Book: 2008年7月アーカイブ

『坊主のぼやき』

コメント(0)

むちゃくちゃな生活を送ってきた作家が、体調を崩したのをきっかけに人生にリセットをかけようと僧侶になった。人里離れたところで心静かに修行に励む、なんていう理想とは裏腹の現実が待っていた!

まず最初のハードルは正座だったという。様式の生活で3分ももたないのに、僧侶は30分くらい当たり前。道場ではそれっきりだった。

道場を出てからは今度は法事や葬儀の忙しい日々が待っている。説教を始めると2,3分でもう誰も聴いちゃいない。でもやがて仏教や念仏で救済された人との出会いを通じて、自分なりの仏道実践を見つけていく。

「ぼやき」というタイトルとはかけ離れた、卑屈なまでの低姿勢ぶりが、上から目線で話してしまう典型的な僧侶と一線を画していて読み物として楽しめた。もっとも、それは作家としてのレトリックなのかもしれない。

葬儀の過剰なイベント化(孫の手紙などの泣かせ演出)に釘を刺しつつ、法要の力・美しさ・荘厳さをもっと磨かなければならないという意見、葬儀は生きている人のためと言い切る態度、祟りの否定など、すがすがしさもある。ただし葬儀のお布施が高いのは僧侶が全生涯をかけて行うからというのはいささか詭弁という気もしないではない。

僧侶の生活とお寺の仕組みをネガティブな視点も交えつつ説き明かす書。

第1章では肉食妻帯高級車、日本の僧侶がどうしてそんなふうになってしまったのかを建前と現実から説明。第2章は檀家制度と寺院運営について説明し、宗教法人としての課税・非課税の線引きを探る。第3章ではお葬式についてでお金のかからない自宅密葬の提案など。第4章ではお墓の今を見る。

第5章の本末制度と第6章の13宗57派では各宗派の問題点や改革の道筋などを考え、運営への平等な市民(檀信徒)参加を呼びかける。第7章では仏教再生に取り組む活動を紹介する。そして第8章では宗教法人法をもっと厳しくする、介護系のNPOを立ち上げるなどの提言を行う。今のお寺の凋落は僧侶だけの問題ではない。一般の人とともに新しい活動を模索していかなければならない。

既存の書籍の受け売りが多数という感じがなきにしもあらずだが、京都景観論争の結末、大阪・応典院の若者向けプログラムや現代仏教化ファイル、死後のことに関する生前契約を扱うNPOりすシステムなど現代の事例が紹介されていたのがよかった。

『察知力』

コメント(0)

体格でも足の速さでも劣る中村選手は、味方や監督が試合中に何を求めているか「察知」し、それに対応する技術を磨くことでこれまでやってきた。そんな中村選手のこれまでとこれから。

中3のとき、チームが変化して組織的なプレイが求められていたのに気づかずひとりよがりなプレイを繰り返してユースチームから外されてしまった「トラウマ」が今につながる原動力だという。満足感・達成感をもたずにひたすら危機感を持ち続けること。自分には何が足りなくて、何が必要なのかを考えること。失敗をその後の未来に活かすこと。

「サッカーノート」を作り、短期(1年後)、中期(3年後)、長期(それ以上)の目標を書いておく。目標を設定してクリアするのはRPGみたいなものだという。楽しくなければ続かないものだ。ただし、それは楽なほうに逃避するということではない。未来の自分、なりたい自分を想定し、そのために必要な環境を選ぶこと。外国人が苦労するといわれるセリエAの下位チームに所属していたのはそういう理由だったという。

そして「察知」に次いでよく使われるのが「引き出し」という言葉。積み重ねた経験から生まれる対応力のことである。「たくさんの引き出しがあると、自分を信じることができるから、相手が誰でどんな場面だろうと、妙なプレッシャーを感じることはない。」「しかし、体験しただけじゃ引き出しは増えない。その体験を未来にどう活かすか、足りないことを補い、できたことをもっと磨く、そういう意識がなければ引き出しは生まれない。」(p.62)

「察知」とはいえ、日本人の察する文化には同意していない。「でも、日本人はあまり言い合わない。高いレベルの選手同士なら、要求し合うのも当然のことだと、受け止めることができるだろうけれど、多くの場合は違う。中には、要求されたことを、「怒られた」と感じてしまうことも多いと、聞いたことがある。(中略)何も言わないよりは、言ったほうがいい。何か言うことで、言われた選手は意識し始める。」(p.147)

中学生の作文みたいな構成ではあるが、それがかえって著者の意志の堅さを物語っていて気迫が伝わってきた。

『賭ける魂』

コメント(0)

競馬、カジノ、麻雀……若い頃からギャンブルにどっぷり浸ってきた植島教授の半生記。世界のあちこちでギャンブルに興じてきた思い出を振り返り、そこから人間の強さ・弱さを透徹した目で掘り下げる。

著者いわく、日本人はギャンブルを特別悪いことだと教えられてきたが、今や貯蓄思想はすっかり破綻してしまっている。中国人が2年間屋台を引いて200万貯めたらためらうことなくカジノにでかけ、500万にする賭けを打つ。勝てば翌日から店をもつことができ、負ければまた2年間屋台で働く。そういう割り切り方が日本人にはできない。日本人は負けを怖れすぎている。失うのを怖れているくせに、現状にもまた不満を抱いていることで、心が病む。負けることで得られるものは大きい。自分自身を発見する秘訣が隠されている。

ギャンブルは完全な運ではない。「何かを信じても勝てるとは限らないが、何かを信じないで賭ける人間はほぼ100パーセント負けてしまうのである。」また世間では運よりも実力で勝負すべきという考えがあるが、実力はつかうと確実に減る。だからギャンブラーは実力を温存し、なるべく運で勝つように心がけるのだという。「実力で勝つうちは二流」(p.55)というのは至言。

遊びをほどほどにするよりも、ほかのムダな時間を徹底的に排除したほうがよい。「遊んでいると自覚しているムダな時間のほうが、仕事をしていると錯覚しているムダな時間よりもはるかによい。(p.93)」同じく「仕事ならバカでもできるが、遊びはバカにはできない。(p.125)」

競馬で勝つ秘訣は、超大穴を見つけることである。そのためには負け続けても挫けない精神をもたなければならない。「ギャンブルの勝ち負けなんて死んでみなければわからんということである。(p.137)」

ギャンブルに否定的な日本で生きてきた著者の自己正当化を書き連ねただけなのかもしれないが、道楽人の見方は何かほっとするものがある。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBook: 2008年6月です。

次のアーカイブはBook: 2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー