おの: 2016年5月アーカイブ

不瞋恚

コメント(0)

cakes:クリエイティブな仕事をするためには、怒りも不安も必要

とかくネガティブな感情を封じがちですが、あったほうがよいという話。悟ったような顔でいるよりも親しみがもてます。

「悲しみや怒りなどのネガティブ感情も回避しないで、感情と仲良くなりましょう」
「ポジティブ3にネガティブ1が幸せの黄金比」
「真似でもいいから、怒ってみたり、悲しんでみたりする」

不安:分からないことに注意が向く
恐怖:手に負えないものに注意が向く
悲しみ:無いことに注意が向く
怒り:大切なものがおびやかされることに注意が向く
喜び:獲得したことに注意が向く
安らぎ:満たされていることに注意が向く

僧侶という仕事がクリエイティブかどうかはさておき、不瞋恚不瞋恚とお題目のように唱えるよりも、イライラを受け入れ、別の視点で見てみたいものです。

このごろふと思い出した不瞋恚の言葉集。

怒るな、ラオウ。怒ればやつの術中にはまるぞ。(『北斗の拳』)

全能感を優先的に求めるものは、自分に「力がある」ことを誇示したがるものは、何も「作品」を示さず、他人の創り出したものに無慈悲な批評を下してゆく生き方を選ぶようになります。自分の正味の実力に自信がない人間ほど攻撃的になり、その批評は残忍なものになるのはそのせいです。(内田樹『呪いの時代』)

ストレス発散のために、他人の悪口を書き込んだ後で「ああ、スッキリした」という人、まずいないんですよ。人間の脳は主語を理解できないので、悪口を書き込んだことを自分のことだと理解してしまう。書き込むことで、余計にストレスが溜まることを知ってもらいたいですね。(安川雅史・全国Webカウンセリング協議会理事長)

浄土双六を遊ぶ

コメント(0)

江戸時代の『浄土双六』が復刻され、仲間で遊んでみました。「南閻浮州」からスタートして「仏」を目指します。サイコロには「南」「無」「分」「身」「諸」「仏」の目があり、止まっているマスによってどの目でどこに行くか指示されます。一番下には「永沈」という、入ったらもう出られない地獄があったり、「閻魔」からジャンプアップできるコースがあったりするのも粋なはからいです。

どの目でも一般に「諸」「仏」を出すと上に行けるので、ひたすら「諸仏!」「諸仏!!」と叫びながらサイコロを振ります。まさに念仏です。

今回、私は「羅漢向」で足踏みしていたものの、一気に「左府処」にいって「仏」になれました。ライバルが落ちるをつい祈りたくなりますが、その思いを封じ、「みんな仏になれますように」と念じたのが勝因だったかもしれません。

plenluno:浄土双六 現代語訳版 専用サイコロと駒セット

消災妙吉祥陀羅尼

コメント(0)

祈祷でよく読む『消災妙吉祥陀羅尼』を解読。前後に説明文がついており、悪い星によって天体の運行を脅かされて起こる災難を、お釈迦様から放たれる光の力で消し去るという内容です。毎日108回×7日間読まなければならないとか。

佛説熾盛光大威徳消災吉祥陀羅尼經

そのとき、お釈迦様は浄居天宮にいらっしゃって、空を遊ぶ星々、九つの大星、二十八星座、十二星座の神々、全ての聖人たちにおっしゃった。「私は今、沙羅樹王如来がかつて説かれた火のように明るい光の偉大な力の陀羅尼で災難を消す方法を教えよう。
もし国王や大臣がいる都、またはその周辺の諸国があって、火水木金土星に祟られたとき、妖しいほうき星が、生まれ年に属する二十八星座の位置に近づいたとき、国王になってから国や家や四方が祟られたとき、悪い星が下がったり、進んだりして近づき災難をもたらすときは、ただ清浄な修行道場おいて、以下の陀羅尼を108回または1000回読み、1日、2日、3日......7日と続け、法に従って壇場を装飾し、心から読誦すれば、一切の災難は、みなことごとく消滅して害を与えることができない。もしくは金星や火星が南に移り、国や家や四方に災害をもたらすときは、金剛童子の忿怒像の前で、敵の姿形を描いて、声を励まして以下の陀羅尼を念じて加持すれば、その災いはすぐになくなり、王の命令に従わない謀反人が身代わりになって苦しむだろう。それは次のような陀羅尼である。」

नमः समन्तबुधानाम् अप्रतिहतशासनानां तद्यथा ॐ ख ख खाहि खाहि हूं हूं ज्वल ज्वल प्रज्वल प्रज्वल तिष्ठ तिष्ठ ष्ट्रि ष्ट्रि स्फुट स्फुट शान्तिकश्रिये स्वाहा
(帰依します。一切の諸仏に。破壊されない教えをもつものたちに。すなわちオーン。虚空よ虚空よ。破壊したまえ破壊したまえ。フーンフーン。輝きたまえ輝きたまえ。大いに輝きたまえ大いに輝きたまえ。留まりたまえ留まりたまえ。星よ星よ。出現したまえ出現したまえ。寂静なる吉祥のために。よろしく。)

「この陀羅尼は私だけでなく、全ての如来が同じく唱えてきたものである。比丘・比丘尼・優婆夷・優婆塞の誰であってもこの陀羅尼を読誦すれば、八万種の幸福を成就し、八万種の不幸を除くことができるだろう。

国王や大臣、その親族、全ての庶民の誰であっても、火水木金星やほうき星、妖怪などの悪星が国王の座を脅かし、国や家や四方に属する28星座に災難が起こり、大きい星が近づき、宿世の敵が悪い企てを起こし、諸悪の呪いで災難を起こそうとしているとき、人々が法に従ってこの陀羅尼を心から読めば、一切の災難は全て消滅して害を与えることができず、災い転じて福となり、皆幸福を得るだろう。私は今、この陀羅尼の不可思議な無比の功徳を説いた。秘密に保持して軽々しく扱ってはならない。」

そのとき、お釈迦様が比丘たちにおっしゃった。「国が安定せず災難が起こるならば、修行僧を呼び、法に従って道場を作り、仏像を安置し、結界を作り、加持して香華灯燭を相応に供養すれば、生きとし生けるものが幸福になること無量で、その災いはたちまちになくなるだろう。」

お釈迦様がこの陀羅尼経を説き終わると、文殊菩薩やそのほかの修行僧、比丘たち、星々の神々は礼拝し、それぞれ帰途についた。また天竜八部やもろもろの大衆は大いに喜んだ。

以上、光明で災いをなくし幸福を招く陀羅尼経。

このアーカイブについて

このページには、おの2016年5月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはおの: 2016年4月です。

次のアーカイブはおの: 2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー