Diary: 2012年11月アーカイブ

家事と葬儀

コメント(0)

毎週金曜日は長女の習い事と、妻がつくばから帰ってくるので慌ただしい。布団を上げて、散らかっているものを片付けて、掃除。これを朝のうちにやっておけばいいが、外出の用事があると夕方になる。まさに時間との戦い。

今日は母が忘年会だったので、母と長女を送り、スーパーで夕食の食材を買って一旦帰宅。選択した子供たちの運動着を乾燥機にかけて(ティッシュまみれで取り除くのに時間がかかった)、長女と妻を迎えに行き、帰宅して夕食の支度。食べ終わって妻がひと仕事している間に食器を片づけ、妻が子供たちをお風呂に入れている間に掃除機がけと布団敷き。そして妻と子供たちがお休みの今、歯を磨きながらネットをしているところだ。

ふと家事と葬儀は似ているところがあると思った。家事はルーティン化しているので、始まってしまえばあまり頭を使わないが、始まるまでの段取りが重要である。限られた時間の中でどこまでできるか、どの順序でやったら早いかを考えるのは結構頭を使う。

葬儀も、始まってしまえばあまり頭を使わないが(故人の成仏を祈ることに念を集中している)、段取りには神経を使う。自宅かお寺かホールか、伴僧は何人で、自分の役目は何か、会葬者の人数はどれくらいか、弔辞弔電は何本あがるか、葬儀社のスタッフは式中にどれくらい手伝ってくれるか、こういった要素を加味して、葬儀の内容が微妙に変わるのである。そのときになってから動いたのでは変な間ができる。○○が終わったら△△、△△が終わったら□□と、先の先を読んで行動していかなくてはならない。

家事の達人は、段取りまで直感で組み立てられる人だと思う。ちゃんと考えないと行き当たりばったりになってしまうのは、まだ未熟ということだろう。精進精進。

旗の順序

コメント(0)

仏旗のイメージ先日の晋山式で、仏旗(五色旗)の色の順序を聞かれたが全く見当がつかなかったので調べてみた。

Wikipedia:仏旗

旧来の配色では「緑、黄、赤、白、紫」という順序が正解。いずれも仏陀の身体部分を表しているというので、そのお姿を思い浮かべると覚えられそうだ。

緑・・・頭髪  黄・・・肌  赤・・・血  白・・・歯  紫・・・袈裟

イメージ的には、髪を緑色に染めた黄金のお釈迦様が、鼻血を出しながら白い歯を見せてニッコリ笑っている顔と、その下に紫色の袈裟をまとった体というように上から思い出していくとよいだろうか(ごめんなさい!)。

旗といえば、施食会の旗の順序も迷う。『曹洞宗行持規範』では、下のような順序になっている。五如来幡と大幡(真言)は『甘露門』の通りなので間違いにくいが、四天王がややこしい。実際、私が師匠から受け継いだ資料にも別様に記してあった(左から南東西北)。覚え方としては麻雀のトンナンシャーペー、一番強い多聞天(=毘沙門天)が右といったところだろうか。この順序にも云われがあるはずだが、そこまでは調べきれていない。まずは覚え書きに留める。

唵摩尼縛日哩吽
北方多聞天王
西方広目天王
南無多宝如来
南無妙色身如来
南無甘露王如来
南無広博身如来
南無離怖畏如来
南方増長天王
東方持国天王
唵麼尼駄哩吽泮乇

 

このアーカイブについて

このページには、2012年11月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2012年10月です。

次のアーカイブはDiary: 2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー