Diary: 2006年11月アーカイブ

3日目は日曜だったので、お経読みや来客で娘は部屋に閉じこもっていた。よいこで遊んでいるのだが可哀相に思う。
お昼は兼務しているお寺の餅供養に連れていく。「『(囲炉裏に)あだれ』って、標準語でなんていうなんべ?」と盛り上がる役員さんたちに、人見知りして挨拶もできない。だが餅もお菓子もバクバク。
夕食後、近くの温泉に連れていった。広い浴場を歩きまわり喜ぶ姿にほっ。風呂上りにはドライヤーを使いたがった。ソフトクリームをぺろりと平らげ、スーパーボールを買ってもらってご満悦。
4日目は葬儀だったのでほとんどおかまいなしで、テレビを見たり、部屋でお絵かきをしたりと保育所と比べて退屈な1日だったと思う。
葬儀終了後すぐにつくばに向けて出発。福島あたりから2人とも眠ってしまった。さらに東京からの高速バスは、常磐道が渋滞していて2時間もかかり帰宅は10時。
ほとんど隙のない4日間で、本も読めずメールも読むだけ、ボードゲームのサイトも更新できずだった割に娘と遊べた時間も少なかったが、親の全力投球ってこんな感じなのかなと自己満足している。

子連れで山形(2)

コメント(0)

昨日はもともと移動日だったので、夜の御詠歌講習以外何もなかったのだが、あっという間に過ぎてしまった。
朝食後、母から境内の掃除を指示される。ブロアーにガソリンを入れて作業開始。吹き飛ぶ落ち葉に、娘がキャーキャー言いながら喜んでいる。
ここ数日晴れの日が続いていたので落ち葉も乾いて飛ばしやすくなっていたが、イチョウの葉は別。ある程度たまるとびくともしない。結局途中から竹箒に切り替えた。
箒で掃き掃除をしていると、いろいろなことが頭に浮かんでは消えていく。雑念がなくなるというまでにはいかないが、もやもやしていることが整理されるようないい気分になる。作務もひとつの大事な修行。ちなみに娘はすぐ飽きて部屋でお絵描き。
昼食をはさんで掃除が終わったのは3時過ぎていた。それから娘と買い物へ。山形で着る防寒着を買う。ゲーセンでアンパンマンの乗り物に乗ったり、ぬりえの本をチェックしたり、本屋で立ち読みをしたりしているうちにすっかり1時間。
帰宅すると急いで夕食をとって御詠歌の講習である。娘も参加したが、遊び始めたので怒られて泣きながら退場。
今日は日曜日なので用事満載。夜にでも温泉に連れていければいいなと思っている。

子連れで山形

コメント(0)

週末に用事があって山形に行くのはいつものことだが、このたびは4才の娘が一緒に行きたいというので連れてきた。
当初は土日の一泊の予定が、お葬式が入ったため金〜月曜の3泊4日に。保育所も2日休むことになり、長丁場で何をしようか考え中。
昨日は、保育所に送る車をつくば駅で降りて姉は山形、弟は保育所へ。この頃弟のせいであまりかまってもらえず、ひとり遊びの多かった娘は歌を歌いながらスキップするほどの浮かれよう。
つくばエクスプレス、武蔵野線、京浜東北線といつもの乗換えで大宮から新幹線。隣り合う席がなくて自由席でB,C席に座る。
娘は駅で買った雑誌を早速開いたがすぐに車酔い。揺れへの弱さは親譲りだ。幸いゲロは吐かず、見かねた後ろの席のサラリーマンが席を譲ってくれた。山形新幹線の温かさ。
おかげで窓際に座れた娘はしばらくすると元気を取り戻し、お菓子をパクパク食べ始めた。紅葉に色づいた山々の車窓を背景にお菓子を食べ続ける娘の姿を見ると、喩えようもない幸せを感じる。
駅までは母が迎えに来ていた。寺に戻ってすぐ着替えて枕経。昼食をとってから、靴が古いというので買い替えに行ってきた。道中疲れたのだろう、娘はすぐこっくりこっくり。
家に帰ると新聞を取ってというので渡すと、テレビ欄を確認してドラえもんを見たいという。つくばにはテレビがないので、テレビも娘の楽しみになっているのだろう。ちなみに声優が変わってから初めて見た。
入浴して10時に就寝。山形はつくばと比べ物にならないほど寒い。何度か目が覚めてしまったが、娘は10時間以上、トイレにも行かずぐっすり。
今日は本屋に連れていくことになっている。娘は本屋に行くと2時間近く過ごすので、それだけで半日になりそうだ。

このアーカイブについて

このページには、2006年11月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2006年9月です。

次のアーカイブはDiary: 2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー