Diary: 2008年12月アーカイブ

年末進行

コメント(0)

2人の子供と過ごす山形6日間はあっという間に過ぎた。つくばと比べると子供たちも刺激が多いので楽しいようだ。つくばでの週末というと、お昼にパン屋さんに行って、午後から本屋さんに行き、家では本かインターネットくらいのものだが、山形ではまずテレビとDVDがあり、長女の好きなVOWや長男の好きなミニカーがあり、それにイレギュラーにお客さんがが訪ねてくる。お出かけも本屋だけでなく、仏壇屋や墓石屋などバリエーションに富んでいる。

月曜日は、午前中に御詠歌の練習が終わった後、保育園に長女を迎えに行って、祖母に見てもらっていた長男と一緒に長井線→新幹線→バス。新幹線では眠くなった長男が久しぶりに大泣きしたが、やがて長女と一緒に眠りについたのでゲーム会のレポートを作ることができた(このごろレポートはほとんど新幹線の中で書いている)。

東京駅では例によってキャラクターストリートに立ち寄り、ウルトラマンとトミカを見る。ウルトラマンはこのごろ長男が大好きで、私が小さい頃に見ていた怪獣図鑑を長女に読んでもらって、結構たくさんの怪獣名を覚えた。特にエースの超獣を気に入っているみたい。長女は博学が趣味なので、どこに行っても一通りチェックしている。

キャラクターストリートではプラレールを扱っていないのと、ウルトラマンと比べて仮面ライダーの扱いが小さいのが残念だ。頑張れ石ノ森プロ。

そんなこんなで遅くなってしまったので、お菓子を買ってバスに乗る。道中好きなお菓子を買ってもらえるのも子供たちが山形に行きたがる理由のようだ。長男はぶどうグミ、長女はチョコレートを好む。

家に帰ると妻と6日ぶりの再会。山形と比べると休日はほとんど家にいて慎ましい生活を送っていたようだ。私なら間違いなく、どこかのゲーム会に行ってしまいそうだが。

火曜は久しぶりに料理を作った。山形では母に任せっきりで、私はお湯を沸かすか配膳をするくらいしかしない。スーパーで買ってきたトンカツを使ったカツカレーとサラダを作る。

水曜は夕方から米沢の温泉で忘年会のようなものがあったため、秋葉原経由で一路北へ。この日記はその道中で書いている。旅のお供は上野駅で買った福岡西通りプリン、期間限定品の紅茶花伝クリーミーいちご、ウコンの力カシスオレンジ味。昼には秋葉原で紅茶花伝ミルクティーを飲んできたし糖尿病になりそうな感じだ。今日も食べすぎ・飲みすぎをしないように気をつけたい。

子供たちと山形

コメント(0)

結局、今日から来週まで山形にいることにした。その代わり、来週の水曜日はとんぼ帰りにして週末までつくばで過ごす。それでも今月の6割は山形で送ることになる。

当初は長男と私は山形に行き、長女と妻はつくばに残るという子育てシェア計画。ところが保育所を休んで新幹線に乗れるとウキウキの長男を見ていた長女が「私も山形行きたい」と言い出す。保育所の大きな行事もないということで、結局2人とも連れて山形行きとなった。妻は寂しがったが、ま、行きたくないというのを無理やり連れていくよりはいいか。

今日は朝7時前に家を出発。つくばエクスプレス→山手線→新幹線→米坂線という4時間以上の長旅だが子供たちはすんなりと起きて道中も騒がずお利口にしていた。山形の家に着くと長女は早速インターネット、長男はミニカー。これが目当てなのか?

実は2人連れてくると、2人で遊ぶので親としては楽である。今も長女がこの頃はまっている「うちの3姉妹」ごっこを2人でやっている。長男だけだと、パソコンに向かえばウルトラマンの動画を見せろというし、テレビを見ればDVDをかけろというしで何もできない。

明日と明後日は公式の行事がない。パソコンの前でぼうっと過ごさず、年末でたまっている仕事を少しずつ片付けていこう。

戻るか、留まるか

コメント(0)

パズルのような日々が終わって、12月はだいぶ楽になると思っていたら、思ったほどでもなさそうだ。用事の数は多くないが、水曜日にピンポイントで入り続けているために、往復するタイミングがとりづらい。

週末はほとんど山形にいるので、土・日(+金・月)に用事が入っても対応は比較的容易である。火曜日は大学の講義があるので用事が入ったら断る(幸いなことにこの2年間、火曜日に葬儀が重なったことはない)。

問題は水・木に用事が入った場合だ。日帰りでつくばに帰るか、それとも週末まで山形にいるかで悩む。

つくばでは、身重の妻が2人の子供と毎日格闘を繰り広げている。長女はずいぶん大人になったが、もうすぐ3歳になる長男が爆弾。夜は寝ないわ、あたりは散らかすわ、母乳が出ないのに「パイパイ」攻撃を続けているわで妻はゲッソリ。特に週末に私がいなくて親子3人で過ごすとなると、日曜夜にはたいていへとへとになっている(子供たちとしては平日の日中に会えない分を取り返そうとしているんだろうけど)。

山形でも、ひっきりなしの来客の合間を縫って母が祖母の介護をしているので格闘ではあるが、祖母は自分のことを自分でするので、つくばほどたいへんではない。祖母を留守番にして外出することもできる。

こういう状況で、私はできるだけつくばにいて家事をするか、あるいは長男を連れて山形に行くことが望まれる。山形に1〜2泊だと、子供を連れて行くメリットよりデメリット(移動の大変さ、子供の体力消耗など)が勝る。日数がそれ以上になると子供(長男)を連れて行くことになるが、平日につくばにいれば至れり尽くせりの保育所に通えるわけで、元気なのに休むのはもったいない。

そこで平日に用事がとびとびなら、小まめに往復するという手がある。水曜日に用事が入り続けている場合、小まめに往復しないと、火曜以外を全部山形で過ごすことになりかねない(今月がそうなりかけている)。でもこれをやると一往復するごとに諭吉2枚が飛んでいってしまう。

このように小まめに帰っても、長男を連れていっても一長一短。特に水・木に用事が入るともうどうしたらいいのやら。用事は土日だけで、月〜金曜までつくばにいられるならばどんなにありがたいことか。

昨日と一昨日は久しぶりにつくばにいたので、今日は山形へ日帰り往復になった。明後日に入った用事、長男を連れていくべきか、また日帰りするべきか。結局、交通費をケチって、長男を道連れに山形に引きこもることになりそうな気がするのだけれど(不思議なことに、いればいるほど仕事は増える)。

日曜日のうちに妻は大阪から帰ってきたが、そのまま月曜から都内で学会のため、草加の実家に宿泊。私と子供たちも日曜日の朝まで草加にいたので、行き違いである。

月曜日は朝から御詠歌の検定会。私は二級師範という年不相応な資格を持っている関係で主任検定員なんて偉そうなポストに。緊張して入ってくる母親以上の年齢の受検者を前に点数をつけたり、終わってから手厳しい寸評を加えたりしていた。本当にすみません。

帰宅してからは、じゃれついてくる子供たちを無視して日本ボードゲーム大賞の投票準備。そのうち長女はお絵かき、長男は泣いているうちに眠ってしまった。

何とか準備を終えて、夕方からは高校の同窓会。初めての参加で、おじいさん方しかいないだろうと思ったら、案の定私と友人の2人唯一の平成卒で、しかも最年少だった。叔母と同年代くらいでも下から数えたほうが早い。卒業してから15年以上経っているわけだが……。出席者は社長、医院長、町長、校長と「長」の付く人がずらり。すっかり引いてしまったが、最後に校歌や自治会歌を歌うころまでにはだいぶ打ち解けた(16年経っても応援歌などを忘れないのは、入学直後に新入生全員が受ける、ありえないほど厳しい応援練習の賜物である)。

我が母校は上杉藩の藩校を母体にしていることもあって、帝王教育が染み渡っている。「寧ろ鶏口となるとも牛後となるなかれ」という故事は、高校のときに覚えさせられた漢文に入っている。同窓会に来るのは自然と「長」になるのだろうけれども、私も一山の主として組織におもねることなくやっていく勇気をもらった気がする。

それと高校の近況を聞かせてもらったが、米坂線の本数が少なくなったり直行列車がなくなったりして、長井から通っている生徒は激減しているのだそうだ。かつて、ないことで有名だった修学旅行が今は行われているという。といっても東大なんかの見学が主ではあるが。それから上杉鷹山公の出身の関係で宮崎の高鍋高校と行き来しているという。こういう歴史に力を入れているところは相変わらずだなと思う。

帰宅してから御詠歌の関係でもう一仕事。おかげで夜遅くなってしまったが、今日は大学の講義のため早起きしなければならなかった。5時に叩き起こされて不機嫌な子供たちを連れ、新幹線へ。新幹線の中では子供たちの機嫌が直ったのでのんびりする。

子供たちを義母に預けると、1時間ほど時間ができたので道中のネットカフェでこれを書いている。講義が終わって義父母の家に行くと、妻も帰ってくることになっている。3日ぶりに家族が揃い、つくばに帰る。これでパズルのような日々も一段落というところだ。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2008年11月です。

次のアーカイブはDiary: 2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー