おの: 2017年9月アーカイブ

禅とは何か

コメント(0)

隣町の生涯学習プログラムでお寺にいらっしゃって法話を聴く会。「禅とは何か」というド直球なテーマを頂きましたが、dhyaanaの語義解釈から始まり、物や仕事の少ない簡素な暮らし、『慈経』によるオープンマインド、そして調息を中心にした仏壇前でできる坐禅という流れでお話しました。

最後に「仏教では簡素な暮らしとか、こだわりを捨てよとか言うのに、お寺では四十九日や法事など決まり事が多すぎるのはなぜか」という鋭い質問。送る方と送られる方の意識の違いという回答をしましたが、後から死者の供養を苦楽中道の修行という観点で答えたほうがよかったかなと思いました。「仏事は生きている人たちの修行」という捉え方がなかなかできないのかもしれません。

万灯供養に

コメント(0)

先月、教区内のご寺院で行われた恒例の万灯供養。送り盆の頃に夜、蝋燭の灯をともして厳かに亡くなった方々の供養が行われます。

今年は両班に入り、塔婆に法華頓写をしてお経を読み、最後の回向で読み込み帳が配られたところびっくり。今年亡くなられた前・教区総代会長の戒名があったのです。

両班は10人で、読み込み帳はランダムに配られるので私のところに来る確率は10分の1。偶然といえばそれまでですが、庶務係として親しくさせて頂いていた私のところに来たことに縁を感じました。「小野さん、よろしく」とでも言っているかのようです。

お亡くなりになる少し前に届いたメールが携帯にまだ残っています。
「先日の御講演ありがとうございました。中座し残念に思います。その後体調を崩しましたが後悔はありません。ダーナの務めを果たし満足です。」
何かまだ伝えたいことがあるのではないか、私自身どのように応えるべきかを半月経った今も自問自答しています。

宿題不要論

コメント(0)

へえ~と思ってソースを調べたところ、過度の宿題は不適切というだけで、宿題は効果なしとまではいっていないそうです。小学生は10分ルール=学年×10分間の宿題が勉強の習慣を身につけることに役立つとのこと。

http://www.netlorechase.net/entry/2017/09/03/143950

さっさと宿題を済ませて遊ぶというのがバランスがよさそうです。

このアーカイブについて

このページには、おの2017年9月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはおの: 2017年8月です。

次のアーカイブはおの: 2017年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー