梅花流: 2015年11月アーカイブ

小田原の大雄山最乗寺様にてご詠歌の講習会。

朝は道路工事と通勤ラッシュで駅まで時間がかかり、新幹線が出る3分前に駐車場に到着するというギリギリぶり。しかしダッシュでホームに行くとその新幹線は濃霧のため遅延していて、乗り換えの東海道新幹線を1本遅らせることになりました。

そのため会場到着したのは開講式の10分前。長い石段をダッシュで上って大汗で着替えて、すぐに法要に出ました。何事もなく間に合ったのはみ仏のご加護のおかげでしょうか。でもこんな危なっかしい生活をしないようにしたいです。

最乗寺様は高低差のある諸堂の並びが冒険心をそそり、古くは山伏がここで修行し、天狗が飛び回ったというのも頷けます。

朝のお勤めは本堂でお経を読んだ後、石段を登り登って天狗の道了尊が祀られているご真殿でご祈祷。お経をものすごい速さで読むので、力が漲ってくるような感じがするご祈祷です。その後、山主老師から直々にご法話を頂きました。杉の実は遠くに飛んだほうがよく育つという話から、自我を手放して仏の境地に入る「放下著」を説かれました。

講師と受講者で道了尊にご供養のご詠歌をお唱えしました。法悦極まりない体験でした。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月以降に書かれたブログ記事のうち梅花流カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは梅花流: 2014年4月です。

次のアーカイブは梅花流: 2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー