるが、金額を言うかどうかよりも、信頼関係が築かれているかが大切だ。信頼関係があれば、納得してその金額を出せるだろうし、そうでなければ、金額を言わないこと自体に不満を覚えるかもしれない(ちなみにインド滞在時は"as you like"(お好きな金額でどうぞ)ほど高いものはなかった)。

南直哉氏は著書で僧侶の友人を作ることを勧め、ただしお金の話が先に来ない人という。寺院経営としては一定の額が必要なのも事実であるが、私もできる限りそういう友人となりたい。

これに対して先ほどお送りした返事が以下。この言葉は、相手の心にどれくらい響くだろうか。

-----
メール拝見しました。返事が遅くなったことをお詫び申し上げます。また、このたびは、ご逝去にお悔やみ申し上げます。

お布施や寺使用料の設定は、同じ地方でもそれぞれのお寺に任されておりますので、金額の高低を申し上げることはできないのですが、お布施の本来の趣旨からすると、そちらのご住職の仰ることは確かに逸脱しているように見受けられます。

本来であれば、金額以前に、お布施がどういう性格のものかをしっかり説明して納得して頂き、相互に努力して信頼できる関係を作りながら頂戴しなければいけないはずですが、先に金額の話が来てしまうと、その信頼形成を難しくしてしまいますね。

ひとまず金額の話には一切触れずに、ご住職と仏の教えについてじっくり話し合う機会をもたれてみてはいかがでしょうか。私のお寺では戒名料は一切頂かず、お布施の金額も直接申し上げてはおりませんが、なじみのない親族などが「できるだけ安く」みたいな話をしてくると、抵抗感を抱かざるを得ません。

それから俗名のままお葬式をしてほしいという方は年々増えているようです。ところが仏式の葬儀は仏教徒専用に作られているので、「戒名がなければ葬儀はできない」ということになるのだと思います。

ただこれには双方に勘違いがありまして、戒名は修行を積んだ僧に与えられるものではなく、在家信者として仏の教えに則って(後生から菩提に至るまで)生きていこうとする人に与えられるものです。出口ではなくて入口で授かるものです。

一方、授ける私たち僧侶にとっては、戒名は利権ではなく、志す人全てに無条件で与えられるものでなければならないと思います。また、戒名を授けるには、自分自身が仏の教えに則った生活をしていなければなりません。死者を金づるのようにしか見ていない僧侶には、葬儀を執り行う資格はないのです。

以上、浅学の私見を述べさせていただきました。ご参考になりましたら幸いです。また疑問点がありましたら、できる限りお答えしますので遠慮なくお聞きください。

2つの卒園式

コメント(0)

一昨日はつくばの保育所の卒所式、今日は山形(西根)の児童センターの卒園式で、長女とともに両方に参加してきた。

生後3ヶ月から保育所に預けられた長女にとって、つくばの保育所は7年近い歳月を過ごした場所。2月いっぱいで引越しのため退所したが、所長先生にお願いして特別に卒所式だけ参加させてもらった。

一方、長女は子育てのワークシェアリングのために私と一緒に山形にも頻繁に来ており、そのたびに臨時で児童センターにお世話になった。3月からはレギュラーになって卒園式に出ることに。

どちらの卒園式も、式場のレイアウトから次第、ついでに園児の正装まで変わらないのに驚いたが、それゆえに若干の違いが面白い。

まず親の座り位置は、つくばでは子供の真向かいにすることで絶好のカメラチャンスを提供。山形では卒園児をステージ上に上げて親は遠めに座る。つくばでは1児童ごとに縦並びで2席用意されていたが、山形では母親席(母親がいなければ祖母)と父親席が分かれていた。山形のほうが保守的な感じがする。

卒園児はひとりひとり園長先生から証書をもらい、少し離れて待っている親のところにもってくる。そのときに担任の先生が子供の得意なことなどを話すところは同じだが、つくばでは証書を高く掲げながら親のところまでもってくるが、山形では途中に用意されたマイクで「これまで楽しかったこと、小学校で頑張りたいこと」を短くスピーチしてから親のところに行く。

ちなみに長女はどちらでも「お絵かきが得意」と紹介されていた。内向的である。卒園式の練習は山形のほうが長かったので、つくばでも証書を高く掲げずに持ってきた。このほうが恥ずかしくない。

一番の違いは、つくばは近所の同じ小学校に上がる児童が半分なのに対して、山形は100%同じ小学校にいくことだろう。ついでにいうと中学校もほとんど同じで、これから長い付き合いになる。いや、これからどころか、親同士・祖父母同士(さらにその前からも)も幼なじみだったりするので、これまでと同様にこれからもという感じだ。田舎であることだなあ。

そもそも、つくばの保育所は親が共働きかつ祖父母が同居していないなど、いわゆる「保育に欠ける児童」しか入れないところであるのに対し、山形の児童センターはどんな家庭環境であれ全員入れる(そして入らないという選択はまずない)ので性格が異なる。卒園式が終わってから、つくばの保育所ではそのまま子供を預けて午後から仕事に行くという親が多かったのに対し、山形の児童センターは全員親とお帰りで春休みである。

つくばのように保育に欠ける家庭は、中央地区にある保育園にいかなくてはならない。それでもこれだけ多くの家庭が児童センターに子供を預けられるのは、山形のほうが働き方がゆるやかで、祖父母の援助が多いからなのだろうか。

サラリーマンの月平均給与は山形が298,700円、茨城は430,100円だという。でもお金で買えない貴重な時間が、山形にはまだ流れているのではないかと思いながら帰った帰り道だった。

ことわざを通してお釈迦様、諸天や諸菩薩、高僧、地獄と極楽、先祖の教えと民俗を紹介する。前書きで筆者が書いている通り、仏教ことわざから仏教のもろもろを少しずつ学んでいくという構成で、庶民の視点から見た仏教概論となっているのは面白い。

知らないことわざがたくさんあって勉強になった。
「悟ろうと思うも迷い」仏道実践に励もうという思いの中に、すでに迷いと執着がひそんでいること。功徳を期待してはいけない。「信心過ぎて極楽を通り越す」とも。
「内閻魔の外恵比寿」外面ばかりよいのはよくない。
「後ろ弁天、前般若」後ろ姿はすばらしいが、前から見た顔は・・・。
「地獄の釜の蓋が開く」死ぬ人が増えるという話ではなく、獄卒が仕事を休み、餓鬼が帰ってくる待ち遠しいお休みということ。
「地獄極楽は心にあり」極楽や地獄は死後にいく世界ではない。心の持ち方、日々の暮らし方一つで、この世の中が変わる。
「阿弥陀の光も銭次第」金銭の大いなる威力をひやかした言い回し。
「乞食しても褄外れ」貧しくとも身だしなみ正しく、立ち居振る舞いがしっかりしている様子。
「衣ばかりで和尚はできぬ」うわべや見せかけだけでなく内実を伴わなければならないこと。耳に痛い。
「坊主の朝寝」「似合わぬ僧の腕立て」不似合いなことのたとえだが、皮肉かも。
「布施ない経には袈裟落とす」報酬が少ないと仕事に熱が入らないなどというのは、僧侶としてあってはならないこと。
「医者、坊主物識りで物識らず」学問があるばかりに常識に欠ける人が多い。
「隠居釣り鐘近本寺長大門に先住の弟子」住職にとってやっかいなもの。毎日のように訪ねてくるご隠居さん、朝晩つかなければならない釣り鐘、うるさい本寺、手入れが大変な参道、目の上の瘤になる先代の弟子。笑う。
「一富士二鷹三茄子四葬式五雪隠」四と五は知らなかった。

NHKの中でもインドの取材は人気がないという。3回に1回は届かないFAX、平気で3時間遅刻したり失踪までしてしまう取材相手、すぐ賃上げを要求してくる現地スタッフ、論理的で山のような言い訳・・・そんな衝撃ならぬ障壁だらけのインドが、どうして世界で躍進しているのかを、貧困層向けの超薄利多売ビジネス、インド製薬会社の日本進出、印僑のネットワークという3つのテーマを通して追う。

貧困層向けのビジネスでは、学校を通して宣伝活動をする。村一番の識者は子供だからである。子供に製品名まで復唱させるその方法があからさまで笑えた。

45gで4ルピー(10円)のラーメンを1億食売って数パイサの利益を重ねるインド日清。衛星アンテナのインターネット回線で電子集会所を設置して情報を提供し、農家の収入を上げ購買力を高めるITC。未開拓だった消費者の規模が日本と比べものにならない。

インドの製薬企業の躍進は、ジェネリック薬品で成り立っている。作り方さえ異なればコピーOKという特許法があるからだ。そこで製法の研究が進み、現代の躍進の元になっている。研究の現場で行われるすさまじい議論が紹介されているが、「思いついたら発言、というよりも話しながら次々とアイディアが出てくる、といった感じ」というのは様子がありありと想像できた。

こうした議論や説得の技術は学校から鍛えられている(しかも英語で)。みんなが反対でも平気で持論を述べられる強さ。先生が指導するポイントは「自信をもって話すこと」だけ。「日本だと、これはいじめだと言われかねない光景だね」という日本プロデューサーのコメントが印象に残った。

印僑のネットワークで驚くのは、TiE(インドの起業家連)が、メンタリング(コンサルタント)をする側の会費で成り立っていることだ。起業家の卵たちは、各種セミナーにほとんど無料で参加できる。そこにあるのは欧米で苦労して成功してきた自負と、「弟子がやがては師匠に」という伝統(グル・シシュヤ・パランパラー)だろう。

そして今、賃金の上昇に従ってインド人が故郷に帰りつつある。ラーマ王子の帰還を思い出させる。流出する頭脳に、アメリカのライス長官が1億円でインドの優秀な学生をアメリカの大学に留学させる支援まで始めたというのだから驚く。

全体を読んで思ったのは、大言壮語も悪いことばかりではないなということ。インド人は自分の実力以上にできることをPRして、実現すればしめたもの、うまくいかなければいくらでも論理的な言い訳をする。日本人が美徳としてきた謙譲とは正反対の態度だ。しかし謙譲も過ぎれば、自分の実力までなくなってしまう。インド人を見習って、ときには背伸びするのもいいかもしれない。

WBC

コメント(0)

ニュースでWBCを取り上げていたが、テレビ中継を見ている人を映すシーンを取り上げるのはどうも好きになれない。あれは日本国民の期待を一身に背負って悲壮感をもって戦っていますという演出なのだろうか。

中継もちょっと見たが、アナウンサーの煽りに耐えられず、すぐやめてしまった。ハイテンションとポジティブ思考で視聴者を戦争という図式に巻き込む無神経さ。苦労を乗り越えてここまでやってきたとかいう余計なエピソード。いくら敗色が濃くなっても最後まで勝利を疑わないような大本営発表。こんな中継を聞く限り、娯楽として戦況を楽しんだり、ナイスプレイに拍手を送ったりする見方は許されていない。

テレビの前で応援している人がインタビューに答えたりしているが、マスメディアが煽る物語の1コマになっているだけで、ゲームには本質的に関係がない。視聴者がいなければプロスポーツは成り立たないが、応援がなくても選手は自分のためにベストを尽くすのみである。「侍ジャパン」って、殿様でもいるのか?

この抵抗感は、プチ愛国主義を受け付けない左翼的な発想か、それとも勝敗そのものを是としない平等主義的な発想か、あるいはウェットな連帯を嫌う個人主義的な発想なのだろうか。

ポメラ

コメント(0)

テキスト入力ツールの「ポメラ」を購入した。

コンパクトながら折り畳み式のキーボードは十分なサイズで打ちやすく、ATOKもMS-IMEも入っていて変換のストレスもない。画面は小さいが液晶は見やすく、文字の大きさも調節できる。テキストファイルとして本体かマイクロSDに保存でき、USBでPCに移すこともできる。すぐ起動でき、長持ちするので会議中や新幹線の道中、子育ての合間などに重宝しそう。

そういう便利なものがあるというのを妻から聞いて、山形市内の電機店を軒並み回ったがどこでも取り扱っていない。製造元がキングジムという文房具メーカーなので、書店やOAショップを中心に置いてあるようだ。結局、アマゾンで購入した。

携帯端末と違ってネットにつながっていないのは調べものをするとき不便だが、メールのチェックなどに時間をとられないで書くのに専念できるだろう。日記、ゲーム会のレポート、論文の下書きなど、いろいろ使ってみたい。

長男の遊び

コメント(0)

生後3ヶ月からつくばの保育所に預けられた長男が、ずっと家にいるのはヒマそうだ。

2月でつくばの保育所を退所して、4月からこちらの保育園の入園を待っている長男が、毎日ずっと家にいるのは3年ぶり。おまけにお母さんを赤ちゃんに取られて、赤ちゃん返り気味になっている。

朝は赤ちゃんと一緒にぐずっている。姉が保育所に行くと、一緒に遊んでくれるのは親だけ。あとはテレビやDVDを見たり、おやつを食べたりして1日を過ごす。夜も母に背を向けられて、所在なさげである。

長男が好きな遊びはプラレールとミニカー、そしてウルトラマン。それをコラボレーションした写真がこれ。クリスマスプレゼントにもらった「トミカとプラレールの街セット」にウルトラマンのフィギュアを組み合わせて遊ぶ。ミニカーは父のお下がりだ。

このほかにボードゲームにも興味をもち始めているが、まだ小さいので、箱から出して並べて散らかして終了。紛失が怖いので、ボードゲーム部屋はアクセス禁止になっている。

まだ外は寒いので力を持て余すと、掛け声をかけながら長い棒を振り回す。つくばでは掃除機のノズルだったが、こちらでは先日会津から買ってきた白虎隊の木刀になった。幸い今のところ、障子紙は破られていない。

車に乗ればすぐ寝るが、家ではお昼寝をしなくなってしまった。それでもぐずることなく、1日中元気に遊びまわっている長男。こんな生活もあと半月である。

書斎が完成

コメント(0)

昨日は書籍を整理してようやく書斎が出来上がった。つくばから送ったダンボールは53箱、本棚6つではもう足りない。

我が家は祖父の代から本買いで、3つの部屋に分けてある。1階は法要の虎の巻や現代仏教関係、このたび整理した2階は哲学関係、そして小屋の2階には祖父の美術書や歴史書がある。

今回の書斎では、まずインド本と和書を分けた。インド本はバラモン教、仏教、ジャイナ教、文法学に分け、バラモン教はさらに六派哲学別に分ける。和書はインド関連、哲学関連、辞書、雑誌、新書、文庫と分けた。このほかにボードゲーム関連の書籍も少なからずある。サイズが揃っているのでボードゲームより整理は楽だ。

それからマンガとCDも少なくない。吉田戦車、中川いさみ、須賀原洋行、まことちゃん、ギャグマンガ日和、神聖モテモテ王国、天体戦士サンレッド……ってギャグマンガばかりだな。CDは学生時代にはまっていたドビュッシーとプーランクがものすごくある。

こうしてみると、所有する本とCDは自身のアイデンティティーにほかならない。これまでの変遷も見て取ることができる。今は、仮面ライダーとかボードゲームとかで子供返りしているのは、子供がいるのとは関係なさそうだ。

御詠歌の研修

コメント(0)

今日は町田で御詠歌の研修。先週も会津若松で地元の御詠歌仲間の新年会だったし、子供たちを妻に託して家を出るのはやましい気持ちもないわけではないが、すこし羽根を伸ばさせて頂く。

この研修は、梅花流師範養成所という御詠歌の虎の穴みたいなところの同期会である。当時の主任講師だった北海道の先生をお招きし、北は岩手から、西は広島まで12名が集まった。卒業して10年、それぞれに地元の先生についたり、全国の講習会に参加したりして研鑽を積んできた様子で、みんなでお唱えしているとお釈迦様の大きな懐に抱かれたかのようで心底心地よい。

このたび、同期の中で3人が特派師範に任命され、そのお祝いも兼ねていた。特派師範とは、全国を御詠歌を教えて回るお役目。お唱えにも日常の立居振舞にも高い水準を求められ、かつ5時間にわたる講習が1週間も続くため体力も必要となる。近年、二日酔いで講習したり、教場にジャージで現れたりするなどの問題があって、厳しい目が注がれている中での任命である。仲間が任命されるというのは私にとっても光栄で、心からエールを送りたい。

この日記は、ホテルのLANにつなげてノートパソコンで書いている。これから懇親会スタート。二次会もあるみたい。先週の新年会は『ウーロン茶じゃだめですか』(東京プリン)『NIPPONのサザエさん』(嘉門達夫)『石焼きイモ』(ブリーフアンドトランクス)で会場をすっかり引かせてしまったので、このたびは反省を生かして……何で行こうか?

次女がまだ入院しているので、1日おきに山形まで冷凍母乳を届けに行っている。昨日の帰りは、西バイパス沿いのインド料理店「スパイス・マジック」に行ってきた。

もう概観からインド国旗の色をあしらった派手な店構え。中に入るとサリーを着たマネキンがお出迎えで、気温が10度くらい上がったような感じになる。ランチはチキン、ベジ、キーマの三択。タンドーリチキンとシクカバブもある。おいしかった。夜は私の好きなパラク・パニールもあるようだ。

店員はみんなインド人。ヒンディー語を話す機会を伺っていたが、妻が「チャイ・ガラム」と言ったのに店員が反応したところで話し始めた。そのうちオーナル(owner、社長)も帰ってきた。みんなナイーディッリー(ニューデリー)の出身で、田舎が好きで山形にはインド料理店がないから始めたという。

オーナルと一緒に来た人が何と長井で中古車販売をやっているというパキスタン人。家は館町の雇用促進住宅、子供はうちと同じ構成で3人。長女は小1で長井小学校に通っているという。今度チャイを飲みに来てよと誘われた。

つくばにいたときに長女と同じ保育園でパキスタン人の中古車商の方がいた。その方の家探しを手伝ったときにも思ったが、ヒンディー語がウルドゥー語として普通に通じるということ。これから楽しくなりそうだ。

帰宅してスパイスマジックのホームページを見たら派手で笑った。プリーティ・ズィンターがお出迎え。
http://www.spice-magic.com/

このアーカイブについて

このページには、おの2009年3月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはおの: 2009年2月です。

次のアーカイブはおの: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー