Buddhismの最近のブログ記事

十六善神

コメント(0)

大般若会では、中央正面に「十六善神図」という掛け軸をかけ、読経の前に礼拝する。この十六善神とは仏法を守護する16柱の神様たちで、掛け軸では鎧を着て武器を持つ。名前はサンスクリット語で、見たこともないような難しい漢字で音写されている。「インダラ神王」はインドラ(帝釈天)で、「クベーロ神王」はクベーラ(毘沙門天)であろうことは予想していたが、このたび説明を頼まれたので改めて調べてみた。

十六善神といってもいろんな組み合わせがあるようだが、大般若会で礼拝されるのは『陀羅尼集経』第三に説かれる「十六大夜叉将」。夜叉とは人を食べる恐ろしい鬼神だが、お釈迦様に帰依して仏法を守護するようになり、天龍八部衆のひとつに数えられている。しかしひとつひとつ見ていくと、全部が夜叉ではない。

①達哩底囉瑟吒/提頭頼吒神王(ダイズラダじんのう) धृतराष्ट्र/Dhrtarāshtra/ドリタラーシュトラ
持国天。四天王、東方守護

②禁毘嚕神王(キンビロじんのう) कुम्भीर/Kumbhīra/クンビーラ
金毘羅。ガンジス川の水運の神、薬師如来十二神将の筆頭。鰐、日本では蛇型。十二神将

③嚩日嚕神王(バサロじんのう) वज्र/Vajra/ヴァジュラ
金剛力士、仁王、執金剛神。金剛杵を執って仏法を守護する。十二神将

④迦尾嚕神王(カビロじんのう) कपिल/Kapila/カピラ?
聖仙?

⑤彌覩嚕神王(ミャキロじんのう) मिहिर/Mihira/ミヒラ
太陽神? 十二神将

⑥哆怒毘(ドンドビじんのう)神王 दण्डवत्/Dandavat/ダンダヴァット?
大軍勢を持つ者?

⑦阿儞嚕神王(アニロじんのう) अनिल/Anila/アニラ
風神(ヴァーユ)。原人プルシャの生気から生まれ、帝釈天と共に空界を占める。十二神将

⑧娑儞嚕神王(シャニロじんのう) शाण्डिल्य/Śāndilya/シャーンディリヤ
聖仙? 十二神将

⑨印捺嚕神王(インダロじんのう) इन्द्र/Indra/インドラ
帝釈天。金剛杵をもち雷を操る神々の王。十二神将

⑩波夷嚕神王(バイロじんのう) पज्र/Pajra/パジュラ
月の神? 十二神将

⑪摩尾嚕神王(マクロじんのう) महोरग/Mahoraga/マホーラガ
摩睺羅伽。帝釈天配下の大うわばみ。天龍八部衆、十二神将

⑫嬌尾嚕神王(クビロじんのう) गुपिल/Gupila/グピラ?
守護者?

⑬眞特嚕神王(シンダロじんのう) किंनर/Kimnara/キンナラ
緊那羅。美妙な音声をもち歌舞をなす帝釈天配下の楽神。天龍八部衆、十二神将

⑭嚩吒徒嚕神王(バタドロじんのう) भट्टधर/Bhattadhara/バッタダラ?
王の維持者?

⑮尾迦嚕神王(ビカロじんのう) विकराल/Vikarāla/ヴィカラーラ
ドゥルガー。3つの目と10ないし18本の腕を持つ戦いの女神。十二神将

⑯倶吠嚕神王(クベイロじんのう) कुबेर/Kubera/クベーラ
毘沙門天/多聞天。富と財宝の神、夜叉族の王、北方守護。四天王

※神王は『陀羅尼集経』第三では「大将」
※謎の神様の梵名は梵英辞書から推定

伝記では、十六善神は十二神将+四天王とされているが(『塵添壒囊抄』)、実際は一般的な十二神将から10柱、四天王から2柱で、あとの4柱は謎の神様である。十六善神に入っていない十二神将は安底羅大将(Andīra アンディーラ)、招杜羅大将(Catura チャトゥラ)、十六善神に入っていない四天王は増長天(Virūdhaka ヴィルーダカ)、広目天(VirūpākSa ヴィルーパアクシャ)、十二神将でも四天王でもない十六善神は迦尾嚕神王、哆怒毘神王、嬌尾嚕神王、嚩吒徒嚕神王。

掛軸での配置については「金剛智の図式は中央に釈迦牟尼仏を安置し、その左右両辺に文殊と普賢、法涌と阿難、玄奘と深沙大将を相対せしめ、更にその左辺の上より順次に提、禁、嚩、迦、彌、哆、阿、娑の八神、その右辺の下より順次に印、波、摩、嬌、眞、嚩、尾、倶の八神を列すと云い、このほかまた常啼、迦葉を図するものあり(『名相問答録』)」とあり、左上から下に行き、右下から上にいくという順序になっている。とはいえ実際にはどれも同じような姿・持ち物で区別しにくい。お寺さんで、掛軸や理趣分品の経典に十六善神図があったら改めてご覧頂きたい。

利行は一法なり

コメント(0)

今年のお盆も無事に終わった。正座しすぎて、夕方には伸ばすと膝が痛いという状態。寝ているうちに自然に膝が曲がって、形状記憶合金みたいだ。行く先々でお茶だけでなく寒天や煮物などを頂くので、夕食が要らないくらいである。

お経を読みながら、お盆で生きとし生けるものを供養することは、自分の幸せ感にもつながるということを考えていた。

  • アメリカのスタンフォード大学の実験で、慈悲の瞑想を行っているチベット僧の脳の状態をMRIで調べたところ、幸福ホルモンと呼ばれるセレトニンを分泌する部位の活性度がマックスになったことが分かった。
  • カナダのブリティッシュコロンビア大学が630人以上のアメリカ人に調査したところ、どのくらいの収入があるかに関わらず、他の人のためにお金を使う人は自身の幸福度を高く評価していた。
  • カナダのサイモン・フレーザー大学の実験で、2歳未満の幼児を観察したところ、お菓子をもらうことより、与えることの方に喜びを感じ、さらに単にお菓子を与えるより、自分の持ち物を分けるときの方が喜びが高かった。

人間には利他的な行動が遺伝子レベルでプリセットされているのではないかとのこと(石川善樹『友だちの数で寿命はきまる』)。お経の後のお茶飲みでも、そこにいない方の心配をしていると、その人にとっては余計なお世話かもしれませんが、少なくとも話している人たちは幸せな感じになった。

「利行は一法なり あまねく自他を利するなり」(道元禅師)

二段階の供養

コメント(0)

お盆の行事は、ブータ・ヤジュニャ(バラモン教)、盂蘭盆会(仏教)、中元普度の祭(道教)が入り混じった行事だ。生きとし生けるものを供養し、そこで生まれた多大な功徳で、亡くなった親を供養するという二段構えになっている。

お盆飾りはその第1段階である生きとし生けるものの供養。精霊棚も掛ける供物も、祖霊を祀る仏壇(祠堂)の外に設置されており、先祖以外も家を訪れる前提で行われているように思う。

このことから、今年の棚経の回向では故人の戒名や先祖代々だけでなく「六親眷属、七世父母、有縁無縁三界万霊、法界含識」と広げて読み込むようにした。古い仏様の法事などでも、お盆でお迎えするのは自分が知っている人かどうかといえば、知らない人が大半ではないかというお話をしている。

ブータ・ヤジュニャ:バリ(神々に捧げる料理の一部)を撒いて徘徊する生き物や動物など一切の生き物に献供する。バラモン教が推奨する家長の務めとしての五大供犠(ブラフマン、祖霊、神々、生き物、特別客)のひとつ。日常的に行われる。

盂蘭盆会:僧自恣/鉢和羅/プラヴァーラナの日(雨季の集団生活が終わってめいめいに旅の修行に出る7月15日)に、信者がご馳走をふるまい、その功徳を亡き父母に捧げる行事。盂蘭盆はこのとき出される「ご飯をのせた盆」のこと(辛島説)。

中元普度の祭:地官(道教における大地を司る神様)の誕生日である7月15日に、村ぐるみで孤魂(祀り手のいない霊魂)を救済する行事。故人に功徳を積ませることと、身寄りのない亡者の気をそらすため。

今年の棚経の道中は嘉門達夫の『HEY! 浄土』を聴いている。『墓参るDAY♪』がお気に入り。

檀家さんの家でお盆礼の先客。「車動かしておきますんで、鍵貸してください」エンジンを掛けると『タンバでルンバ』が大音量で流れてきたはず。

♪ 人が死んだら行く霊界どこにある タンバ

舎利礼文

コメント(0)

得体が知れなくてなかなか手を出せなかったお経『舎利礼文』を読解。注意深く読んでいくと、三身説のようなものや、修証義の発願利生に通じる教え、そして般若心経の呪願文も含まれていることが分かります。


最上の敬意をもって礼拝いたします。ありとあらゆる優れた徳を具えたお釈迦様を。

現実に姿を現しているお釈迦様のご真骨と、その本体である永遠の真理のお姿と、その真理を象徴する仏塔(ストゥーパ)の三つを我々が礼敬するとき、お釈迦様は我々のためにその真理のお姿を現し、我々の中に入ると同時に、我々もお釈迦様の中に入るという、お釈迦様と我々の出会いが成就します。

こうしてお釈迦様が我々の信心に応えて護って下さるので、我々は必ず悟りを完成します。すなわち諸仏諸菩薩や神々と同じ勝れた力によって、生きとし生けるものを助け、悟りを求める心を起こし、布施・持戒・忍辱・精進・禅定という菩薩の修行を行い、我々も生きとし生けるものも皆共に同じく平安の涅槃に至るのです。お釈迦様にも我々にも等しく流れる偉大なる悟りの智慧「般若波羅蜜」よ、我々は今まさに最上の敬意をもって礼拝します。

毎年お招き頂いている近所のミニデイサービスで講話。今回は行ったらいきなり般若心経を渡されて分かりやすく解説して下さいとのこと。

「自分と思っているものは実体のないものである」という観念的な話を、新陳代謝とか老化現象といった実体験に落とし込んで面白おかしく(きみまろ風に)話してみました。そして最後に陀羅尼を5回くらい実際に皆で唱えてみて、気持ちに変化があったかどうか尋ね、普段の仏壇参りから深めていく信仰の話で締め。

般若心経は今まで、なかなか分かりやすいように解説できないなと思っていたのですが何か手応えをつかんだような感じがします。今度のお寺の法話の会でも試してみます。

人体の細胞更新速度

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBuddhismカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBookです。

次のカテゴリはDiaryです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Buddhism: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー