Diary: 2010年9月アーカイブ

白作務衣

コメント(0)

よくお寺に送られてくる作務衣のカタログに白作務衣というのがある。汚れるのが前提の作務衣に、なぜ白?と思ったら、白衣の代わりに作務衣の下に着るらしい。

-----
お盆の檀家回りに最適!
一年で最も忙しいお盆の檀家回り。そんな時重宝するのが白作務衣。車やバイクの運転も白衣と違って、ツッパリ感や着崩れする事もなく次の檀家さんへ。足さばきが良いので一日に回れる件数が増えること間違いなし。今年は白作務衣着用でのスケジュールを!
-----

……だって(笑)。そしてカッコいいお兄さんがスクーターにまたがっている写真が付いていた。ちなみに19,800円。

確かに、車に乗り降りしていると衣が肌蹴てきて、トイレ休憩がてら直さなければならないことがある。バイクだと衣の裾が風でめくられてマリリン・モンローになるのでなおさらだろう。

でも、ゴムで止められた袖が改良衣から出てくるのはカッコ悪い。また作務衣の上に改良衣を着ているのを、うちの近所のおばあちゃん方は「伊達政宗」(鎧姿に似ているからであろう)と言ってバカにしている。手抜きスタイルだということが見破られているのだ。

というわけで白作務衣はパス。

次女が週末から熱を出して、今日も保育園を休んでいる。熱以外は元気なものだから目が離せなくて何もできない。今やっと昼寝をしたところ。

9月17日に横浜・鶴見の総持寺において、前副貫主・斉藤信義老師の本山葬が行われた。昨年亡くなった直後に行われた密葬、今回の本山葬、さらに再来月に鶴岡の善寶寺と正法寺で本葬が行われることになっており、合計4回もお葬式を行うわけである。

修行時代の癖で今でも「方丈さん」と呼ぶが、イレギュラーな修行期間を認めたり、結婚式にお越し頂いたり、奨学金の世話をして下さったりと、私のような若僧にことさら目をかけて下さった。同郷の志(実は私の本家が方丈さんが生まれた大蔵村のお寺の檀家という縁もある)として、また大学の後輩として、博士論文の執筆や研究書の出版、大学への就職など、私に大きな期待を寄せて下さっていたが、その期待にこたえることが何一つできないまま、この世を去られたのはつくづく残念だった。

そんなわけでせめてお葬式には皆勤しようと参列を決めた。朝一番の新幹線で本山に向かう。鶴見駅から徒歩5分の道に迷った末の到着。受付は全てノートパソコンの端末で行われていて、領収書がすぐにプリントアウトされてくるというハイテクぶり。システム管理専門の和尚さんもいるそうで、これだけIT化が進んでいるお寺もないのではないだろうか。総持寺は能登から100年前に移転したお寺で、新しいものをどんどん取り入れるという姿勢がもともとあるのかもしれない。

昼食会場は260ものお膳がずらり。控え室もいくつかに分かれており、数えきれないお坊さんが集まっていた。私の行った控え室では善寶寺で修行していた仲間や、御詠歌仲間など、久しぶりに会う顔ぶれが並ぶ。お亡くなりになってもう1年近くになるので、葬儀というより法事といった風で、みんな和やかに談笑していた。これも方丈さんの縁に今なお結ばれている証であろう。

1000畳敷きの大祖堂で法要は行われた。ただでさえ広い上に、室中という奥の間に詰めて座っているので、読経と焼香になるまで、どれだけたくさんの人がいるか分からなかった。式は大勢の焼香に対応するためか、弔辞弔電を切り詰め、三仏事だけにしてあった。奠湯が総持寺副貫主、奠茶が永平寺副貫主、秉炬が総持寺貫主という最高の顔ぶれである。

曹洞宗では修行と悟りは同じものであると説く。そして悟りとは解脱である。であるならば、この世で修行し続けた禅僧はもうすでに如来なのであって、衆生とは交わらない世界に行くのではないか、遷化などしないのではないか、などと法要中に考えていた。だとすれば心の世界でしかお釈迦様に会えないのと同様、方丈さんにももうお会いできない。でも、方丈さんがこの世に残していったものはたくさんある。

「而今を重ねる」という言葉がどなたかの弔辞の中にあった。過去や未来にとらわれず、現在の一瞬一瞬に気持ちを込めて生きることができれば、私でも方丈さんのような生き方に少しは近づけるのかもしれないと思う。

エコドライブ

コメント(0)

先日、自動車屋さんに保険の手続きで寄ったとき、エコドライブのすすめが置いてあって、それからちょっと心がけて運転している。

日本自動車工業会:エコ・ドライブ

ポイントは「最初の5秒で時速20km」と「早めのアクセルオフ」。前者ははじめアクセルを踏まずクリープだけで進めることで、後者は100mくらい前からアクセルを踏まないことで達成できる。結果としてノロノロ運転となり、気がつけば後ろに2、3台溜まっていることもあるが、気にしない。

最近のガソリン代は1リットル135円前後。今の車は1リットルで13キロくらい走るから、1キロ10円の計算だ。毎日の保育園の送迎は往復15キロだから150円。この2つで合計13%燃料が節約されるというから、計算上は毎日20円くらい得していることになる。

それだけではない。まず安全運転は、事故に遭うリスクを下げる。先日、家の前の道から県道に出るとき初めてコリジョンコース現象を体験した。車が来ないなと思って県道に出ようとしたその時、いきなり目の前に車が現れたのである。お互い等速度で走ると相手の車が視界から動かないように見える。スピードが予め遅ければ、このような錯覚も防げる。

また、スピード違反で捕まる恐れもなくなる。先日、警察署で講演をしてきたばかりなので、取り締まりで捕まって「あ、あの時の和尚さん」とか気まずくなりたくないもの。

それから車中の揺れが少ないのが快適。雪国の道路(特に交差点)は、除雪の影響ででこぼこが多いため、スピードを上げるととても揺れる。なので交差点にゆっくり進入するとこんなに快適だとは思わなかった。チャイルドシートの子供にも優しい。

このようにメリットたくさんのエコドライブ。時間に余裕がないとできないが、この頃は長女の要望(6時半までに朝食を出せと)により5時起きになっているので余裕である。近所の人に有名になるくらい、ノロノロ運転でいくぞ。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2010年8月です。

次のアーカイブはDiary: 2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー