梅花流: 2013年3月アーカイブ

密厳流について

コメント(0)

3月4日、地元の師範・詠範で港区愛宕の真言宗智山派総本山智積院東京別院・真福寺に行き、密厳流遍照講の相川孝巠講長から約2時間にわたり、ご講義を賜った。たいへん感銘を受けたので箇条書きにてメモ。

    密厳流のもとになったのは大和流(無宗派)と金剛流(高野山)で、前者は拍がはっきりしていない(大和→渓声)、後者は拍がはっきりしている(密厳→梅花)という傾向がある。「大和流を母とし、金剛流を父として生まれた」(相川師)
    和讃は和語讃歌(梵語讃歌、漢語讃歌もある)の略で、平安中期に民間信仰者により成立。詠歌は道歌に節を付けて詠んだもので、花山法皇(968-1008)が四国三十三霊場に奉納したものが最初とされる。両者は別物と考えるべき。
    密厳とは密厳尊者=興教大師覚鑁(かくばん)から頂いたもの。42歳で金剛峯寺座主となるが、派閥争いのため高野山を追われて根来寺を開く。ここから新義真言宗、豊山派、智山派が生まれた。
    法具は金剛界曼荼羅の成身会(9つのマスの中央)に基づいて作られている。鈴の五鈷杵は五智如来を表し、中央が毘盧遮那仏(法界体性智)、四方に阿閦如来(大円鏡智)、宝生如来(平等性智)、無量寿如来(妙観察智)、不空成就如来(成所作智)が配されている。 撞木は金剛鉤菩薩で人を救い、撞木のひもは金剛索菩薩で人をつなぐ。鈴房は金剛鎖菩薩で人をつなぎとめ、鈴は金剛鈴菩薩で人を喜ばせる役割をもつ。これらの菩薩をまとめて四摂菩薩という。
    鉦は梵鐘の鐘座が独立したもので、鈴も梵鐘。撞木は梵鐘を鳴らす撞木に由来する。三足(鼎)で貪瞋癡をなくすという説も。
    密厳流では下向音で音尻(尾)アヤ、上向音で音頭アヤを入れる。

最後に新曲の「東日本大震災物故者追悼詠歌」をお唱え頂く。高音でやわらかなお唱えで、梅花流創設時に密厳流をお手本にした理由が分かった気がした。また「東日本大震災復興和讃」と「般若心経和讃」の譜面を頂戴する。相川師は今月で講長を退任なさるそうで、最後の機会に出逢えたことは幸運であった。出身が福島のいわきということで、同じ東北人として親しく和やかに接して下さり、受講者一同感激して帰途についた。ありがたき幸せ。

このアーカイブについて

このページには、2013年3月以降に書かれたブログ記事のうち梅花流カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは梅花流: 2012年12月です。

次のアーカイブは梅花流: 2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー