おの: 2014年4月アーカイブ

線香や焼香で発ガン物質が発生する研究。お香の値段は関係ないどころか、高いほうがかえって危なさそうだ。使用は短時間に行い、すぐに換気することが勧められている。

葬祭ホールで焼香の後すぐ、換気扇のスイッチをつけるのは仏様に失礼だとかいう話もあったが、僧侶及び会葬者の「受動喫煙」の観点から見ると、あながち間違いではなかった模様だ。

線香、お香及び蚊取り線香の 煙中ベンゼン濃度

先住忌

コメント(0)

祖父である先代住職の17回忌と、昨年亡くなった祖母の1周忌法要が、19日16時から洞松寺本堂で行われた。

お寺の法事は、檀家さんの法事より準備が多い。導師を務めて下さる和尚さんへのお伺い(「拝請」)、参列して下さる近隣の和尚さんへのお伺い(「披露」)、次第と役割の確認、本堂の準備、卒塔婆書き、控室の準備、お布施・・・一周忌から数えて4年ぶり5回目になるわけだが、前回の反省を書き留めておき、それを見ながら準備を進めた。

とはいえ、1週間前から本山でのお勤め、前々日は奉詠大会、前日は人権擁護委員の支部総会と行事続きで、準備は後回し。それでも何とか間に合ったのは、境内を見まわってくれた役員さん、着々と準備を進めてきた母、お手伝いの嘉藤さん、前日に帰国した叔母、妻、長女といった女性陣のおかげである。私はほとんど、法要の準備に集中できた。

今回の法要のため、物置を改造して新しく和室をひとつ作り、導師の和尚様の控室にした。これまでの庫裏の控室だけでは狭かったためである。和室までの廊下も作ったら、本堂が広く使えるようになった。

また、卒塔婆は8尺のものを大工さんに注文。いつも使っている3尺と同じ縦横比で頼んだら、びっくりするほど大きなものが出来上がってきた。倒れてきたら怪我をしそうなくらいである。長男の太筆を借りて書く。

前日に、導師をお勤め頂くご本寺様から大きな花が届く。これを置いたら内陣から大間への通行ができなくなったので、柱巻きを全部取ってみた。私が住職になってから、柱巻きを取るのは2回目である。すると露柱の聯板が現れ、禅寺らしい落ち着きのある感じになった。

法要は導師が交替して二座。それぞれのお役目の和尚さんたちによって厳粛かつ荘厳な法要となった。「リハーサルなしで、これほど一糸乱れぬ動きができるのはすごい」というのが親戚たちの感想。こちらはただ見ているわけではなく、一緒にお拝をしたり行道に入ったり、焼香したりするのでいつものことながら無我夢中である。

法要が終わってから、中央会館に場所移動して食事。夕方ということもあって、和尚様方にも割合ゆっくりして頂けたと思う。寺役員さんに至ってはみなさん上機嫌で、普段のご労苦を幾分か癒やされたならば幸いである。

今回通して、祖父や祖母への感慨がほとんど湧かなかったのは、時間が経ったせいか、まだ自分のことで精一杯だからか。去る者は日々に疎しにならないよう、こういった機会に生前のことを振り返りたい。

先住忌

奉詠大会

コメント(0)

本山の授戒会の法要がお昼で終わって、寮の片付けをした後、すぐに新幹線に飛び乗る(ラーメンは食べれた)。翌日に行われるご詠歌の奉詠大会の会場設営があったためである。高畠駅で降りて、駅の中にある温泉に入り、早めの夕食(カレーライス)を食べて会場入り。

ステージに祭壇を作り、毛氈を敷いて、看板を設置するという作業だが、みなさん慣れたもので、1時間程度で終わった。おかげで1週間ぶりに帰宅して子供たちの歯みがきの仕上げもできた。4時起きだったので子供たちと一緒に就寝。

さてご詠歌の奉詠大会では、「曲解説」のお役が当たっていた。打ち合わせもしていたし、本山滞在中に構想を練っていたが原稿を書く時間までは取れず。そこで当日の朝、必死で原稿書きである。こうして出来上がった箇条書きの原稿が以下。

曲解説は、次の講が緞帳の裏で整列して法具を解く間に行う。司会の方の盛り上げ、舞台係の方の細かな指示により、スムーズに進行できたと思う。

大会が終わって後片付けと打ち上げ。翌日は人権擁護委員会の支部総会があり、事業報告や会計報告を全く手に付けていなかったので打ち上げは一次会で退席した。それでも帰宅して書類の作成が終えたころには、午前2時を過ぎていた。

1.正法御和讃
「はなのあしたにかたほえみ」
インドの霊鷲山上で釈尊が黙って華を拈ったところ、大衆はその意味を理解することができなかった
ただ一人、迦葉尊者というお弟子さんだけがその意味を理解して破顔微笑したため、迦葉に禅の法門を伝えたという
一瞬で伝わったわけではない、お釈迦様と長い間一緒に過ごし、説法をたくさん聴いていた
みなさん、梅花を続けて何年?
梅花でお寺に長い間通っている方にしか分からない仏教のありがたさ、仏教に触れられるよろこびを、この奉詠大会で分かちあいましょう

2.まごころに生きる
「幼い頃に抱かれたぬくもり今も忘れない」
私の好きな歌詞で、お唱えしていて涙が出そうになる
みなさん、誰しも幼いころがありました 振り返ってみてください
子どもだったみなさんを抱っこしたり、おんぶしたりしてくれた方々
多くはもうお亡くなりかもしれませんが、野山に咲く花を見て、私達は
その方々を思い出し、感謝の気持ちをそっと捧げるのです

3.報恩供養御和讃
「掌をば合わせて今日の日の一日をともに安らわん」」
道元禅師「一日でも誠実に生きれば、一生の生涯だけでなく、来世の一生も救われるのです」
みなさん、昨日は1日何をなさっていましたか?
ご先祖様・ご家族・近所や職場の方々のことを思って、誠実に生きることができましたか?
1日ぼーっとテレビを見て過ごしていませんでしたか?
誠実に生きるということは、周囲の人と手を取り合って、支えあいながら穏やかに生きていくということ
今日は、そのことをお互いに確認いたしましょう

4.浄光、聖号
妙法蓮華経観世音菩薩普門品というお経 観音様の功徳を説いたお経です
お経では、燃え盛る火に囲まれたとき、船が沈みそうになったとき、
高い崖から突き落とされたとき、悪い王様につかまって首を切られそうになったとき
観音様を心で念じれば助かるといいます
今の世の中ではめったにないが、未曾有の危機や不条理な出来事は起こらないとは限らない
大地震、土砂崩れ、戦争・・・そんなときの備えに、普段から観音様を信仰していると
何があっても、うろたえずにいられるでしょう
南無大悲観世音

5.地蔵菩薩御和讃
「代受のちかい深ければ」
お地蔵様の功徳として、獄苦代受(दुःखोद्वाहन)というものが説かれています
地獄の苦しみを、お地蔵様が肩代わりしてくれるというものです
みなさん、この頃悩んでいること、苦しんでいることは何でしょうか
ご家族や近所・職場の方々も、さまざまな悩みや苦しみを抱えて生きています
お地蔵様のように100%肩代わりすることはできなくても、その悩みを聞いてあげるだけでも
半分くらいは軽くなるものです
私の親しい人たちの、悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人たちも、私を嫌っている人たちも、悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの、悩み苦しみがなくなりますように

6.無常御和讃
昨年暮れ、知り合いの若い方が亡くなりました。
そのお父さんの胸中を想像すると、泣けてくるものがありました。
死は突然、私たちの大事な人を奪い去っていきます
残されたものは、ただ呆然とするしかありません。
色は匂えど散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ
有為の奥山今日越えて 浅き夢見じ酔いもせず

7.花供養御詠歌
「天つ空にも花供う」
4月8日は花祭でした
お釈迦様が生まれたルンビニー園は、花という花が咲きそろい、さらに神々によって天上の花も飾られていたといいます
お花で供養するのは、仏の祝福・讃嘆
また、花の香りによって悪い鬼神などを退却させるという意味
トゲや毒のある花は、仏壇に供えていけない花があるといわれますが、
そんなことはないと思います。大事なのは、お供えする人の気持ちです。
生前好きだったから、この花をお供えすれば、亡くなった方はきっと喜んでくれるだろう、
そう思うものをお供えしていれば、世間が何と言おうと気にすることはないのです。
みなさん、仏壇にはきれいなお花をお供えして、お参りをいたしましょう。

8.修証義御和讃
昨日まで大本山總持寺で「報恩大授戒会」という大きな行事があり、1週間總持寺で寝泊まりして参りました。
朝4時に起きて、夜10時に寝るまで、たくさんの法要が行われ、1日中お経とご詠歌をお唱えします。まさに「夜もすがら ひねもす」です。
広さが千畳もある大祖堂で、100人以上の和尚さんが声を揃えてお経を読むのは圧巻ですが、
その中でずっとお経を読んでいると、自分と他人の境界がなくなって、1つの大きな生き物になった
ような気持ちになってきます。
みなさん、ご詠歌をお唱えしていて、仲間との一体感を感じることはないでしょうか。
顔も名前も違うのに、お唱えしているとひとつになれます
いろいろな川から水が集まって、ひとつの海になるように
お聴きのみなさんも、心のなかで一緒にお唱えして、ひとつの海になりましょう

9.正法御和讃
修証義の中に、道元禅師の言葉があります
人としてこの世に生まれることは得がたく、ましてや仏教にめぐりあうことも滅多にありません。私たちは何かの奇跡で人として生まれてきたばかりでなく、滅多にめぐりあえない仏教にもめぐりあえました。かけがえのない今の人生こそ、最高の生涯にちがいありません。その人生を無駄にして、露のようにはかない命を、諸行無常の風の吹くに任せて終わらせてはいけません。
この世に生まれた喜びと、真実の人の道を生きることのできる喜び、そしていのちがきらめくことのできる喜び
「世々に伝うる道はしもよそに類はあらず」
そんな喜びを分かち合って、お唱えいたします

本山授戒会

コメント(0)

4月10日から7日間にわたって行われた大本山總持寺そうじじ(横浜・鶴見)の報恩大授戒会じゅかいえに、詠讃師えいさんしとして参加してきた。

授戒会

報恩大授戒会とは、修行僧と一般の信者さんが、禅師様から戒律を受け、その証として御血脈おけちみゃくを授かる行事で、本山では毎年この時期に行われている。期間中は毎日朝から夜遅くまで法要や説教が行われ、たくさんの僧侶が全国から参加する。

御血脈というと、お葬式の日に授かるものだと思っている方が多いかもしれないが、本来は生きているうちに授かるものである。仏教徒として、自分を律して生きていくための拠り所にするのである。

全国から参加する僧侶はそれぞれ係割があり、「寮」と呼ばれる部屋に配属される。詠讃師寮は法要中に御詠歌をお唱えする係である。そこに縁があって声をかけて頂き、参加することになった。

1日の生活は、2時間ほど法要に参加して、2時間ほど休むという繰り返しである。朝は3時50分に振鈴で起床。4時50分から朝のお勤めが始まる。7時頃に終わって朝食と休憩。次は9時30分頃からお昼の法要である。終わったら昼食と休憩。午後は14時頃から法要があり、終わって夕食。夜は19時頃から法要で、終わったらお風呂に入って22時頃寝る。

詠讃師の仕事は、法要の開始時と終了時、導師がお供え物をしている時に御詠歌をお唱えすることである。開始時と終了時は皆で、お供え物をしているときは1人でお唱えする。

ただお唱えしているばかりではない。導師の入堂と御詠歌のタイミングが合うように、導師の送迎係にタイミングを伝えたり、導師の準備が整ったことを詠讃師に伝えたりする合図係もあった。千畳敷の本堂で、たくさんの僧侶が集まっている中、法要を妨げないように御詠歌を入れるのは神経を使う。それでも何とか務めることができたのは、先輩の詠讃師が、懇切丁寧に仕事を教えて下さったおかげである。

詠讃師寮は12名が登録されており、特派で全国の講習会を巡回している先生方もいらっしゃった。どこかでお習いしたことがあるか、一緒に勉強した関係で存じ上げている方が半分以上。年齢も居住地もさまざまだが、初対面の方も含めてみなさん気さくで、リラックスして毎日を送ることができた。また、お唱えのアドバイスだけでなく、作法面の注意点や、梅花流の最新情報までいろいろと教えて頂いて勉強になった。

法要にも最初から最後まで参加する。行道では法華経の普門品ふもんぼん寿量品じゅりょうほん参同契さんどうかい宝鏡三昧ほうきょうざんまいを読む。普門品と寿量品は偈だけでなく全部読むので、お経本が配られる。どちらも滅多に読まないものなので、この機会に集中して読むことができたのもありがたいことだった。普門品は分かりやすいが、寿量品は難解なのでもっと勉強しておきたい。

7日間は長いなと思っていたが、1日のリズムに次第に順応してきて、気がつけばあっという間である。肌寒い日が多かったが体調も良好で過ごすことができた。お世話になった詠讃師寮の方々、留守中に子供たちの世話をしてくれた母に感謝したい。

お寺に帰ってくると、1週間分の仕事がどっさり。早速ほうぼうに電話をしたり、郵便局や銀行に行ったり、書類を作ったりしなければならない。本山にいたほうが心穏やかな日々だったと振り返って思う。

今更だけど

コメント(0)

「やられたらやり返す、恩返しだ!」 掲示の書評判に:ホッとニュース - 47NEWS(よんななニュース)

松江のお寺さんが昨年の暮れ、掲示板に掲載したとのこと。墨書されていると妙に迫力がある。子供たちまで倍返し、倍返しといっていたので、笑いと同時にほっとした。

世間感覚とのズレ

コメント(0)

曹洞宗東北管区教化センター広報(62号)に、葬儀についての座談会が収録されていて、次のような言葉が印象に残った。

近年、僧侶の兼職率が減り、社会の経済価値観とかけ離れた僧が少なくない。特に若い僧侶に顕著である。檀信徒の葬儀が地味になる傾向に対し、山門法要は派手になってきている。地味な檀信徒法要を「よろしくない」ときめつけるのは、僧侶側の感覚がズレているのではないかと思える。(深瀬俊路師)

この視点は決してなくしてはならないものだと思う。そのお布施の額だけ働くのがいかにたいへんなことか、それだけのお布施を受けるに値する人間なのか、頂いたお布施を社会にきちんと還元しているか。ややもすると鈍感になってしまう部分である。

不偸盗戒・与えられざるものを手にすることなかれ。お布施を下さる方の思いをしっかり受け止めなければ、偸盗(お布施どろぼう)と言われても仕方ないだろう。

世間感覚が麻痺しないように、「この金額、どう思う?」とときどき妻に訊ねたりしている。吝嗇はいけないが、出すところ、締めるところのメリハリをしっかりとするように心がけたい。

このアーカイブについて

このページには、おの2014年4月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはおの: 2014年3月です。

次のアーカイブはおの: 2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー