Book: 2009年1月アーカイブ

日本人は無宗教を恥じることはない。むしろどんな宗教も分け隔てなく接するという寛容さは日本人の美点であり、宗教が対立を生む現代においては大きな価値になるから自信をもて、という本。

成田山のようにたくさんの参拝者が訪れる宗教施設は世界のどこにもないし(成田山1300万人、メッカ500万人)、観光に神社や寺院はつきものである。大いに賑わう元旦の初詣も、冠婚葬祭のいずれもが立派な宗教行事である。しかし日本人にはその自覚がない。それは神道、仏教、さらにキリスト教を択一でなく信仰している現状と、そして宗教というのはイスラム教のように生活を変えるほど何かを拝むものだという観念から来ている。

この原因には、長い年月を経て形成されてきた神仏習合に基づく文化、明治政府が「神道は宗教にあらず」として国民全体の習俗や道徳に位置づけようとしたこと、創価学会の強硬的な折伏やオウム真理教の事件への警戒感が強まったこと、また個人よりも社会を優先するべく「こころ」をひとつにするために無私や無心というような「無」に価値を置いてきた国民性があるという。

そして現代、9.11事件を引き起こしたイスラム原理主義や宗教間の対立が世界中で際立つ。これが本当は教義の対立ではなく利害の対立であることは、十字軍、法華一揆、一向一揆という歴史からも明らかであるが、宗教はどうしてもその看板になりやすい。

そこで日本人が取る無宗教(無の宗教)は、社会に宗教的対立を生まないために重要になってきている。これから日本は外国人にとって魅力的な国として、自国の文化を発信していけるだろう。

出家の制度が崩れたことを堕落ではなく無宗教の流れと捉え、階層を作らずに継続していけることを評価する。原理主義によって排外主義・非寛容や暴力を生むよりもずっとよい。

終章のJUniverse(日本が無宗教によって異文化を受け入れ、世界全体になっていく)など日本賛美すぎるところはついていけないが、無宗教という側面から見た宗教史的な考察はとても興味深く、混迷する仏教の未来を考える上でも示唆に富んでいる。

この頃メールへの信頼が落ちている。送ったのに届いていない、送ってもらったのに受け取っていない。ミクシィのメッセージのほうがよほど確実だ。毎日いくら迷惑メール報告をしても次々と舞い込む新しい迷惑メール。インターネットはいったいどうなっているのか気になってこの本をとった。

本のタイトルの答えはいかがわしい業者(資金が足りないか、放送倫理に抵触するものを取り扱う)がほとんどで、あとは詐欺師、怨恨を持っている人である。どうしてこんなに迷惑メールが多いのかというと、送信コストがかからないのに引っかかる人が多い(あるアンケートではクリック率39%と)からである。

来るもの拒まずで架空アドレスからでも確認せず受け入れてしまう「人のいい」メールサーバ、どうしてもグレーゾーンが残るために迷惑メールを防止しきれない改正特定商取引法などの法律はいずれも迷惑メールを防いでくれない。サーバのチェック機能やデジタル署名など新しい仕組みも用意されているようだが、それも同様である。厳しくすれば、必要なメールまではねられてしまうからである。

一番は情報リテラシということになる。本書で「秘伝・迷惑メール対処法」というのはメールアドレスを公開しない(あるいは@マークを別の文字で出す)、捨てアドレスを使う、NGワードで排除、HTML形式のメールは避けるなどのありきたりなものばかりだが、結局それくらいしかないんだろうなというのが結論か。

「もう死にたい」「この世から消えてしまいたい」……特に理由もないのに人生が苦しいと感じている人へ、仏教からどういう答えができるかを真剣に探る書。お坊さんの本というと、説教じみたものを想像して嫌がる方もいると思うが、そういった抹香臭さは微塵もない。

釈尊や道元禅師の教えを土台にしつつ、僧侶が陥りがちな仏教用語のマジックワードを排し、自分自身の言葉で語ろうとしている。それだけでなく、小さい頃から生きがたさを感じた結果に出家した筆者自身の悩みが共有されており、上から目線ではない。さらに、僧侶が避けて通りがちな現代の問題にも積極的に意見を述べている。

「オンリーワンはナンバーワンよりきつい」では、石ころでなく花、しかも花屋の店先に並んだものという選択を経ていること、またそれを特別だと認めてくれる人がいないと意味がないという。価値を認められたい自分が寂しく、また虚しい。無差別殺傷事件の犯人も、身の回りの悪いことを死者の祟りと考える人も、自殺を図る人も、このあたりの空虚さを起点にして考える。

この世に生まれてきてしまったのは、誰のせいでもないし自分の責任でもない。自分には生まれながらの価値などなく、この生という事実を引き受けようと覚悟を決めたときにはじめて、価値が生まれる。

信仰は神仏との取引ではないというのは至言。宗教家とは、悩める人の漠然とした「問い」を言葉で言い表せる「問題」に変えていくのが仕事であるという。

「信じる」ことは「賭け」だというが、それはギャンブル中毒の原因である「瞬間的な自己解除」を伴うのだろうか。筆者は何度も死ぬことを考えてきたのに、釈尊や道元を読んだ結果、生きるほうに賭けたというが、その決定には覚悟がある。これは、主体も責任も放棄することで快感を得られる「賭け」とは異なるのではないだろうか。

語り下ろした内容をまとめるという構成のため、内容が行ったり来たりしているが、心に響く言葉がたくさんあった。

このアーカイブについて

このページには、2009年1月以降に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBook: 2008年12月です。

次のアーカイブはBook: 2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー