Diaryの最近のブログ記事

長井市・西根地区内の神社は、お盆の時期に獅子舞を出して気合の入ったお祭りを展開する。獅子舞も見どころながら、夜祭りを巡って焼き鳥食べ比べを敢行した。

  • 勧進代・総宮神社:タレが奥まで染み込んでいて濃厚。酒に合いそう。1本100円
  • 草岡・津島神社:薄味で柔らかく焼き上げており上品。何本でも食べられる。1本100円
  • 寺泉・五所神社:タレと肉のバランスが取れている。1本150円と高いが値段に見合う旨さ。
  • 川原沢・巨四王神社:塩とタレが選べ、どちらもほどよい味付け。1本100円。

行った先では歌手の出し物もやっていて楽しめた。どの神社もたくさん人が集まっていて活気がある。

koshio.jpg

高校での人権教室

コメント(0)

念願だった高校での男女共同参画人権教室を、高校教諭である同級生の協力で実施。3年前、母校にお願いに行ったが教頭先生からけんもほろろに断られ、昨年、法務省での研修で他県の人権擁護委員の方から「進学校は難しい」「知り合いに頼むのがよい」とアドバイスを頂き、今年の同級生飲み会でその話になって実現したという経緯である。

内容はLGBTの話の後、「男の子は泣かない!女の子は嘘がうまい?」というワークショップ。高校生の素直な感性と、自分の考えを言語化する力に感銘を受けた。

参加された他市町の人権擁護委員からは、「男は男らしく、女は女らしくと育てられた世代なので、男女共同参画を推進するのは無理だと思っていた」などの感想。今後は継続だけでなく、内容をブラッシュアップしつつ広げる方向も目指していきたいと思う。

家事調停制度

コメント(0)

人権擁護委員の研修で山形地方裁判所を見学。裁判はなかったので、希望して家事調停について。人権相談ではDVや家庭不和で「離婚したいのですが...」という相談が多く、よく分からないで「調停なら裁判所へどうぞ」というのはよくないとずっと思っていた。

ビデオを見た後、裁判所の広報担当の方にみんなで質問攻め。たくさんのことを知ることができた。

  • 長井のような出張所も月~金の8:30~17:00で常時開いている。
  • 相談はいつでも可能で無料だが、中立の立場であるため手続きの説明だけ(そうでなければ弁護士や司法書士に相談する)。
  • いきなり裁判にせず、調停から入る(調停前置主義)
  • 調停の費用は申立1200円と郵送代だけ。
  • 裁判官と調停委員男女1名ずつが調停する。そのほかに手厚い体制
  • 調停の記録だけでなく、必要な書類の手配も行う「書記官」
  • 心理学・社会学・社会福祉学・教育学などの専門的な知識をもち、家庭内の問題の解決や非行少年の立ち直りに向けた調査や調整を行う「調査官」
  • 医学的診断をしたり、専門的見地からの助言をする医師または看護師の「技官」
  • 申立人と相手方を期日に集め、手続きを説明し、聴取によって対立点を整理。話し合いによる解決を援助する
  • 1回でまとまらなければ合意点と、次回への課題を確認して継続
  • 調停が成立したら調書を作り、守らなければ履行勧告や強制執行も行われる
  • 調停不成立の場合、養育費などについては審判、離婚などについては裁判になる。審判に不服がある場合は抗告、特別抗告ができる

実際どうかは分からないと前置きした上で、裁判所広報の方は協議離婚(役所に離婚届を出すだけ)90%、調停離婚9%、裁判離婚1%と言っていた。相手の顔も見たくないのかもしれませんが、特に子どもがいる場合、養育費などについて調書を作るだけでなく、今後の生活についてサポートもしてもらえるので調停はおすすめ(これをお読みの既婚者の皆さんへ、この知識がお役に立つ日が来ないことを祈ります!)。

人権擁護委員の研修でやまがた性暴力被害者サポートセンター(通称べにサポ)の職員さんのお話を伺う。何年、何十年も経ってから相談にいらっしゃる方がいるという話に、想像を絶する苦しみの深さを感じた。

仏教ではこの世の全ては苦しみで、その根本原因は無知や煩悩であると説くが、他人から与えられた苦しみには、その説明が当てはまらないように思う。「忍辱」「許す」という教えも、「そんなことを自分の家族が被害にあってもいえるのか」と言われればぐうの音も出ない。

周囲が寄り添い、時間をかけて苦しみを取り除いていく(抜苦)ことが必要となってくるはずだ。

骨髄バンク

コメント(0)

骨髄バンクの集いに提供者(ずっと前の話ですが)としてパネリストに呼ばれました。登録に高い志はいりません。提供も痛くないし、ひとりの命を救ったという満足感があります。現在の年齢制限は55歳まで。何となくでいいので、できるうちに登録しておきましょう。山形の窓口は山形駅前の献血ルームです。

従来の光陰はたとい空しく過ごすというとも、今生のいまだ過ぎざるあいだに急ぎて発願すべし(修証義)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBuddhismです。

次のカテゴリはDreamです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー