Buddhism: 2016年5月アーカイブ

消災妙吉祥陀羅尼

コメント(0)

祈祷でよく読む『消災妙吉祥陀羅尼』を解読。前後に説明文がついており、悪い星によって天体の運行を脅かされて起こる災難を、お釈迦様から放たれる光の力で消し去るという内容です。毎日108回×7日間読まなければならないとか。

佛説熾盛光大威徳消災吉祥陀羅尼經

そのとき、お釈迦様は浄居天宮にいらっしゃって、空を遊ぶ星々、九つの大星、二十八星座、十二星座の神々、全ての聖人たちにおっしゃった。「私は今、沙羅樹王如来がかつて説かれた火のように明るい光の偉大な力の陀羅尼で災難を消す方法を教えよう。
もし国王や大臣がいる都、またはその周辺の諸国があって、火水木金土星に祟られたとき、妖しいほうき星が、生まれ年に属する二十八星座の位置に近づいたとき、国王になってから国や家や四方が祟られたとき、悪い星が下がったり、進んだりして近づき災難をもたらすときは、ただ清浄な修行道場おいて、以下の陀羅尼を108回または1000回読み、1日、2日、3日......7日と続け、法に従って壇場を装飾し、心から読誦すれば、一切の災難は、みなことごとく消滅して害を与えることができない。もしくは金星や火星が南に移り、国や家や四方に災害をもたらすときは、金剛童子の忿怒像の前で、敵の姿形を描いて、声を励まして以下の陀羅尼を念じて加持すれば、その災いはすぐになくなり、王の命令に従わない謀反人が身代わりになって苦しむだろう。それは次のような陀羅尼である。」

नमः समन्तबुधानाम् अप्रतिहतशासनानां तद्यथा ॐ ख ख खाहि खाहि हूं हूं ज्वल ज्वल प्रज्वल प्रज्वल तिष्ठ तिष्ठ ष्ट्रि ष्ट्रि स्फुट स्फुट शान्तिकश्रिये स्वाहा
(帰依します。一切の諸仏に。破壊されない教えをもつものたちに。すなわちオーン。虚空よ虚空よ。破壊したまえ破壊したまえ。フーンフーン。輝きたまえ輝きたまえ。大いに輝きたまえ大いに輝きたまえ。留まりたまえ留まりたまえ。星よ星よ。出現したまえ出現したまえ。寂静なる吉祥のために。よろしく。)

「この陀羅尼は私だけでなく、全ての如来が同じく唱えてきたものである。比丘・比丘尼・優婆夷・優婆塞の誰であってもこの陀羅尼を読誦すれば、八万種の幸福を成就し、八万種の不幸を除くことができるだろう。

国王や大臣、その親族、全ての庶民の誰であっても、火水木金星やほうき星、妖怪などの悪星が国王の座を脅かし、国や家や四方に属する28星座に災難が起こり、大きい星が近づき、宿世の敵が悪い企てを起こし、諸悪の呪いで災難を起こそうとしているとき、人々が法に従ってこの陀羅尼を心から読めば、一切の災難は全て消滅して害を与えることができず、災い転じて福となり、皆幸福を得るだろう。私は今、この陀羅尼の不可思議な無比の功徳を説いた。秘密に保持して軽々しく扱ってはならない。」

そのとき、お釈迦様が比丘たちにおっしゃった。「国が安定せず災難が起こるならば、修行僧を呼び、法に従って道場を作り、仏像を安置し、結界を作り、加持して香華灯燭を相応に供養すれば、生きとし生けるものが幸福になること無量で、その災いはたちまちになくなるだろう。」

お釈迦様がこの陀羅尼経を説き終わると、文殊菩薩やそのほかの修行僧、比丘たち、星々の神々は礼拝し、それぞれ帰途についた。また天竜八部やもろもろの大衆は大いに喜んだ。

以上、光明で災いをなくし幸福を招く陀羅尼経。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月以降に書かれたブログ記事のうちBuddhismカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBuddhism: 2016年4月です。

次のアーカイブはBuddhism: 2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Buddhism: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー