おの: 2014年5月アーカイブ

刈払い機を購入

コメント(0)

刈払い機をついに購入した。

毎年行われている河川の草刈りは手鎌でお茶を濁し、広い境内は檀家さん任せ。しかしこのたび、PTAの早朝作業、河川の草刈りに加えて、長男が家の前で帽子を飛ばしてなくしてしまい、草むらから探し出すことに。

お店に見に行ったら、ナイロン糸式のが危なくなくてよさそうだったのでそれに決定。20000円くらい。

そして早速草刈りをしてみると・・・細かい草が激しく飛び散る。長男の帽子は無事見つかったが、作務衣にこびりついて選択が大変だったので、結局金属歯に戻した。

経験者によれば、細かい草を払うならナイロン、大きい草を倒すなら金属だそうである。そして田舎は大きい草ばかりだということを痛感した。結局、草刈りは檀家さん任せが続いている。

観光ポスター

コメント(0)

長井市の観光ポスターにうちのお寺が掲載された。晩秋、銀杏の葉が落ちたところに、屋根にうっすら雪が積もった風景かと思ったら、雪に見えるところも銀杏の葉で、写真を加工して白黒にしたとのこと(ついでに奥の物置もきれいに切り取られていた)。とても印象的なポスターである。

市内各所に掲示されているので、探してみてください。

ポスター

リナワールド

コメント(0)

保育園の親子遠足で次女と遊園地リナワールドに行ってきた。次女はママと行きたかったようだが、平日なので無理。

幼少の頃から回転系の乗り物が苦手で、今日もメリーゴーランドで限界に達しギブアップ(目をつぶって乗っていた)。コーヒーカップなど、見ただけで気持ち悪くなる。それ以降は、回転系に次女が乗りたがるたび「あれはオエップ乗り物だから、一人で乗ってね」と言い聞かせて諦めさせることにした。でもジェットコースターもオエップ乗り物だったのにはがっかり。次女は今年度で卒園なので、もうこの苦労はしなくてすみそうだ。

市内のほかの保育園も親子遠足で、たくさんの知り合いに会う。私のように酔いやすい人はあまりいないと思うが、みなさんお疲れ様でした(帰りのバスは、次女は起きていて私だけ爆睡)。

会議の進め方

コメント(0)

とある会議(お寺関係ではない)の教訓。どんな会議だったかは想像して下さい。

  1. 次の会議までにしておくことをはっきり決めておく
  2. それがどれだけできたかを最初に報告してから会議をする
  3. 時間内に終わらせる
  4. 議論のための議論をしない
  5. 議題と関係ない話をしない

長女に書き留めてもらった。児童会などで使えそうとのこと。

葉山登山

コメント(0)

学校行事の葉山登山が雨天のため順延となり、日曜日になった。私はすでに仕事が入っていたため、同行できず、長男と中腹まで登る予定だった妻がスライド「登坂」で頂上まで。6時半出発の18時帰りって、富士登山と所要時間がほとんど変わらない。

5月の予定はいつもごちゃごちゃしている。黒獅子祭とぶつからないように葉山登山が1週間繰り上げ。そのため予定していた廃品回収も1週間繰り上げ。でも葉山登山が雨で順延となり、もともと廃品回収の予定だった日に入ってきた。でも廃品回収の合間に引き受けた仕事がそのまま残り、葉山登山は諦めることになったという次第である。

自宅で原稿を書いたり、タケノコを掘ったり、次女と遊んだりしてそれなりに充実していましたが、足を引きずって帰ってきた妻には申し訳ない限り。頂上は箸がもてないくらい寒かったそうである。登山に行かれた方、お疲れ様でした。

大般若箱の新調

コメント(0)

大般若経箱が横引き出し式で非常に出しにくかったため、10冊ずつ重ねて入れる箱の見積もりを取ってもらった。オーダーメイドで、600巻のうち一番高い10冊によって箱の高さが決まる。そこでお隣のお寺さんから大般若箱を運んできて、全部箱から出して、ばらばらに入っているので並べ替えて、一番高いものを調べるという作業を行った。

お経本の業者さんの話では第300巻以降に厚いものが多いという話だったが、調べてみるとさにあらず、第1~100巻が軒並み高く、特に第41~50巻が最高値でした。版によって違いがあるのかもしれない。

お経本の並べ替えは、長男まで動員して仏具屋さんと4人でやったが、気の遠くなるような作業だった。これを訳した三蔵法師は偉い。

この見積もりが出たら、費用についてお隣のお寺さんと協議して進めていくことにしている。

大般若箱

知恵熱?

コメント(0)

ご本寺様で法事の後、御詠歌全国大会の練習会。その足で新幹線で帰ってきた妻を皮膚科に送り、治療中に保育園から帰る次女をお迎え。また皮膚科に妻を迎えに行って、市役所で婚活サポート委員会。終わってからバレーボール練習。何日分も詰まっている感じだ。

そんな充実の1日の反動か、翌日は疲れがたたって39度近くまで発熱。ひとつ会議をキャンセルしなければならなくなった。翌々日には37度台に下がったので、法事やら総会2件やらあったが、昼寝と風邪薬で何とかしのいだ。子ども会総会の資料を作っていたら深夜になったが、幸い平熱に。

翌日は子ども会の廃品回収。育成会長なので自らは廃品を運ばず、公民館に残って段取りや書類作りや写真撮影などで楽させて頂いた。午後からは子ども会の総会と保護者の反省会。ビールを飲んだが、家に帰ってから寺院会の準備。

葬儀はここ2ヶ月ほど出ていないので助かっているが、これで葬儀が出たら目も当てられない。来週も総会やら役員会やら目白押し。泥縄の連続だが、神仏のご加護があらんことを祈っている。とりあえず栄養ドリンクを箱買いしようかなと思っている(気休め)。

タケノコ豊作

コメント(1)

例年は連休明けから始まる境内のタケノコが、今年は連休中から出始めた。しかも昨年少なかった反動からか、やたら豊作で5月末までに通算で400本くらいのタケノコを収穫。

タケノコは伸びるのが早い上に、放っておくとノコギリで切らなければいけなくなるため、こまめに採らなければならない。家族で採るには気力体力の限界がすぐに来てしまうため、知り合いに声をかけて、採りに来て頂いた。それでも最後は、その場に倒すだけとなったものもある。週末になるたびタケノコを掘っていた妻は、夢に出そうだという。

掘ったタケノコは母が米ぬかでアク抜きをして、味噌汁、煮物、炊き込みご飯などに活躍している。煮物は、土佐煮やイカと煮たものが美味しい。

毎年5月(特に中旬)はこんな調子なので、これをご覧の方はぜひ掘りに来て下さい。ご協力を!

タケノコ

山形の霊鷲山

コメント(0)

各地で満開の桜を見て回っている間に、南陽市下荻の泉高院様を訪問。裏の墓地に登ると、切り立った崖が、10年前に訪れた霊鷲山(グリドラクータ)を思い起こさせ、思わず『高嶺』を口ずさんでいた。

今もなお 鷲の高嶺に 月ぞすむ人は入佐の 山とおもえど

泉高院のご住職は、布教やボランティアに力を入れており、いつもお世話になっている。ブログはこちら

泉高院

ボリビア料理

コメント(0)

山形大学に留学している南米ボリビア人留学生を招いてのお料理会。アンデス料理ということだった。

パパ・アラワンカイナ(papas a la huancaina)は、じゃがいもをまるごとゆでたものに、ピーナッツをミキサーで砕いて水とスパイスを混ぜたソースをかけたもの。本当は生ピーナッツで作るらしい。ゆでたまごと、レタスをトッピングして。

ヤフア(llajua)は少し辛いトマトソース。何にでもかけて食べる万能ソースであっという間に売り切れていた。

ほかにも洗った生米を乾煎りしてから炊きあげたピラフや、パン粉を加えた野菜スープなど。料理方法が独特で面白い。

ボリビア料理

献血

コメント(0)

前回から半年以上空いてしまったが、400ml献血をしてきた。次女が川崎病の治療に投与された免疫グロブリン(血漿から作る血液製剤)の分ぐらい献血したいと思っているが、専門的知識がないので、次女がどれくらい投与されたのか(注射器12本=何ml?)、それは一体どれくらいの血液量から作られるのか全然分からない。献血量は夫婦合わせてまだ1000ml。できる限りたくさんしたいと思う。

やられたらやり返す、恩返しだ!

このアーカイブについて

このページには、おの2014年5月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはおの: 2014年4月です。

次のアーカイブはおの: 2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー