Bookの最近のブログ記事

著・川合伸幸。

比較認知科学の知見から、ヒトのヒトに対する攻撃性と、共感し援助する性質という矛盾を解明する。後者の理由としては攻撃性の高い個体が社会から放逐され、穏やかな人のみ子孫を残せたという「自己家畜化仮説」と、暴力を抑制する理性が加速度的に高まってきたという説がある。

  • 人は尊敬し称賛している人にいわれるほうが、自分の行動により強く責任を感じる。子どもに罰を与えるときには品位を損なわないよう、批判的・懲罰的・侮辱的な言葉をなるべく使わない(模倣学習)
  • 男性は魅力的とされた女性の写真を見ている時、戦争に対して肯定的な回答をする。女性は男性の写真に対してそのような態度は示さない。向こう見ずな行動は、女性に対して将来生まれてくる子どもを守る力があるとう信号ではないか(男性の攻撃性)
  • 4歳児の女の子たちにぬいぐるみをひとつだけ置くと、そのぬいぐるみを手にした女の子をほかの女の子たちは仲間はずれにしたが、男の子の場合は直接奪いに行った(女性の攻撃性)
  • 刑務所のセットで看守と囚人に分かれて演じる実験をしているうち、看守役がどんどん残虐化した監獄実験。秩序を乱すものに集団を代表して罰を与えるという正義感の怖さ(人間の残酷さ)
  • 4つのグループに5ドル/20ドルを与え、自分のため/他人のために使うよう指示したところ、幸福感が高かったのは金額を問わず、他人のために使ったグループだった。他人にお金を与えたとき、脳ではお金をもらったときと同じ領域が活性化する。しかも強制的に徴収されるよりも、自発的に寄付したほうが活動が高い(与える喜び)
  • 協力的なチンパンジーと独占的なチンパンジーのどちらかをパートナーとして選ばせると、ほかのチンパンジーは協力的なほうを選ぶ。結果、独占的なチンパンジーは食べ物を得る機会を失う(分配への寛容)
  • 他人が痛みを感じるのを見ているときには、自分が痛みを与えられたときと同じ脳の領域が活動する。しかし相手が公正でない人物だと分かると、あまり活性化しない。それどころか男性は快感と関係した報酬領域が活動する(共感)

人は生存と子孫を残すために集団から仲間はずれにされることを極端に恐れ、自分が正しいと思っていなかったことでも他人の考えに同調し、その結果としていじめや攻撃も辞さなくなったという。いじめは本能に根ざした根の深いもので、人間が社会的な生活を続ける限りなくすことは不可能といえる。その前提に立って、穏やかで理性をもち、人の痛みに共感し与えることを喜べるようになるにはどうすればよいか、考えてみようと思う。

子育てを家族の内外にシェアできない苦しさを、インタビューを通して明らかにしていく。

  • 父親の育児に対する親・病院・学校での無理解(「お弁当を作ってくれたママにお手紙を書こう」)
  • 「主婦論争」に垣間見える主婦の仕事に対する評価の低さ
  • 「夫は仕事、妻は家事育児」が賃金格差を正当化する「劣等均衡」
  • 専業主婦の産後うつや育児ノイローゼと夫の「大黒柱プレッシャー」
  • パートタイム/フルタイム労働者の賃金水準比率の低さ(欧州水準81.5%に対し日本は60%を切る)
  • 離婚しても経済的に自立できない女性の状況
  • 専業主婦だった母親の呪縛で毎日掃除機や雑巾がけ
  • 手作り料理や品数へのプレッシャー
  • 家事育児の独占という専業主婦の生存戦略
  • 長すぎると持て余し短すぎると渇望する子どもとの時間
  • 働く娘に「子どもが可哀相」と罪悪感を煽りハードルを上げる親
  • 「同類婚」による収入格差

問題が根深く、個人の努力ではどうしようもない構造的なものも多く含まれていることが分かる。後半の「変わる社会の兆し」は本当に兆しで、ギグエコノミーもリモートワークも家事代行サービスも一般的な解決方法とは思えまないが、性別役割分担の固定観念の打破、家事育児のシェアや簡素化、ワークライフバランスなど、いろいろな人がいろいろな場面で唱えることによって変わってくることもあるかもしれない。

執筆は博士課程を出て大学非常勤講師やフリーライターをしている女性の方々。

  • 性の院生や非常勤講師が結婚に踏み切るのは、収入よりも社会的承認が動機で、そこには性別役割分業規範が見え隠れしている(p.79)
  • 研究者採用の優先順位は既婚男性>独身男性>独身女性>既婚女性(p.83)
  • 研究者のコミュニティは男社会であり、女性は「スカートをはいた男になる」か「従順な女らしさで勝負する」という両極端なありかたで適応するしかない(p.91)
  • 女子にとっての学歴とは、現実的には高学歴男性と出会うアイテム、また母となった場合に身につけておくべき教養アイテムであり、「地位表出機能」しかない(p.117)

これが昭和ではなくて、わずか5年前の話なのががっかりするが、振り返って考えれば私が在学していたインド哲学・仏教学の世界も当てはまることばかり。著者は人文系と芸術系ばかりなので、アップデートが進まない背景には人文系特有のポストの少なさ(大学以外に仕事がない)や、女子が何となく人文系を選びやすい風潮(大正時代の教員養成から続くものらしい)があるんだと思う(妻いわく、理系の高学歴女子にこういったことはもうあまりないとのこと)。食えないと分かっていて進学してしまうのは、女の子のなりたい職業の平均給与が、男の子のなりたい職業の平均給与を大きく下回る構図を想起させる。

人文系女子を否定するものでは決してないが、この不均衡を変えるために、理系女子のロールモデルとして、中高で理科・数学の女性教師がもっと増えてほしい。例えば長女が高校で理系なのは、妻が理系女子として働いているのが大きく影響していると思う。

著・蝉丸P。ニコニコ動画で人気を集め、「ネット檀家」まで有するリア住(リアル住職)さんが、一般家庭から四国のお寺の住職になるまでの経緯や、現代の仏教について思うことなど。同い年、同じ地方寺院の住職ということで共感するところ多数でした。リアル檀家さんの中に、ネット檀家が結構いるとのこと。

・マインドルフルネスについて
「在家の人でも今まで身体と心の意識してなかった部分の使い方に習熟してくると、かえって「俺はすごいんだぞ」とエゴばかりが肥大して他の人にマウントを取り始めたりするんですが、行に専念してた僧侶にも見られる傾向でして「やり遂げた」みたいな感覚が強いとどうしても傲慢になる。(91ページ)」

・現代における葬儀の意義について
「もっと単純に言ってしまえば、伝統宗教によるお葬式は「心の城壁」のようなものですね。「うちの家はお坊さんや神父さんや神職さんに葬儀をやってもらったんだから、あなたたちにつけいる隙はありません」と言えることが、儀礼をちゃんと踏んでいることの強みになってくるのです。(101ページ)」

・人々に寄り添うという僧侶のあり方について
「これはよくあることですが人に寄り添うだけ、というのも辛いものがありますからね。それは結局のところ人の悩みをかぶるということですから。メンタル関連の勉強をしていない若いお坊さんが潰れてしまうことが多いのは、人の悩みをかぶりすぎた結果なのかもしれません。(178ページ)」

・マスコミの「寺院崩壊」報道について
「確かに楽観視はできない状況で、少子高齢化の影響が体感できるレベルになるのは2030年という予測も出ていますから厳しくなることは予想できますが、ある意味本州から隔離されてる四国という環境ゆえか、もともと低空飛行な地域なのでリーマンショックの時も如実な変化もなく、普通に寄付を募って本堂の建て替えまでやっていたのでネットやマスコミは不安を売ってなんぼの世界だから、話三割ぐらいに割り引いておくべきだなと。(186ページ)」

著・中野信子(脳科学者)。ショッキングなタイトルが並ぶが、集団が協調・団結して正義が暴走することで起こる「利他的懲罰」の危険性を、脳内ホルモンから説明している。

『ヒトは「いじめ」をやめられない』:「学校では、ものの善悪、知識を杓子定規に決めつけて教えるのではなく、善の中にある悪、悪の中にある善を教え、人間の多様なあり方を学習する場として学校が機能すれば、"自分の正義"によるいじめの意識を変えれるのではないか」というのを読んで、小学校での人権教室で「いじめは絶対ダメ!」と教えることへの違和感が分かったような気がした。団結や愛情や仲間を大切にすることにもマイナスの側面があるということを考えなければならない。

『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』:シャーデンフロイデというのは「他人の不幸は蜜の味」「メシウマ(他人の不幸で今日も飯がうまい)」のことで、その正体は利他的懲罰による線条体の活動。「悪い人を排除すればよいという考え方がディストピアだとわかっている人たちが、すでに、その子供の考えを排除し始めている。悪い人を叩く悪い人をまた叩くというスパイラルが生じている」というのは、悪いと思われる人への対処法に示唆を与えてくれる。人の悪口を言う人の悪口を言ったのでは同じ穴のムジナだ。

『キレる! 脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』:怒りの原因を脳内ホルモンで説明すると、ストレスに反応し神経を興奮させる"闘うホルモン"ノルアドレナリン、意思で感情をコントロールして衝撃的な行動を抑える前頭前野の機能低下、脳内に快楽をもたらし理性を働かなくさせるドーパミン、攻撃性や支配欲を高める男性ホルモン・テストステロン、愛着が強すぎるあまり憎しみや妬みの感情も強めるオキシトシン、安心ホルモン・セロトニンの不足だという。対処法として「戦略的にキレるというスキル」=気持ちでキレても言葉ではキレない、面倒な人だと思わせる、ユーモアで本質を伝える、フォローの一言を入れる、相手との間に線引きをする(「私にも非がありますが、それ以上の攻撃は困ります」)、持ち上げてから人格を責めず行動を責める(「あれはないよね~」)、ニコニコしながら主張を通す(アサーション)、日本語の運用力を身に付けるなどが提案されている。言葉こそが、進化の過程で人間につきまとってきたネガティブな本能から人間を解放する鍵になるのだろう。

男性脳・女性脳的な記述については推測の域を出ていないと思うが、原因を脳科学で説明することで、感情の場合分けとその対処方法が模索しやすくなると思った。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはBuddhismです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Book: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー