Bookの最近のブログ記事

著・蝉丸P。ニコニコ動画で人気を集め、「ネット檀家」まで有するリア住(リアル住職)さんが、一般家庭から四国のお寺の住職になるまでの経緯や、現代の仏教について思うことなど。同い年、同じ地方寺院の住職ということで共感するところ多数でした。リアル檀家さんの中に、ネット檀家が結構いるとのこと。

・マインドルフルネスについて
「在家の人でも今まで身体と心の意識してなかった部分の使い方に習熟してくると、かえって「俺はすごいんだぞ」とエゴばかりが肥大して他の人にマウントを取り始めたりするんですが、行に専念してた僧侶にも見られる傾向でして「やり遂げた」みたいな感覚が強いとどうしても傲慢になる。(91ページ)」

・現代における葬儀の意義について
「もっと単純に言ってしまえば、伝統宗教によるお葬式は「心の城壁」のようなものですね。「うちの家はお坊さんや神父さんや神職さんに葬儀をやってもらったんだから、あなたたちにつけいる隙はありません」と言えることが、儀礼をちゃんと踏んでいることの強みになってくるのです。(101ページ)」

・人々に寄り添うという僧侶のあり方について
「これはよくあることですが人に寄り添うだけ、というのも辛いものがありますからね。それは結局のところ人の悩みをかぶるということですから。メンタル関連の勉強をしていない若いお坊さんが潰れてしまうことが多いのは、人の悩みをかぶりすぎた結果なのかもしれません。(178ページ)」

・マスコミの「寺院崩壊」報道について
「確かに楽観視はできない状況で、少子高齢化の影響が体感できるレベルになるのは2030年という予測も出ていますから厳しくなることは予想できますが、ある意味本州から隔離されてる四国という環境ゆえか、もともと低空飛行な地域なのでリーマンショックの時も如実な変化もなく、普通に寄付を募って本堂の建て替えまでやっていたのでネットやマスコミは不安を売ってなんぼの世界だから、話三割ぐらいに割り引いておくべきだなと。(186ページ)」

著・中野信子(脳科学者)。ショッキングなタイトルが並ぶが、集団が協調・団結して正義が暴走することで起こる「利他的懲罰」の危険性を、脳内ホルモンから説明している。

『ヒトは「いじめ」をやめられない』:「学校では、ものの善悪、知識を杓子定規に決めつけて教えるのではなく、善の中にある悪、悪の中にある善を教え、人間の多様なあり方を学習する場として学校が機能すれば、"自分の正義"によるいじめの意識を変えれるのではないか」というのを読んで、小学校での人権教室で「いじめは絶対ダメ!」と教えることへの違和感が分かったような気がした。団結や愛情や仲間を大切にすることにもマイナスの側面があるということを考えなければならない。

『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』:シャーデンフロイデというのは「他人の不幸は蜜の味」「メシウマ(他人の不幸で今日も飯がうまい)」のことで、その正体は利他的懲罰による線条体の活動。「悪い人を排除すればよいという考え方がディストピアだとわかっている人たちが、すでに、その子供の考えを排除し始めている。悪い人を叩く悪い人をまた叩くというスパイラルが生じている」というのは、悪いと思われる人への対処法に示唆を与えてくれる。人の悪口を言う人の悪口を言ったのでは同じ穴のムジナだ。

『キレる! 脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』:怒りの原因を脳内ホルモンで説明すると、ストレスに反応し神経を興奮させる"闘うホルモン"ノルアドレナリン、意思で感情をコントロールして衝撃的な行動を抑える前頭前野の機能低下、脳内に快楽をもたらし理性を働かなくさせるドーパミン、攻撃性や支配欲を高める男性ホルモン・テストステロン、愛着が強すぎるあまり憎しみや妬みの感情も強めるオキシトシン、安心ホルモン・セロトニンの不足だという。対処法として「戦略的にキレるというスキル」=気持ちでキレても言葉ではキレない、面倒な人だと思わせる、ユーモアで本質を伝える、フォローの一言を入れる、相手との間に線引きをする(「私にも非がありますが、それ以上の攻撃は困ります」)、持ち上げてから人格を責めず行動を責める(「あれはないよね~」)、ニコニコしながら主張を通す(アサーション)、日本語の運用力を身に付けるなどが提案されている。言葉こそが、進化の過程で人間につきまとってきたネガティブな本能から人間を解放する鍵になるのだろう。

男性脳・女性脳的な記述については推測の域を出ていないと思うが、原因を脳科学で説明することで、感情の場合分けとその対処方法が模索しやすくなると思った。

曹洞宗で各寺院に配布された小冊子。最も直接的な問題は、トランスジェンダーの方の戒名を(家族がそれを認めていない場合に)信士にするか信女にするかだが、それ以外にも悩みを打ち明けられたときに適切な応対をするための知識や注意点が実例を交えて書かれてあり大変勉強になった。

例えば「オネエ」と呼ばれる人たちには女装を趣味・仕事とするゲイ(マツコ・デラックス)、トランスジェンダー女性(はるな愛)、女らしいとされる言葉遣いや振る舞いをする異性愛男性(りゅうちぇる)がいるように、性的指向と性自認は千差万別。それに気づかず一緒くたにしてしまうと深く傷つけることにもなりかねない。

「セクシュアルマイノリティについて理解があります」という人間にも、かわいそうな人扱いすることで相手を受容しており、逆に差別的でありうるという話は、セクシュアルマイノリティに限った話ではない。無意識の優越感で上から目線になっていないかよくよく反省する必要がある。

AERAdot:「友人に絶交されました...」 鴻上尚史が指摘する原因"無意識の優越感"とは

僧侶が「お葬式はきちんとやった方がいいよ」「親はきちんと弔ったほうがいいよ」ということは、保守的な家族のあり方を踏襲しなさいと強要することになりかねないという指摘も傾聴に値する意見。そういわなければいけない場面もあるのは事実が、それが生きづらさを抱えている人を追い詰めないように気をつけたいところである。

著・雨宮処凛。朝日新聞の連載"Dear Girls"で知った本。お茶や食事の用意、飲み会でのサラダの取り分けなど、女性がするものだと思っている人に、ミラーリング=男と女を入れ替えて考えてみることで見えてくるものがあるという。夫の不倫を謝罪する妻はいても妻の不倫を謝罪する夫はおらず、夫・彼氏以上に稼いだときに隠してしまう妻・彼女はいても夫・彼氏が妻・彼女以上には成功するなと言われることはない。「女の本当の幸せ」を説くオッサンはいても「男の本当の幸せ」などというオバサンはいない。若い頃は自分の性がいつも誰かに買い叩かれたり値踏みされたりして、主体的に考えることさえ許されない。男女平等はただ女性の負担が増えただけで、妻、母、祖母と「年相応に生きろ」という圧力があらゆる場面ではたらき、この「呪い」は一生続く。

ネガティブ要素満載だが、ミラーリングのすすめだけでなく、独身者同士が孤独死を防ぐための「ちょっとした迷惑をかけ合える関係」は独身者のみならず、個人化する現代において重要な指摘である。

そのへんに置いておいたら家族も読んでいた。そういう意識で世間の「当たり前」に疑問を抱いてほしい。

限られた人のための釈迦の仏教が、いかにして大乗仏教という一大ムーブメントとなったのか、富永仲基の「加上の説」に沿って5つのお経を見ていく。「青年」と「講師」の対話形式になっており、長大で複雑な大乗経典の特徴が明快に示されている。メモしておきたい箇所数多。
大乗仏教は在家集団からではなく部派仏教の内部から生まれたという説を筆者は支持する。「昔から伝わっているお経には書かれていないけれども、論理的に正しければ、それは釈迦の教えと考えてよいのではないか」(p.39)この主張が、仏説ではない大乗経典の誕生に結びついたという。
『般若経』では、「私たちはすでにブッダと出会って誓いを立てているのだから、菩薩である」(p.61)と考え、空というシステムによって「本来は輪廻を繰り返すことにしか役に立たないはずの業のエネルギーを、悟りを開いてブッダになり、涅槃を実現するために転用することができる」(p.68)として多くの人が日常生活で実践可能な六波羅蜜を示す。さらにお経そのもの、教えそのものをブッダと捉え(法身)、お経を讃えることを勧める。大般若会は、ブッダと出会うための法会であるということになろう。
『法華経』も、誰でも前世でブッダと出会っているという見方を受け継ぐが、『般若経』では分けられていた声聞・独覚・菩薩をひとまとめにして救う一仏乗を、法華七喩という巧みな喩えを使って説く。お経が絶対的な力をもったため空というシステムはいらなくなり、現世利益もつながると考えられるようになる。誰でも仏になれるという主張は、中国から日本に大きな影響を与えた。
『浄土経』は「パラレルワールド」たる極楽浄土の概念を創造し、念仏だけで往生できると説く。さらに親鸞は「すでに私たちは極楽に行くことが約束されているのだから、念仏は願うためではなく感謝のために唱えるのだ」(p.151)と解するようになった。一世界一仏の原則により、すでに阿弥陀仏のいる極楽浄土でブッダになることはできないが、無限の多世界を想定することで、極楽からさらにその先の世界に行ってブッダになると当初は考えられていたがやがてその原則は曖昧になる。
『華厳経』は「別の世界にいるブッダが移動できないのなら、ブッダ(毘盧遮那仏)が自らの映像(釈迦牟尼仏)を私たちの世界に送ってくれると考えればよいではないか」(p.171)というアイデアによって一世界一仏の原則を守り、「自分がすでにブッダであることを自覚する」だけだから修行はいらないと悟りの問題を解決済みにし、現世利益を第一とする実利的な仏教に向かわせた。
『大乗涅槃経』も「もともと私たちの内部にブッダは存在していて、私とブッダは常に一体である」という如来蔵思想を説く。これがヒンドゥー教との違いをなくし、インドにおける仏教衰退の理由になったと筆者は見ているが、道教などをベースに釈迦の仏教から禅定を取り入れた禅もこれと同様、「私たちの内側には仏性があり、それに気づくことが悟りへの道である」と捉えて、煩悩を消すためではなく、自分がブッダであると確認する作業として坐禅修行を位置づける。修行不要論が加速する中で、修行の大切さを改めて説いたことから、著者は「私は日本の名僧・高僧と呼ばれる人たちの中で最も釈迦に近かったのは道元だと思います」(p.214)という。これが日本で武士階級の共感と尊敬を生み、支援を得ることになる。
しかし日本仏教には「律」(仏教教団の規則)はないまま現代に至ったため、お金でお布施をもらう、結婚して子供を作る、お酒を飲む、お寺に来た人から僧侶が直接拝観料を取るといった、律では禁じられた行為がまかり通るという特殊な状況を生み出している。科学的に証明できないことを心の問題に置き換える「こころ教」の世界的広がりもあいまって厳しくなっていくだろうが、人の苦しみを取り除くという、釈迦の仏教にも大乗仏教にも共通する理念をもって、ホスピスケアや自殺防止などに関わっていくべきであると結ぶ。
付論として最新の仏教学成果である『大乗起信論』の中国撰述説について少々。
日本仏教は大乗仏教の流れの中にあるが、大乗はブッダの教えそのものではないし、部派仏教から釈迦本来の教えに戻したものが大乗仏教なのでもないし、宗派の教祖は釈迦と同じ思想をもつ完全無欠な人物でもない。宗教的感情や正統性を示したいという思いによって、学問が歪められてはならないと著者はいう。本書のように客観的な目で大乗経典の展開を理解し、自分がいる場所を位置づけた上で、その中にどっぷりと潜り込んでいくということが、「因果にくらまず」ということではないかと思う。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはBuddhismです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Book: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー