Buddhism: 2006年1月アーカイブ

早朝祈祷

コメント(0)

4時起きで元旦祈祷。今年のメニューは、暁天坐禅、転読大般若、本朝課とオーソドックスにした。先日『ナムカラタンノーの世界』を読んでから、大悲心陀羅尼を21回読むチャレンジをしようと思っていたのだが、年末に届いた曹洞宗報1月号に、修正会という正月行事を見つけた。
修正会とは中国の年始を祝う儀式で、奈良時代から日本でも行われていた。正法の興隆と国土の昌平を祈念する儀式で現在でも法隆寺などで行われている。禅宗も早期からこれを取り入れたが、修正会という名前は明治になって消滅し転読大般若の部分が現在まで伝わっている。
…お正月には先代住職も転読大般若をしていたが、そんなに伝統のあるものだとは知らなかった。
転読大般若というのは、600巻の経本をパラパラめくって読んだことにするという儀式。10人ならば60巻ずつ分けてやるが、1人の場合は600巻全部をパラパラめくるようなことはせず、そのうちでもっとも功徳が大きいとされる第578巻般若理趣分品だけを全部音読する。かなり早口で読んでも30分以上かかるお経で、けっこうたいへんなのでここ2,3年は省略していた。そんなことではイケナイ。
早朝の本堂は零下。長厚着の衣姿で、温風ヒーターを背中に背負って、マスクと帽子をつけて始める。そんなの上半身裸で滝に打たれながらするものだと思う人がいるかもしれないが、苦楽中道が大切なのだ(といって楽をした言い訳をする)。
坐禅15分、転読大般若30分、本朝課30分。合計1時間15分で元旦の祈祷を終える。今年のお札は自信をもってお出しできる一品。終わると空が白んでいた。
朝食を食べ終えて年始客の接待。今日だけで125件、300人ほどが訪れ、お札や記念品をお渡ししてお茶を出す。1日中しゃべっていたが一番の話題は大雪。2位が第二子の誕生についてで、3位が祖母の具合だった。
修正会では転読大般若は正月の3日間毎日行うとされるが、2日3日は今までやったことがない。もう眠いので寝て、明日起きてから考えよう。

大般若会

コメント(0)

近くのお寺さんで大般若会がある。インドに留学していたため久々の出席で不安だったので、行く前に法式の解説本を読んで予習していった。
でも、近隣のお寺さんも始まる前に導師席にあったメモを皆で眺めて確認している。年に何回もある法要とはいえ、今年初めてなので勘を取り戻さなければならないらしい。
私は「知殿」の役職を任命された。法要前に道場の準備をして、法要中はお供えするお茶やお菓子を奥から出してきたり、寄付帳を皆に配ったりする。役を与えられた若手で打ち合わせ。
しかし法要が始まってすぐハプニングが起きた。導師が法語を読み終わって進前し、焼香をするとちらりとこちらを見る。あっしまった!ここで献茶湯かぁ!慌てて茶碗にお湯を注ぐ私に冷たい視線が注がれる。
これで動転してしまって、献茶湯の後の帰位が遅れ、普同三拝が揃わなかった。だっせー。
法式の解説本には普同三拝、浄道場、献茶湯と書いてあったが、うちの周りでは献茶湯、普同三拝、浄道場の順だった。以前に導師をしたとき、浄道場で両班上首3名が進前だと思い込んで失敗したことがある。解説本のやり方は一例に過ぎず、地方によって、お寺によってやり方は少しずつ違う。確認が足りなかった。
でもこれで後は大丈夫だろうと安心していたが、転読が終わってお経を読み始めるときに次のハプニングが起きた。鐘の音に合わせて1巻ずつ転読してきたのに、まだ終わっていない人がいるのだ。
その理由は、配られたお経の数にあった。第578巻理趣分品をずっと読んでいる導師と鐘を鳴らす堂行の2人を除き、8人で600巻を転読したのだが、70巻配られた人が4人、80巻配られた人が4人いたのだった。
この責任は知殿にある。檀家さんが出してきたお経が、均等に配られていることを確認するのも知殿の役目。余った40巻は堂行に任せる。これを怠ったことで法要が終わってから注意された。
このほかにも、お茶を先にとって自分だけ飲んだり、食事中に醤油さしを回さないで黙々と食べたりして恥ずかしい思いをした。緊張したこともあるが、気配りが足りない。
次回は2月、今度はうまくやりたいものだ。

宗教法人の税務

コメント(0)

お正月の行事というと、1日からの年始受け、檀家さん宅で宅祈祷、大般若会(1年おき)、本寺と師匠のお寺に年始挨拶、それに年末調整がある。今年は大般若が当番でないが、それ以外を昨日までに終えた。これだけ早いのは住職になって初めてだ。
お寺は宗教法人なので、法人税はかからない。しかし、お寺に勤める住職と寺族は、お寺から給与所得を得ていることになり、お寺として源泉徴収をし税務署に申告しなければならない。
お布施は全部住職のポケットマネーだと思っている人が意外と多いが、その中から備品を揃えたり、お供え物を買ったり、ほかのご寺院さんや檀家さんに挨拶やお礼をしたり、貯蓄に回したりしなければならない。給与になるのは、お寺の全収入の3分の1程度だ。
まず1年の収支をエクセルに打ち込み、お寺の総収入、総支出を計算する。次いで昨年から増えた貯金を引いて、残った分が給与となる。お寺の収入は不定期だから、1年が終わって初めて給料がわかるという具合だ。帳簿の上では月給制なので、年収を月で割って計算する。
幸い母が日誌を綴っているので、それを写すだけでよいがなかなかの作業量である。お布施は領収書がないから、その都度つけておかないとどんぶり勘定になってしまう。ごまかそうと思えばいくらでもごまかせるが、たまに税務署が入ることもある。近くのお寺で高級自家用車をお寺の経費で処理していたのがNGだったらしい。
どこまでがお寺の分で、どこからが住職個人の分かは、分けるのが難しいところ。電気・ガス・水道・電話・灯油などは共用しているので、10分の1〜2分の1の割合で経費から出す。携帯電話は100%経費だ。
このような収支の付け方は、住職研修会でみっちり習ってくる。一時期、宗教法人を隠れ蓑にして脱税する事件が相次いだため、寺院にも透明な財政が求められるようになったというわけだ。
収支を出せばもう終わったようなもの。税務署からもらってきた書類に所得額を入れ、控除や保険料などを引いて、一覧表によって税額を出す。税理士に頼んでいるご寺院さんが多いが、税務署で聞けば親切に教えてくれるので独力でできないことはない。
ちなみに私は妻の扶養家族に入っているため、パートのおばさんみたいに年収が103万を超えないように調整する(給与の大半は母がもらったことにしている)。そのため奨学金だと思っていたものが給与だったときには青ざめた。

このアーカイブについて

このページには、2006年1月以降に書かれたブログ記事のうちBuddhismカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBuddhism: 2005年9月です。

次のアーカイブはBuddhism: 2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Buddhism: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー