Diary: 2012年3月アーカイブ

オランダ人通訳

コメント(0)
今日は近くのロータリークラブでオランダ人受け入れがあり、通訳を頼まれた。脳のいつも使っていない部分を使って刺激的な1日だった。

やってきたのは20代から50代のオランダ人5名。退役した軍人、雑誌編集長、銀行マン、カウンセラー、フローリストとバラエティーに顔ぶれである。まずは山形市内のリサイクル工場を見学。いきなり会長(president)と社長(executive)を訳し分け損ねて失礼してしまった。あと浄化槽(septic tank)は辞書を見て調べた。マテリアルリサイクル(原料に戻す)とサーマルリサイクル(燃料にする)の違いがあることを知って勉強になった。

その後、今度は白鷹のあゆ茶屋でやな場を見てから鮎(sweetfish)をごちそうになって、お昼の例会会場へ。昼食後、メンバーの自己紹介とオランダの国紹介。英文の原稿があったが今日渡されたもので、事前に1回しか読まないでスピード翻訳。みんなが聞いているので緊張したが、それよりもっとハードなイベントが控えていた。

それは町長の表敬訪問。こちらは台本なしのフリートークである。しかも少子化問題や市町村長の選出方法など話題が込み入っていた。「議会制民主主義」とか「根回し」とか、単語が分からないときは、遠まわしに別の言葉で説明することになるので、頭を使う。初めて町議会議場を見学させてもらったが、インターネットでライブ中継していると聞いて私も驚いた。

さらに今度はお寺に移動すると、華道と茶道の説明が待っていた。町長とのお話は日本語では意味が分かるが英語にできないというものだったが、こちらは「あしらい」とか「禅」とか、お手上げが続出で笑うしかない。手を変え品を変え、ときどきフリーズしながら、何とか終わった。

相当頭がウニになっていたらしく、帰りにスーパーで買い物をしたときは同じ所を何度も行き来したり、品物を手にとっては返したりと、精彩を欠いていたほどである。

自分ではあまり満足のいかない通訳だったが、オランダ人の方々にお褒め頂いたのでよしとする。オランダ語の自己紹介も教えてもらった。オランダ語は、音がドイツ語、発音が英語に近くてハイブリッドぶりが面白い。

Goede morgen/middag/avond!
ホデモルゲン/ミダハ/アーヴォント!
Hoe gaat het met je?
ホー・ハート・ヘト・メト・ユー?
Goed, dank je wel.
ホート、ダンク・ユー・ウェル
Mijn Naam is Takuya Ono.
マイン・ナーム・イス・タクヤオノ
Mijn familieleden zijn frau, moeder, grootmoeder, zoon, twee dochters.
マイン・ファミリーレーデン・ザイン・フラウ、ムーダー、フロートムーダー、ゾーン、トウェイ・ドフター

明日の午前中も行く予定。

ドイツ語講座

コメント(0)
まちの楽校本町館というところで行われている地元の市民講座で先月と今月、4回にわたってドイツ語講座を開いた。「ボードゲーム講座」「仏教哲学講座」に続く第3弾である。資格的なものはドイツ語会話学校のゲーテ・インスティテュートで取ったツェット・デーしかないし、留学経験もない。そんな程度で教えられるか自信がなかったが、私より出来る人が受講しにきたら逆に教えてもらうくらいのつもりで開講を申し込んだ。

先日のドイツ大使講演会に参加して、地元長井にはドイツに関心のある人が多いことを知った。南ドイツのバート・ゼッキンゲンという街と姉妹都市になっており、今年もホームステイ計画があるという。以前、ホームステイに参加したという方の話を伺って、ドイツ語しか分からなくて苦労したという。このような講座を開けば、ホームステイを予定している方のお役に立てるかもしれないと思ったのも、開講した動機である。

申し込んで下さったのは8名。バート・ゼッキンゲンクラブ関係者はおらず、ドイツ語は初めてという方がほとんどだった。4回しかないので、文法などは一切省いて、ひたすら自己紹介を丸暗記することを目標にした。あいさつ、自分の名前、住んでいるところ、家族構成、趣味、さらに3回目くらいで自分と家族の職業がドイツ語で話せるようになった。

以前、韓国で学会があったとき、懇親会の席で韓国語で自己紹介をしたことがある。また、インド留学中は、マラーティー語やカシミール語で自己紹介したこともあった。どちらも、まともに話せる言語ではないが、自己紹介できるだけで非常にウケがいい。参加者も、たとえドイツ語はほとんどできなくても、ドイツ人の前で自己紹介ができたら、それだけで心を開いてもらえるだろうと考えた。

毎回、はじめに参加者がひとりずつ自己紹介してから始める。とっさにドイツ語にできない単語(「ハローワーク」「農協」「つつじ公園」など)は和独辞典で調べた。同じことを話すので、回を重ねるごとに、みんなすらすら言えるようになってくる。

2回目はドイツのカードゲーム『ぴっぐテン』を持ち込み、ドイツ語で数字を言いながら遊んだ。頭の中で足し算しながらドイツ語で数字を言うというのは頭の刺激になったようだ。3回目は、ゲーテ/ヴェルナーの野ばらを取り上げ、歌詞を翻訳してからCDに合わせて皆で歌う。音楽の先生が参加していて盛り上がった。4回目はグリム童話の『幸せなハンス(Hans im Glück)』をいきなり原典講読。といってもはじめに日本語の絵本を読んであらすじをおさえてから、意味を取らずに音読し、反復してもらう。ところどころで出てくるキーワード(Gold Klumpen金塊→Pferd馬→Kuh牛→Schwein豚→Gansガチョウ→Stein石ころ)だけを確認した。これまたすごいもので、1時間も音読していると、だんだんすらすら読めるようになってくるものだ。

そんなバラエティに富んだ全4回。最後に、語学は0%か100%ではなく、0%より1%、1%より2%だという話をした。全くできないよりは一言、一言いえるよりはふた言と増やしていくのがよい。私もこの講座を通して、何%か積み増すことができたように思う。参加者からは「とても楽しかった」「ニュースなどでドイツ語が聞こえると耳をすませるようになった」という感想を頂いた。今度は是非ドイツに旅行して、自己紹介を試してもらいたいものである。

ニュースといえば先日のニュースでドイツのメルケル首相がこう語っていた。
"Wir werden bis Ende 2022 vollständig auf Kernenergie verzichten.(我々は2022年末までに原発を完全に停止するつもりです。)"
ここでNHKが「停止する」と訳したverzichtenファツィヒテンは、ドイツゲームでよく見られる単語。放棄する、断念するという意味で、ゲームでは「パスする」と訳すことが多い。こういうところで使われていると意味もなく嬉しくなるが、「停止」ではないような。

一昨日、お寺を参拝し、御朱印をもらいたいというメールがあった。希望を伺って日時を設定した後、「ドイツゲームは初心者です。東京プリンは最高です。」と一言添えられていた。ホームページをご覧になったのかなと思っていたら……。

その方は翌日、早速参拝にいらっしゃった。うちのお寺は三十三観音などに入っておらず、御朱印をもらいにお参りにいらっしゃる方は非常に珍しい。御朱印帳に丁寧に記入して押印し、御本尊様にあげて般若心経を読んだ。

終わってお茶を差し上げると、御朱印帳に代わってカバンから出されたものが拙著『ドイツゲームでしょう!2010年版』。「え?!どうしてそれを?」意外な展開に慌てる私。

その方が住んでいる新潟の五泉市には、オーナーがボードゲームにハマっているレストラン「どう夢」がある。ここでときどきボードゲームを遊んでいるのだという。同級生に何人もお坊さんがいた縁で近所のお寺にいったときに勧められ、御朱印集めも趣味となった。その2つの趣味を重ねあわせた結果が、うちへの参拝というわけである。さらに、コミックソングにも詳しく、道中に東京プリンを聴いてきたという。

私の中では、お寺とボードゲームは直接的につながっていなかったので、こういうこともあるのだと驚くばかり。仏教やボードゲームの話が弾んだのは当然のことである。

「どう夢」オーナー、ボードゲーム仲間のお坊さんと3人で今度私のところに行こうという話になっていたそうだが、なかなか皆の都合が合わなくて1人で来たという。今度は是非皆さんで、ボードゲームを遊びに来て下さいといって見送った。

お寺とボードゲームは直接的につながっていないと書いたが、ボードゲームを通して人と出会うことも仏縁だと感じることがある。私がもっている何かを必要としている人と、その人がもっている何かを必要としている私が結び付けられる。そんな縁をありがたく感じたひとときだった。

このアーカイブについて

このページには、2012年3月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2012年2月です。

次のアーカイブはDiary: 2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー