Buddhismの最近のブログ記事

達磨さまの創作話

コメント(0)

『達磨大師御和讃』の歌詞が気になって柳田聖山『ダルマ』(講談社学術文庫)を読む。歴史上の人物ということは間違いなさそうだが、禅宗に伝わる逸話は後世の創作のようだ。末木文美士先生が何かの本で禅宗の成り立ちについて仰っていたのはこのことか。

これらを踏まえて、改めて『正法眼蔵』25や『伝光録』28に説かれる達磨大師の話を読んでみたいと思う。

  • ペルシャ出身で、493年に遷都した北魏・洛陽を訪れ、永寧寺の9階建ての塔を賛嘆した(『洛陽伽藍記』)。
  • 南天竺の出身、バラモン王の第三子で、辺境の国での仏教の衰えを心配して中国にやってきた。弟子は道育と慧可のみ。壁観と四行を説く(『二入四行論』)
    →この2つが最古で、史実に近そう。
  • 梁の武帝と対面し「廓然無聖」「無功徳」や「不識」といった名言を残す。
    →この話の初出は没後200年の『菩提達磨南宗定是非論』。南宗禅の神会(670-762)が、北宗禅と違って権力におもねない立場を明らかにするために創作。
  • 子供の頃、父王が般若多羅尊者に贈った宝珠を見て、兄たちは宝珠を褒めたが、法の宝・知恵の輝き・心の明るさにまさるものはないと言った。
    →この話の初出は没後500年の『宗鏡録』『伝灯録』。『二入四行論』に出てくる明珠の話を脚色したか? 般若多羅尊者の存在自体も没後300年に編まれた『宝林伝』が初出で創作らしい。
  • 「面壁九年」は、壁観の誤解から生まれた逸話。壁観とは、壁のような心で坐禅をするということであって、壁を観ることではない。
  • 「慧可断臂」は、慧可の弟弟子で『二入四行論』を編んだ曇林が、経典や仏像を守ろうとして賊難で両臂を切断された話が転化(これはWikipedia情報)。
  • 『二入四行論』では、四つの実践=報冤行(忍辱)、随縁行(禁欲)、無所求行(無執着)、称法行(菩薩行)が重要だが、あまり知られていないのは普通すぎるからか。

削減経

コメント(0)

『削減経(中部経典8)』を読解。悟りを開くために削減すべき悪を44項目列挙している。44項目の内容は十善法戒(殺生~邪見)、八正道(邪見~邪定)、心所法(大煩悩地・小煩悩地・大不善法地・不定地)ですが、そういった分類をせずに並べてあるところが面白いと思った。

十善法戒の最後と、八正道の最初が「正見」で共通しているのも、このお経での並べ方を見ると納得できる。

44項目には八大人覚に通じるものも多く、また最後はまるで『遺教経』のような書き方だ。考えてみれば「放逸を捨つること」という教えは、お釈迦様が臨終時だけでなく普段から口を酸っぱくして仰っていたのではないだろうか。

「チュンダよ、このように私は、諸悪を削減する方法、向上の心を起こす方法、諸悪を避ける方法、上の境遇に行く方法、諸悪が消滅する方法を示した。およそ声聞弟子たちの利益を願い、憐れみをもって師匠がなすべきことを、私は君たちのためになしたのだ。木の根元であれ、空き家であれ、君たちは禅思して、決して放逸であってはならない。後になって後悔する者となってはならない。これが君たちに対する私達の教誡である。」

削減経の44項目:悩害、殺生、盗み、不貞、嘘、中傷の言葉、粗暴な言葉、飾りの駄弁、貪欲、怒りの心、邪悪な見解、邪悪な思惟、邪悪な言葉、邪悪な行為、邪悪な生活、邪悪な努力、邪悪な思念、邪悪な精神統一、邪悪な智慧、邪悪な解脱、落ち込んだ心、浮ついた心、疑い、怒り、恨み、隠蔽、欺瞞、嫉妬、物惜しみ、狡猾、たぶらかし、強情、過度の慢心、難渋な言葉、悪い友、放逸、不信心、内心への恥(慚心)、外部への恥(愧心)、少聞、怠惰、思念の忘失、劣る智慧、自分の見解・立場への執着

楞厳呪

コメント(0)

修行中に道場でよく読まれている楞厳呪の読解。長い陀羅尼だが、本文は結局最後の「オン オノリ ビシャーチイ ビラホジャラトリー ホドホドニー ホジャラーホニ ハン クキ ツリョヨウハン ソモーコー」だけである。お釈迦様の頭上から放たれる白傘蓋の仏頂尊の光によって、神々をひれ伏させ、修行を妨げようとする敵対勢力の呪詛によって引き起こされる病や害虫・害獣などを退けるという内容だ。

陀羅尼は漢字音写+日本の音読み+長年の読み癖のため訛り方が半端ないのだが、楞厳呪は特にひどく、これではもはや通じないのではないかというレベル。特に「フーン(हूँ)」が「虎𤙖(クキ)」になっているのは致命的ともいえる(中国語読みだとhǔ xīnなので割と近い)。これで何百年も読み続けられてきたわけですから今更なのかもしれないが、息を吐くように「フーン」と発声すると坐禅の調息のようで、「クキクキー」とは違った心境になれる。

「オーン アナレー ヴィシャデー ヴィーラヴァジュラダレー バンダバンダネー ヴァジュラパーネー パット フーン トルーン パット スヴァーハー」

これを調べたのは、昨年に引き続き、大本山総持寺で修行僧対象に陀羅尼について講義してくることになったのが縁。大悲心陀羅尼のほか、荒神真言、楞厳呪、消災妙吉祥陀羅尼を梵漢日対照で用意した。

サンスクリット語が漢字で音写されて、その漢字が日本の音読みで読まれ、長い年月を経て変化していくさまは、宝剣に譬えられるかなと思っている。切れ味も輝きもあった宝剣に、見よう見まねで模造品が作られ、しかも何百年も使っているうちにすっかり摩耗し錆びついてしまったと。そのままでも使えなくはないし、新品に取り替える手間もかかるし、取り替えてももう使いこなせないかもしれないので、そのままにしているが、もし機会があるならば、もともとの宝剣がどのようなものであったかを見ておくだけでも意義のあることではないだろうか。

或時んば、 則ち宝剣と作って殺活自在

ryogonshu.JPG

『正見経』(中部経典9)を講読。十二支因縁(①無自覚(無明)②本能(行)③分別(識)④事物(名色)⑤感覚器官(六入)⑥対象との接触(触)⑦感受(受)⑧渇愛(愛)⑨執着(取)⑩輪廻(有)⑪誕生(生)⑫苦しみ(老死))の最終的な結果である老死の苦しみから、原因、原因の原因と遡るかたちで説かれている。

ことは誕生から始まる人生の苦しみという実存的な問題から始まり、感覚器官と対象の接触による感受・欲望・執着という認識論、さらに本能による分別で事物が作られるという存在論、そして最終的には真理の無自覚という宗教的なテーマへ。このように視点がどんどん変わっていくところが、十二支因縁の理解を難しくしている。

『正見経』ではさらに無明の原因として煩悩を設定し、無明の原因は煩悩、煩悩の原因は無明と循環させているところも考えさせられた。

無明の眠りの夢覚めて 尊き身をば今ぞ知る(御授戒御和讃)

合葬墓への懸念

コメント(0)

朝日新聞:安価な合葬墓、寺院は懸念「人生の価値考えるとひどい」

秋田市が1500体分、1体17000円の合葬墓を整備。これに対し「人生の価値考えるとひどい」という市内の寺院は、20万円から永代供養を受け付けているという。

間違ったことは言っていないとは思うが、この記事の書き方では、寺院のコメントが自分の利益を守ることが動機になっていると思われて説得力を削がれてしまう。このような論法は、人格攻撃の詭弁である。

厳密には、合葬墓の使用料と、永代供養料は異なる。永代供養には合葬墓の使用、位牌の預かり、お盆・彼岸・年回忌の供養の委託、寺院護持費の前払いなどが含まれる。洞松寺では、その家その家の状況に応じて話し合い、これらを組み合わせていくというやり方を取っている。例えば合葬墓に納骨しても、家族が元気なうちはと法事をその都度行い、護持会費も毎年納めるという方もいらっしゃる。

合葬墓に入れればそれで終わりというわけではないのだが、それで終わりにしてもかまわないと考えている方が増えているのも事実で、現に檀家さんでない方が合葬墓に納骨だけしていくという場合も時々ある。このようなケースはもっと増えていくだろう。

墓じまいの需要が増えている背景(家族観・死生観の変化、働き方の多様化、少子高齢化)に目を向ければ、そこに悩みや不安をもっている方々にどう向き合うか手腕が問われるところで、頬かむりをしてけしからんとか言っている暇はない。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBuddhismカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBookです。

次のカテゴリはDiaryです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Buddhism: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー