Book: 2017年6月アーカイブ

主張内容は前著『子どもが減って何が悪いか』(http://www.tgiw.info/weblog/2007/02/post_363.html)と同じで、少子化対策を進めれば進めるほど「生活期待水準」がどんどん上がり、その結果子どもは増えないという意見です。その後10年以上さまざまな反論を受けたと見えて、統計を細かく丁寧に説明しています。

今できることとして、不必要に煽らないこと、少子化対策を政争の具にしないこと、福祉支援・経済対策を少子化対策の名のもとに行うことをやめることを提案。私も近頃、行政による婚活支援が「少子化対策として」行われていることに違和感を感じていました(婚活支援自体は賛成です)。結婚している人もしていない人も幸せになれる社会においてこそ、やっと子どもが増えてくるというわけです。

興味深かったのは筆者が紹介するブログ「KYの雑記帳」の「男女平等、格差対策、少子化対策のトリレンマ」。女性がハイパガミー(経済的・社会的に自分より優位な人との結婚を求める傾向)を望んだまま、男女共同参画が進んで経済的・社会的に肩を並べると、男性下層と女性上層が結婚相手を見つけにくくなり、少子化が進みます。ハイパガミーを放棄しない限り、男女共同参画と少子化対策は原理的に両立しません。この事実はショックでした。「逆転婚」や「ジモ婚」といった多様な結婚のあり方を紹介しても果たして、ハイパガミーは放棄できるのでしょうか。

元も子もない話が多いですが、読んでいて励まされたのは、第2子を生むか生まないかは社会的・経済的諸条件に依存せず、他の夫婦の子ども数の影響を相互に受けるという見解。地元で親同士で飲んで「もう1人どう?」とか冗談交じりで言いあうのが意外に役に立っているのかもしれません。もうひとつは、都市規模別子ども数で、10万人未満の都市に居住する女性の子どもの数が平均1.92人と、大都市よりはるかに多いという調査結果。「大都市や拠点都市よりも、小規模市町村のほうが子どもを産み育てやすい」といいます。確かにほどほどに不便で、「生活期待水準」もあまり上がらず、同年代のソーシャル・キャピタル(社会関係資本)が潤沢な今住んでいるところが子育てにはいいんだなと実感できました。

修証義(新)私家製のお経本『修証義』が出来上がりました。今回は全章の現代語訳を収録。正確さよりも分かりやすさ・読みやすさを心がけて訳しました。その他に慈経・慈悲の瞑想と、供養編の御和讃4曲が入って62ページ。

もくじ
・慈経
・慈悲の瞑想
・修証義 全章(現代語訳)
・追弔御和讃
・新亡精霊供養御和讃
・追善供養御和讃
・報恩供養御和讃

すでに法事では使い始めています。一周忌に第一章、三回忌に第五章、七回忌に第四章というように配分して、一緒に読んでいます。

洞松寺オリジナル経本はB6サイズ62ページ。ご希望の方には実費(1冊300円+送料)で頒布します。お申し込みはhourei@e.jan.ne.jpまで。檀信徒の皆様にはお正月の御年始で配布予定。

修証義(新)内容

このアーカイブについて

このページには、2017年6月以降に書かれたブログ記事のうちBookカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBook: 2017年1月です。

次のアーカイブはBook: 2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー