Bookの最近のブログ記事

『善の根拠』

コメント(0)

著・南直哉。晋山結制の本則『百丈野狐』の関係で、因果についてあれこれ考えているが、そこにひとつの答えを与えてくれる。

仏教の諸行無常・諸法無我・一切皆空を推し進めれば、昨日の私は今日の私ではなくなり、責任の所在がなくなる。また善悪の基準にも根拠がなくなり、時と場合によって入れ替わったり善でも悪でもなくなったりすることになる。しかしお釈迦様は戒律という形で善悪を明確にした。これをどのように捉えるべきか正面から取り組んだ本。「他者から課せられた自己」は無根拠で矛盾と困難に満ちているが、それを受容する賭けに出たとき、善悪の根拠が発生するという見解に沿って、菩薩十六条戒を検討する。

帰依仏:自己の再起動
帰依法:無常・無我・縁起による自己の認識
帰依僧:新しい自己を規定する共同体への加入
摂律儀:=十重禁戒
摂善法:=摂衆生
摂衆生:一方的に自己を課す他者を尊重する/赦す
不殺生:自死しない
不偸盗:布施する
不貪淫:子供をもたない
不妄語:自他の存在構造を護持する
不酤酒:他者に自己を忘却させない
不説過:自己判断で他者を裁かない
不自讃毀他:ナルシシズムをもたない
不慳法財:所有という幻想を脱する
不瞋恚:正しさを一方的に押し付けず関係性を調節する
不謗三宝:新しい自己の根拠を認める

難解だが、安易に仏典の文言に頼ることなく、自己を徹底的に見つめて、終始一貫した思想が展開されている。もしかしたらブッダもこのようにして、一切皆苦から善悪を導き出したのかもしれない。

友原章典著。経済学者がさまざまな論文から導きだされた幸福をデータとして示す。卒業アルバムの女性、メジャーリーグの選手名鑑に載っている選手でデュシェンヌ・スマイル(口だけでなく目元も笑っている)をしているかどうかで追跡調査をしたところ、笑顔だった人のほうが結婚生活に満足しており、長生きをしていたという。作り笑顔でも脳をだましてストレス反応を緩和できる。そんな気のせいではない話が実証的に紹介されており、いろいろなところで話したくなる。ほかにも......

  • 修道女の自伝を調査したところ、ポジティブな感情を多く書いている人ほど長生きした
  • 1回ネガティブな発言をしてもポジティブな発言を5回以上している夫婦は長続きする
  • 楽観的な人のほうが免疫系が強く、ストレスに強い
  • 親が子どもと時間を共有して怖がらせる行為を慎むように指導されたグループは、ストレスに強い
  • マインドフルネス認知療法(呼吸を意識する瞑想を繰り返し行う)は、抗うつ薬治療と同程度の効果がある
  • アクセプタス&コミットメントセラピー(自分の感情を受け入れ、今この瞬間とつながり、自分なりの価値観に基づいて行動する)は信仰がなくても実践できる
  • 幸福は伝播する。知り合いが幸せならば自分も幸せな確率は15.3%、知り合いの知り合いが幸せならば9.8%、知り合いの知り合いの知り合いが幸せならば5.6%上がる
  • 20代では交流の量、30代では交流の質が、成人後期の生き方に影響を与える
  • 社会支援に性差。彼女に助けてもらった男性はストレスが下がるが、彼氏に助けてもらった女性はストレスが上がる
  • 日本では女性の社会進出が遅れているのに、男性より女性の方が幸せと感じている。社会進出が進むほど男性と比べられるからか
  • 生活満足度が高い人のほうが結婚しており(幸せ→結婚)、結婚は加齢などによる幸福感の低下を緩和する(結婚→幸せ)
  • 孤独な人ほど早く亡くなる傾向。社会的孤立により29%、一人暮らしで32%、孤独感で26%死亡率が上がる
  • 宗教による幸せは、教義や儀式によるものではなく、同じ価値観を共有できる人との交流が幸せの源である
  • 宗教が盛んな国ほど信仰心は自尊心を高める。信心深い人が評価されるため。環境が劣悪な国ほど、信心深い人が幸せ。社会支援や生きる意味を受けて生活環境が改善するため(逆に言えば、生活が豊かになることで信仰が幸せに結びつきにくくなる。教会離れ・寺離れ)
  • 宗教が心の健康に良い理由は、ストレスに対処する力を与え、社会性のある行動や規則正しい生活を推奨するから
  • 自制心が強い人は、めったに自制心を使わない。よい習慣を組み入れて、自制心を使うような機会を回避している
  • 他人と長く話していると幸せに感じるが、世間話のような雑談よりも、実質的な会話をしている人はより幸福感が高い
  • グループで昔のことを話すと幸福感が改善する。

回想法は認知機能や気分改善の効果もある お寺の法話の会でいくつか紹介し、回想法を実際やってもらった。小グループで、昔助けられた話や嬉しかった話を、情景を思い浮かべながら感情豊かに話してもらったところ、楽しそうに盛り上がって頂いた。

著・生駒哲郎。蝉丸Pさんのおすすめ書籍に挙げられていた。『沙石集』『今昔物語集』を中心に、戦や敵討ちがあった時代、どのような行いをすると死後どこにいくと考えられてたかを整理している。

  • 三業(現報、生報、後報)は、罪の重さによって変わり、理不尽な殺生などは現報、つまりこの世で受ける仏菩薩の仏罰があると考えられた。敵討ちは、殺害した相手への現報と、殺害された者への鎮魂の意味があったとのこと。
  • 中世での「逆縁」は、子が親より先に死ぬことではなく、悪事が縁になって仏道に帰依するという意味。身代わりになった地蔵菩薩を縛り上げた者が、後で知って発心した話や、狩猟民が動物を神仏に供えた話など。
  • 地蔵菩薩は、熱心に信仰する者に現世で利益を施し、発心する要素をもっていれば宿業があっても地獄の入口で現世に戻すとされた。しかし地獄に堕ちると地蔵菩薩も救いがたく、追善供養によって地獄にいる時間を短縮し、天界に転生させようとした。
  • 畜生道に堕ちる原因は愛欲や執心。子に執心するあまり、周囲が見えず他人に対する慈悲の心が欠ければ畜生道に堕ちる。肉を食べているのを見て、その肉が前世では親だったかもしれないと考える者もいた。
  • 蛤を子供が金堂に持っていったのが元でお寺の犬に生まれ変わり、お寺でお経を聞いていたので牛に生まれ変わり、大般若経の紙を運んでいたので馬に生まれ変わり、熊野にお参りする人を乗せたので人に生まれ変わり、親切にしたので僧侶に生まれ変わり、修行したので高僧に生まれ変わったという説話。お経を読む声は、毛穴から身体に入って遠い将来の菩提の因縁になると考え、仏と縁を結ぶきっかけをもたせて救おうとした。
  • 仏法を名利のために学び、論議の勝敗を競い、怒ったり恨んだりして、奢り高ぶり、迷いの思いが強かった僧侶が、野槌に生まれ変わったという話。
  • 餓鬼は『往生要集』に16種類挙げられており、財や名利を貪る、食べ物を独り占めするなど、前世の悪業の種類によって分けられた。
  • 地獄と餓鬼の衆生は、水を飲ませたりして一時的に正気を取り戻させ、その間に説法を聴かせて救おうとした。地獄・餓鬼は化生であり、前世の記憶をもっているとされたためである。

近年、宗教界は人類平等や差別解消の観点から前世の悪報を説かなくなっているが、このような観念は日本人の奥底に染み込んでおり、完全に免れることはできない。そのまま紹介するのは注意が必要だが、不昧因果、業報の理を効(なら)い験(あき)らめて、衆生の悩み苦しみを取り除く手立てを考えていく必要があるだろうと思う。 『沙石集』は岩波文庫から出ていたので、今度読んでみたい。

著・荒川和久。この頃、婚活や少子化対策に携わって何かもやっとしていたことが解消したように思う。

「結婚規範」(「結婚して当たり前」「結婚して一人前」)が依然として高い日本では、未婚者が自己否定感を抱きがちだが、お見合いと職場結婚によって結婚する意思があまりない人も結婚していた明治から昭和の「皆婚時代」のほうが特殊だったのであり、恋愛できる人は昔から3割前後しかいなかったという。特殊だった一時代を引き合いに出しても仕方がない。それに引きずられず、結婚してもしなくても幸せになれる世の中を考えたほうがよさそうだ。

「結婚というものは、ある種の宗教に近いものだと思っている。未婚者に対して、「結婚しなさい」とおせっかいをするのは、宗教における勧誘の「入信しなさい。救われますよ」と似ていると感じるのは私だけだろうか。結婚を勧めてくる既婚者は、結婚教の宣教師であり、勧誘者なのだ。」

女性が結婚に求めるものとしてここ数年上昇しているのが「経済的に余裕がもてる」、ところが、男性が独身でいる利点としてここ数年上昇しているのが「金銭的に裕福」。「今までの社会的な関係性を放棄してもいいくらいの経済的余裕がなければ、女性はあえて結婚するメリットがない」「男性が結婚しないのは、自分のために金を使いたいから。」世知辛いなどといってはいけない。これが経済が停滞し、給与が上がらない日本の現実なのだ。専業主夫(男性の第3号被保険者)も増えているとはいえ、11万人。減少しているという専業主婦930万人に比べれば1%ぐらいしかいない。

結婚しても、離別や死別は普通にある。高齢化と晩婚化もあいまって生涯ソロ生活期間は、この30年で男性が20.3年から28.8年に、女性で27.7年から33.9年に増えたという(15歳未満までは除外)。配偶者がいても、20~30年は独りで暮らさなければならない。配偶者に頼りきりで自立できていないことはリスクが伴う。

筆者は孤独がいいと主張しているのではなく、自己決定して「ソロで生きる力」を前提に、多くの人とつながって孤独ではないと思える生き方を勧める。ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領が述べた「考え方の家族」。家族のあり方が多様化する中で、血縁にとらわれない結びつきを模索できたらと思う。何年もうちに来てくれているボードゲーム仲間たちは、ちょうどそんな感じだなあと思う。

著・川合伸幸。

比較認知科学の知見から、ヒトのヒトに対する攻撃性と、共感し援助する性質という矛盾を解明する。後者の理由としては攻撃性の高い個体が社会から放逐され、穏やかな人のみ子孫を残せたという「自己家畜化仮説」と、暴力を抑制する理性が加速度的に高まってきたという説がある。

  • 人は尊敬し称賛している人にいわれるほうが、自分の行動により強く責任を感じる。子どもに罰を与えるときには品位を損なわないよう、批判的・懲罰的・侮辱的な言葉をなるべく使わない(模倣学習)
  • 男性は魅力的とされた女性の写真を見ている時、戦争に対して肯定的な回答をする。女性は男性の写真に対してそのような態度は示さない。向こう見ずな行動は、女性に対して将来生まれてくる子どもを守る力があるとう信号ではないか(男性の攻撃性)
  • 4歳児の女の子たちにぬいぐるみをひとつだけ置くと、そのぬいぐるみを手にした女の子をほかの女の子たちは仲間はずれにしたが、男の子の場合は直接奪いに行った(女性の攻撃性)
  • 刑務所のセットで看守と囚人に分かれて演じる実験をしているうち、看守役がどんどん残虐化した監獄実験。秩序を乱すものに集団を代表して罰を与えるという正義感の怖さ(人間の残酷さ)
  • 4つのグループに5ドル/20ドルを与え、自分のため/他人のために使うよう指示したところ、幸福感が高かったのは金額を問わず、他人のために使ったグループだった。他人にお金を与えたとき、脳ではお金をもらったときと同じ領域が活性化する。しかも強制的に徴収されるよりも、自発的に寄付したほうが活動が高い(与える喜び)
  • 協力的なチンパンジーと独占的なチンパンジーのどちらかをパートナーとして選ばせると、ほかのチンパンジーは協力的なほうを選ぶ。結果、独占的なチンパンジーは食べ物を得る機会を失う(分配への寛容)
  • 他人が痛みを感じるのを見ているときには、自分が痛みを与えられたときと同じ脳の領域が活動する。しかし相手が公正でない人物だと分かると、あまり活性化しない。それどころか男性は快感と関係した報酬領域が活動する(共感)

人は生存と子孫を残すために集団から仲間はずれにされることを極端に恐れ、自分が正しいと思っていなかったことでも他人の考えに同調し、その結果としていじめや攻撃も辞さなくなったという。いじめは本能に根ざした根の深いもので、人間が社会的な生活を続ける限りなくすことは不可能といえる。その前提に立って、穏やかで理性をもち、人の痛みに共感し与えることを喜べるようになるにはどうすればよいか、考えてみようと思う。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはBuddhismです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Book: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー