Diary: 2009年10月アーカイブ

太陽光発電

コメント(0)

太陽光発電のセールス電話がかかってきた。

一通り話を聞くが、「費用が全くかからない」「5件様限定」のところが腑に落ちない。「それではそちら様はどうやって利益を得るのでしょうか?」と聞いてもこちらのメリットしか話さないし、どうして「5件限定なんでしょうか?」と聞いても同じことを繰り返すばかり。

押し問答を繰り返しているうちに、費用はかかるが、光熱費が浮くので相殺されること、5件というのはモニターだということが何となく分かってきた。山形市内の会社で、ちゃんと素性を明かしたので、翌日いらっしゃってもらうことに。仙台からだと容赦なく断るが、山形の場合はひょっとすると知り合いとか、知り合いの知り合いだったりするので、無碍に断れない。

ちょうど新聞で詐欺まがいの太陽光発電セールスの記事があったので心して臨む。いらっしゃったセールスマンは営業系というよりも技術系という感じの実直な青年だった。「お話をお聞きになって、いらないと思えば断っていただいてもかまいません」「はい、もとからそのつもりです。ところで読みましたか、今朝の新聞。太陽光発電のセールスで消費者相談が増えているんだそうで、お話をお聞きしづらいなと思っていたところです。」

太陽光発電は、CO2を排出せず原発にも頼らなくてよいため、政府や電力会社が力を入れている分野。昼間の余剰電力は蓄電できないため、電力会社に売るが、その値段が買値と同じか、高い。これには驚いた。また、停電になっても日中は自宅の電気を供給できるのも魅力的だと思った。インドで計画停電1日4時間などという生活をしてきたお陰で、電力供給が永続するとは思っていない。

しかし心が傾いたのもそこまで。セールスが用意してきたのは、パネル1枚当たり最大どれくらいの電力を作れるかというデータだけで、雪国であったり、南向きの屋根がなかったりすると、実際最大出力の何パーセントくらいになるかとかの説明がなかった。それでは、電気代・灯油代・ガス代が永久に一切かからなくなると言われても説得力がない。

電力料金票のコピーが何枚かあったので、それを集計して計算すれば実際値は分かるでしょうと聞いたが、個別のデータから、ここではどれくらいと断言できないという。いや、断言しなくてもいいので、この地方の平均値でもいいから教えてくれませんかというと、そういうものに意味はないという。統計的に有意ということはあるのではないかとさらに聞くと、うちの会社では出していませんと突っぱねられた。妻と2人で問い詰めたようなかたちになったので、気の毒だったかもしれない。

また、設置費用のローンが返し終わる15年後からはプラスしかないというのも疑問。経年劣化があったり、メンテナンスをしたり、新しい技術が出ればそれに乗り換えたりするだろうから、永久的に使い続けられるはずがない。

実際の発電量データがなければ検討しようがないというところで、セールスは完全にあきらめたようだった。資料をかばんにしまい始める。なんだか申し訳なかったので、エコキュートや夜間電力割引の話を聞いた。夜間電力割引にしないと、電気は高く売れないらしい。そして夜間電力割引にすると、エコキュートを使わないと損。つまり、夜間電力割引とエコキュート、太陽光発電はセットで、いずれか1つというのでは割に合わないということが分かった。全部入れれば、総額400〜500万円くらいかかるということも。

セールスの方には申し訳なかったが、いろいろ勉強させてもらった。今度、電力会社に務めている知人にもこの話をして、知見を広めてみたい。


高校の講演会のため、博士課程卒業者の進路を文系理系別に調べた。まず、文系の博士課程卒業者は、理系の3割に満たない。その理系も、医師が約半数を占める。医師の場合は規定路線であって、働き口がないということはまずないから、保健系を除いて考えたほうがよいだろう。特に文系。

「博士が100人いる村」では死亡・不明が8人(8%)に数えられているが、文系だけ取ってみると22%に急増する。もっとも、「博士号取得者と自殺について」で考察されているように、この22%がみな悲惨な行く末だというわけではないだろう。文系では、研究内容と全く関係のない仕事に就き、大学側が就職状況をが把握できないことが多いからだ。

とはいえ、一般企業への就職が厳しいのは文系のほうだ。大学は少子化の影響で文系学科をリストラ中。その間、授業は非常勤講師に頼っている。その非常勤講師ですら倍率が高い。代わりはいくらでもいるから、待遇はよくならない。非常勤講師になれなければアルバイト生活が待っている。一方、常勤の教員も高校へのリクルート活動、就職の世話、組織再編の会議で過労気味。昔は「大学教員は3日やったらやめられない」と言われていたそうだが、今は「なっても地獄、ならなくても地獄」である。

私の周囲にも、非常勤講師のみで先の読めない人、アルバイトで糊口をしのぐ人、大学で過労死した先生が少なからずいる。

水口昭道氏の『高学歴ワーキングプア』の前半のように、ルサンチマンに浸っていても仕方がないが、大学に在学中、または大学進学を考えている後輩たちには知っておいてもらいたいことである。

ITmediaエンタープライズ:高学歴ワーキングプアとは何か

このアーカイブについて

このページには、2009年10月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2009年9月です。

次のアーカイブはDiary: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー