Diary: 2008年4月アーカイブ

昨日は山形からつくばに帰る途中、3月8日にオープンした東京駅地下の「東京キャラクターストリート」に長女と寄ってきた。
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/feature/characterSt/

親子してテレビを見ないのでどのお店も素通り。わずか10分で帰ってきたが途中にカフェがあったり、壁にのぞき穴があったりと面白そう。

一番気になったのはトミカショップ。組立工場とジオラマがあって、実際に手にとって遊べるようにもなっている。今度は長男を連れていきたい。きっと目を丸くして飛びつくはずだ。
http://www.takaratomy.co.jp/products/tomicashop/tokyo/index_sp.htm

道中はすやすや眠る私のそばで、長女はずっと起きていた。目が覚めるとJRのカタログを切り抜いていて、「近郊の駅」というNゲージの鉄道模型がほしいという。お値段は136,500円。買えないといったら「どうしてうちは貧乏なの?」
ちなみにこれ↓
http://www.eki-net.biz/trainshop/disp/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=49645

奉詠大会

コメント(0)

昨日は地元の御詠歌の大会が高畠町で開かれた。今回はお釈迦様の生涯というテーマでナレーションとスライド・DVD上映をしながらその途中途中に花祭から涅槃までの御詠歌を入れていくという趣向。はじめにこの企画を聞いたときは実現可能性を疑うほどだったが、最後までうまくいった。

私の今回の役目は開会式と閉会式の独詠(ソロ)、それから4人の修行僧役(シーツをまといステージ上でお釈迦様を罵る)、あとは会場設営などの人足。こちらは指示通りに動いていればいいので安泰だが、指示を出す宗務所の方々はたいへんそう。講員さんがひとり倒れるというハプニングもあり、うまくいったときは本人たちが信じられないような顔をしていた。

御詠歌は毎年のことながら花粉症の喘息との闘い。気合で咳を止めて一曲通すのは精神がすりへる。終わると物陰にいってゲホゲホ。

今回思ったのは、才能というのは私の知らないところにたくさん隠れているということ。御詠歌の才能、パソコンの才能、演技の才能、そして人を動かす才能。イベントになると本領を発揮するというのがお坊さんの特性かもしれないが、自分にはこれだけのことをする才能はないと思うことが多かった。その仲間としてやっていることが誇りだ。

心配なのは参加者の減少である。昨年と比べて80人も減ったそうで、講員の高齢化が浮き彫りとなった。このままいくと10年後はホールでなくどこかのお寺で開催してもいいくらいの規模になる。今回の試みはその打開策でもあったが、普段から新しく始める方を増やす方策を進めておかなければならない。

今回もうひとつの懸案は長女の保育園と祖母のデイサービス。朝は登園・通所前にこちらが出発しなければならなかったので知り合いにお願いして送ってもらった。年度初めで午前保育なのでお昼に母がいったん迎えに行きホールまで連れてきた。祖母が帰ってくる前に急いで帰宅。こちらもぎりぎりのスケジュールだったがうまくいったのでよかった。長女に独詠を聴かせることもできたし。

曹洞宗山形県第二宗務所:第38回梅花奉詠大会……私も写真に写ってます

最終の新幹線

コメント(0)

今日は夜にお寺関係の会合があって、明日は朝から保育所の入所式があるので最終の新幹線で移動。23:30東京着で25:00ごろつくばに帰宅予定。

ヘヴィーなので今日は昼寝しておきました。只今は福島近辺。眠くないので本でも読みながら行きます。

このアーカイブについて

このページには、2008年4月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2008年3月です。

次のアーカイブはDiary: 2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー