Diary: 2007年10月アーカイブ

12月15日(土)に築地本願寺で「東京ボーズコレクション」というのが行われるらしい。
http://www.engi.jp/tbc/

芥川龍之介『杜子春』をラップとダンスで。天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗の僧侶によるコラボレーション法要。フェアトレードグッズ販売と国際協力バザー。プチ修行と佛教相談。ロハス・マーケット。僧侶向けワークショップ「10年後のお寺をデザインしよう。」

……進んでるなぁ。コラボレーション法要とワークショップは非常に興味があるので行ってみたい。

超宗派の集まりになっているが、築地本願寺が本山である浄土真宗が先導しているのは間違いないだろう。カフェ・ド・シンランとか、本願寺LIVEとか、オープンテラス「ツナガルオテラ」とか、進みすぎているくらい新しいこと・若いことを推進している。若手の起用も盛んなようだ。そもそも門主が先進的な考え方をもっておられるのがいい。

21世紀型の宗教として参加型というのがある。若年層が参加したいようなものをお寺で提供していくには、若い僧侶のアイデアが必要になる。曹洞宗でも目線をしっかり下げた活動がもっとあるといいなと思う。

Zazen

コメント(0)

Today morning two ladies came to my temple to practice Zazen. Both are teachers of high school, one is Japanese and the other is American. The Japanese mailed me according to my web site and I arranged the date.

First I asked, "Should I explain in English?" The American lady, named Rebecca was little bit surprised, "Wow". She seemed not to imagine, a Japanese monk living in the country mountain can speak English.

She came to Japan in August and does not know not only Zazen, but also Japanese so much. I had to speak English until they leaved. It was challenging for me, but a lot of fun.

I have explained how to practice Zazen in English once. It is sometimes difficult to translate technical terms of Zen or Buddhism. But I found a magic sentense to explain every thing - "Like this." Very easy! By this they understood Zazen and started 30 minutes' sitting.

Zazen is a kind of meditation, but I noticed them to try not to think anything. It is very important point of Zazen to get nothing-ness.

After 30 minutes Zazen was over, but they could not stand up soon because their legs are paralized;

Drinking green tee, we talked much about religion, culture, and philosophy. She was curious and asked many questions. "Why does Hikikomori happen in Japan?", "Do you practice Zazen every day?(No!)", "What is the Japanese logic?" and so on. It was pity I could not find the word "Confucian"(in Japanese Ju-kyou).

Two hours passed very quickly. They said, "It was very interesting and We want to come again." "Come again, you are always welcome!" This is the speech I used to listen from many kind families in India.

住職10年目

コメント(0)

1998年の10月、祖父の葬儀があって私は洞松寺の33代住職となった。そこから数えて今月から、住職10年目を迎える。

あっという間だった気がするが、振り返ると結構激動といっていいくらい、いろいろなことがあったと思う。

1999年 修士論文提出、博士課程進学
2001年 結婚、つくばへ引越し
2002年 長女誕生
2003年〜2005年 インド留学
2006年 長男誕生
2007年 家を建てる

しかし住職になってからインド留学まで4年ほど、大学に学生として通っていたわけで、今考えると信じられない。今月はすでに山形とつくばを5往復。昨日の夜、秋葉原から山形に直帰して、今朝となりのお寺の葬儀のお手伝いをして、そのまま帰ってきたばかり。保育所の送迎はそのたびに妻や母にお任せになっている。

これからの10年はどんな風になるだろう? 家が建ったから、山形での子育ては確実として、博士論文の執筆、御詠歌の研鑽あたりが柱になるかな。あとボードゲームもね。

−妻+母

コメント(0)

昨日から妻が1週間のアメリカ出張。1人で見られないこともなかったが、この機会に母につくばに滞在してもらうことにした。

いつもは祖母の介護で遠出しにくい母も、このたびは家の新築で祖母がホームに住んでいるため比較的自由。とはいえ、毎日ホームに欠かさず足を運ばないと祖母の機嫌が悪いから、かえって忙しくなったようなところもある。このたびのつくば滞在も、祖母から「(行くか行かないかは)お前の良識に任せる」などと言われてきたらしい。

表向きは子どもの世話ということになっているが、仮住まいの不便さや祖母の面倒見で疲れているのを少し休んでもらおうという魂胆だ。

母は土曜日に上京し、都内でコンサートを聞いた後つくばへ。一方の私は、急な葬儀(葬儀は急なものだが)が入ってしまい後からつくばへ帰ることになった。

妻を送って第1日目。来客も電話もない生活で、母は子どもたちと適度に遊びつつ、久しぶりにのんびりしていたようだ。午後からは長女のため本屋に行って、外食して買い物。大人が2人いれば、子ども2人連れの外食も恐くない。

1才半になる長男は、母の添い寝で夜泣きもせず朝まで寝たので、私もゆっくり休むことができた。1人だったら、夜中に何度か起きなければならなかっただろう。

今日は伴僧を頼まれて私だけ山形へ日帰り。保育所の迎えは母の仕事になり、昨日のうちに経路を確認しておいた。料理も運転もお任せでは母が休む暇もないが、その分子どもたちのいない昼間にに休んでもらおう。

明日は大学へ出講で、明後日は秋葉原でゲーム会。木曜か金曜にでも、昼間に都内の博物館や関東の親戚に連れていってみるつもりだ。

これからつくばへ。到着は21時の予定。

展覧会の絵

コメント(0)

水曜日は葬儀が出て山形に戻っていたために、ピアノリサイタルを聴くことができた。長井高校OB会主催で奏者は木曽真奈美さん(http://www.haginojibika.com/piano/index.htmlなぜ耳鼻科のドメイン?)。

数年前、長井高校で捨てられようとしていたボロボロのピアノが実はスタインウェイ社のものであることが分かる。しかも1920年代に制作された年代もので、今の値段だと1億円以上はしたものだったという。一体誰が購入し、当時の長井女学校に設置されたのかは不明。

そんなに歴史と価値のあるものならばと、長井高校のOB会が立ち上がりピアノを修復しただけでなく、何年かに1度コンサートを開くことになった。そんなストーリーも素敵だが、リサイタル自体もすばらしいものだった。

前半はチャイコフスキーとラフマニノフの小品。休憩前に後半演奏される『展覧会の絵』の解説。奏者の木曽さん自身がプロの司会者かと思うくらいの明瞭な言葉で、しかも感情をこめてお話された。

木曽さんによると、『展覧会の絵』の作者ムソルグスキーはバルト三国近くの村のおぼっちゃんに育った。日本からモスクワに行くより、モスクワからその村に行くほうが時間がかかるというほど辺鄙な、何もない村。大志をもって都会に出たムソルグスキーであったが、自信作のオペラは酷評され、母親が死んで、身の回りのものを売っては安い居酒屋に通う毎日。最後はアルコール中毒で死んだという。

そんな中、彼のほとんど唯一の友人だった画家ガルトマンが若くして死去。その遺作展で彼が見た絵が、『展覧会の絵』のモチーフとなっている。

ガルトマンの絵は、デッサンであったりラフスケッチであったりして、あの音楽からは想像もつかないほど簡素であった。ムソルグスキーは何を表現しようとしたのか。

それは、ただの絵の印象ではなく、自身の絶望的な境遇であり、ガルトマンとの別れの悲しみであり、冥福の祈りではなかったかと。

そうして聴いてみると、第4曲ブイドロは葬送行進曲に、第10曲キエフの大門の序奏は賛美歌と教会の鐘に聞えてくる。キエフの大門の絵は、街のコンテストにガルトマンが応募した作品で、好評を博したにもかかわらず、街の都合で建築が中止されてしまう。ムソルグスキーは、永遠の音楽の中で、キエフの大門を建立したのである。

そうして聴くと『展覧会の絵』の印象はまるで違う。木曽さんは実際にムソルグスキーの生地を訪れ、またサンクトペテルブルクにあるお墓にお参りして、この曲想を得たという。古いピアノの柔らかい音色とあいまって、物悲しく、胸を打たれる演奏だった。

しばらくプロムナードがリフレイン。私の大好きな作品のひとつだが、またさらに好きになった。ラヴェル版もいいけど、ピアノ版はまた一味違った味わいだ。

「展覧会の絵」の絵
http://www.geocities.jp/tatsuyabanno/Bilderausstellung/Bilderausstellung.html

鉄道の旅

コメント(0)

先週の土曜日に、土曜ワイド劇場『鉄道捜査官』を見る。山形が舞台で、私がいつも乗っているフラワー長井線でも殺人事件が起きる。長井線内にもスナップが貼られており、近くのお寺の奥さんがエキストラで出たというので見てみた。
http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/20070929.html

車掌が「いつも乗っている地元のお客さんばかりでした」と言うセリフがあるけど、そんな分かるほど田舎じゃないぞ!とか、鮎茶屋にいくなら鮎貝じゃなくて荒砥からだろ!とか、白鷹から山形のレストランに勤めていて長井線で通うのはどんだけ鉄道マニアなんだよ!とか地元ツッコミはあるものの、いつも見慣れた景色が出るのは楽しい。特に長井駅での乱闘シーンは見もの。

私もこのところ鉄道三昧。人生は旅なのであります。旅先で仕事をし、旅先で遊び、旅先で家族と会う。雲のごとく、水のごとく。

昨日は高校の後輩と偶然、新幹線で行き会った。アメリカ人と結婚した彼女は帰省中で、ちょうど帰国する日。一緒だった1才4ヶ月のお嬢ちゃんは、美味しいときなぜか眉をしかめる仕草がかわいい。アメリカのこと、山形のこと、子どものことなど話しているうちにあっという間の2時間。

4日ぶりに家に帰ると、1才8ヶ月の長男を見たが、わずか数日で言葉が増えている。「アンパンマン、だ」「ライオン、だ」など。長女は相変わらずインターネット三昧で、キッズgooやプリキュア5の動画やホームページを見ている。マウスの操作は見事なものだが、目が悪くなるんじゃないかしら。

そんな子どもたちをよそに、わずか一泊で山形にトンボ帰りである。明日は保育所の運動会だし、妻に全部任せっぱなし。本当は今日から水戸の祇園寺で開かれる講習会に行く予定が、葬儀のため明日の夜から参加。山形から水戸へは小山経由で行くが5時間かかる。つくばからだったら2時間くらいで行けたのになぁ。

ここ10日間ほど、妙に行事が詰まっている。御詠歌、葬儀・法事、コンサート、大学……。それぞれは大した時間をとられないのだが、移動量が多い。3往復。

このアーカイブについて

このページには、2007年10月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2007年9月です。

次のアーカイブはDiary: 2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー