Diaryの最近のブログ記事

地元小学校の百周年記念事業でクラウドファンディングがスタート。関係者のご厚意により結構なリターンを各種用意しているので、卒業生だけでなくどなたでもご支援頂ければたいへんありがたい。

40年ほど前、当時の親たちが手作りで作った遊具が積雪や安全基準の厳格化で使えなくなったのがきっかけ。百周年記念に、滑り台とターザンロープを復活させることになった。幸い、西根地区教育振興会の積立があり、これに地域住民、PTA会員、篤志者からの寄付を合わせて滑り台の費用は見込めるようになったが、ターザンロープまでは予算が追いつかない。そこで考えられたのがクラウドファンディングだった。

クラウドファンディングは、インターネット経由で資金を募るもので、クレジットカード決済などで誰でも資金を提供できる。インターネット経由だから、世界中どこに住んでいても、このページにアクセスできさえすれば参加できる。寄付型と購入型があるが、今回は5000円以上の支援をして下さった方に、金額に応じたリターン(御礼の品)を用意した。地元に住んでいない卒業生や、リターンに興味を持った方に支援して頂きたいと思っている。

目標金額は60万円。この金額を達成した場合のみ、お金が引き落とされ、不足分は地元有志の篤志を加えて(ターザンロープ設置費用が190万円であることに加え、クラウドファンディング手数料や、リターン費用もあるため)ターザンロープが設置され、支援者にリターンが送られる。達成しなければターザンロープは諦めることになり、お金は引き落とされずリターンも送られない(All or Nothing 方式)。小学校の入学式が行われる4月7日まで、目標額に届くよう、精一杯呼びかけていきたい。

平常心是道

コメント(0)

新コロ騒動でありとあらゆる行事が中止・延期となり、小中高も休校で、世間ではデマによるトイレットペーパー買い占めなどが起きているこんな時期、心がけたいのが平常心である。ジャマイカ出身のALTが妹さんと国内旅行する話をしていて、「When I die, I die.(死ぬときは死ぬ)」と言っていたのはまさに平常心だ。あえて危険を冒す必要はないが、杞憂に萎縮していてもしょうがない。たとえ今日が地球最後の日であっても、普段どおりの行住坐臥、喫茶喫飯を心がけたい(いや、わざわざ心がけなくても自然にできるのが理想だが)。

「悟りとはどのようなものですか?」南泉和尚に弟子の趙州が尋ねた。
「平常心が悟りである(平常心是道)」
「それを目指して努力するべきでしょうか」
「目指そうとすればすぐに外れてしまうだろう」
「目指さなければ分からないままではないでしょうか」
「悟りは分かる分からないの問題ではない。分かると思ったら妄想だし、分からないと思っても無意味である。何も目指さない悟りの境地になれば、澄み渡る大空のように、悟るにはどうしたらいいかなど考える必要があろうか」
趙州はこの言葉を聞いてすぐに悟りを開いた。(無門関19)

男性の育休

コメント(0)

朝日新聞の書評より。うまく時間をやりくりし、フルタイムで働いている妻に快適に仕事と育児を両立してもらおうと「仲居さんのように振る舞う」と心に決める(常見陽平『僕たちは育児のモヤモヤをもっと語っていいと思う』)。

「で、僕が思った『男性の育休』とは、プロ野球のキャンプみたいだということ。これからの長い子育てというペナントレースを戦い抜く体力をつけるのが目的。例えば、赤ちゃんのオムツ替え。幸い、離乳直前の赤ちゃんのウンチは臭くない。ウンチはこちらのオムツ替えレベルが上がった頃に臭さのレベルを上げてくる。たまに、ウンチが臭いからオムツを替えない父親がいると聞くけど、それはキャンプせずに公式戦途中から参加した助っ人選手のようなもの。なかなか活躍するのは難しいでしょう。やっぱり、キャンプインの前から自主トレするぐらいの気合で育児現役時代を生きないと、引退後の妻とふたりのセカンドキャリアも寂しいものになったり」(加瀬健太郎)

問題はこういったことを終わってから知る人がほとんどだというところかも。「20年前に聞きたかった」とかよく言われる。
こういう上手な喩えができるようになりたい。

ソバーキュリアス

コメント(0)

朝日新聞にソバーキュリアス(sober curious、飲めるけど飲まない)の記事。ほとんど飲まないという人は20代男性で約5割、30代男性で約4割に増加。健康志向、節約志向、自己管理欲求の高まり、飲みニケーションの価値低下が背景にあると分析されている。

写経教室で不飲酒について話した日に、保護司研修で問題飲酒対象者の処遇について学んだところだったので、この記事を取り上げた。

私は「飲めないけど頑張って飲む」ほうだが、二日酔いの頭痛をなくす「五苓散」という漢方を処方してもらってから、調子に乗って飲んでいる(草岡ルールで月2~3回くらい)。しかし二日酔いはなくても、翌日・翌々日の頭の回転の鈍さ、集中力の低さは自覚できるレベルなので、徐々にソバーキュリアスになりたいと思う。

先日、東北芸術工科大学卒展でトークショーの様子が動画でアップされた。供養カードゲームを作った菊池さん、墓石会社ナイガイの米本社長と共に、供養の暗いイメージを変えるには、無宗教でも供養できるのか、墓石店から寺院に言いたいこと・寺院から墓石展に伝えたいことを話している。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBuddhismです。

次のカテゴリはDreamです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー