Book: 2015年6月アーカイブ

『嫌われる勇気』

コメント(0)

アドラー心理学ものは初めてですが、「課題の分離」(他は是れ吾にあらず)や「他者貢献」(同事行)などはこのごろよく考えていたことなのでしっくりきました。「今、ここを生きる」という結論が非常に仏教的です。人間関係を優劣のある縦の関係ではなく、仲間としての横の関係で捉え、人を評価しないという考え方はまさしく大乗仏教の理念です。上から目線の「偉いね」「すごいね」ではなくて、同じ目線の「ありがとう」「助かったよ」。早速子どもたちへの接し方にも影響を与えています。

魚川祐司著。

仏教は人間として正しく生きる道ではなく、「異性と目を合わせないニート」(生殖と労働の否定)になって苦からの解脱を目指す教えと捉え、日本仏教では軽視されがちな解脱を中心に据えて、そこまでの道のりと、その後の状態、そしてブッダが説法を始めた理由を考察しています。仏教のウィークポイントである無我と業の主体の解決から、初期仏教から大乗仏教、さらに禅宗への橋渡しまで、東南アジアの教説や西洋哲学の概念も用いつつ明解に説かれていて、興味深く読むことができました。法華経如来神力品や参同契と重ね合わせて参究できたように思います。

このアーカイブについて

このページには、2015年6月以降に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBook: 2014年6月です。

次のアーカイブはBook: 2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー