Diary: 2013年5月アーカイブ

祖母の逝去(2)

コメント(0)

翌日は短大の講義があり、用事もあったので出かけることにした。葬儀の準備としては、宗務所で曹洞宗管長弔辞を頂き、それを読んで下さる本寺の和尚さんに届け、市役所に死亡届を出して火葬許可証をもらい、お布施にするお金を郵便局から新券で下ろし、当座の食料をスーパーで買った。このような仕事は喪主が本来すべきではないのかもしれないが、人手不足なので致し方ない。その間、母と妻はひっきりなしの弔問客の対応。寺役員さんは、境内の草刈りをして下さった。

短大の講義トピックは折しも『苦と解脱』で、祖母の具合が悪い中行なった先週のトピックは『無常について』だった。着替える時間がないため、改良衣のままの講義である。死や別れの苦しみについて話すとき、思わず力がこもってしまう。

夕方からは近所の梅花講員の方が集まって枕元で御詠歌の奉詠で、母と私も一緒にお唱えさせて頂く。穏やかな祖母の死に顔の前で追弔御和讃をお唱えしていると何度も声がつまる。祖母は御詠歌に長年親しんでおり、今月末の全国大会では特別昇等の申請をして一級詠範になるはずだった。今月の梅花講総会にも出て一緒にお唱えしていたのが昨日のことのようである。

御詠歌が始まる前、檀家さんのお母さんがお亡くなりになったことを知る。そのため終わってすぐ枕経に行かなければならなくなった。友引もあるため、葬儀の日程をどのようにしたらよいか大いに迷う。結局、祖母の葬儀と友引をはさんで4日後に葬儀を行うことになったが、祖母の葬儀が終わった夜に入棺、翌日の昼、4件の法事の合間に出棺という過密日程である。

奇遇なことに、この檀家さんのお父さんは15年前、祖父がなくなった直後に亡くなっている。何かの縁であろうか。

祖母の逝去(1)

コメント(0)

5月22日、祖母が92歳で亡くなった。まだ実感がわかないところもあるが、葬儀が終わったので顛末を記す。

風邪をこじらせての肺炎で、亡くなったのは救急車で入院して5日目だった。4日目に子供たちと見舞いに行ったときは酸素マスクをして息苦しそうにしていたが、呼べば応えるくらいの意識はあった。お腹のあたりに手を当てて、痛いかと聞くと頷くので、看護師さんを呼んで痛み止めの点滴をしてもらう。そのとき声を絞り出すようにいったのが「お尻の、穴」。祖母には申し訳ないが、子供たちはその言葉に大笑い。私は「汝等悲悩を抱くことなかれ」というお釈迦様の最後の言葉を思い出した。

翌朝に電話が来て、意識がなく、呼吸も途切れ始めているという。病院についたときは眉をしかめて苦しそうに息をしていたが、親戚が集まって見守っているとやがて安らかな息となり、その息が途切れ途切れになっていって、しまいに息を引き取った。心臓からの電気信号がなくなったところでお医者さんがきて死亡宣告。母が大きな声で名前を呼ぶと、じわりと涙がにじんだ。

しかしその後の手際の良さは仕事柄か、我ながら驚いた。清拭の間、以前に見積もりをとっておいた葬儀社に連絡し、遺体の搬送をお願いする。近隣のご寺院さんにお知らせし、導師をどなたに頼むか相談(住職だが喪主でもあるので導師をすることはできない)。隣組長と総代長に連絡し、お手伝いの打ち合わせを依頼。その間に母はつくばにいる妻と、スイスにいる叔母、親戚縁者に電話をかけ、一足先に帰ってお迎えの準備をした。

清拭が終わった遺体は、お医者さんに見送られ、病院の裏口から出された。家に帰ると、祖母は和室に寝かされた。病院でもエンゼルメイクをしてもらっていたが、母が念入りに化粧をした。そのうちに話を聞きつけた方々が次々とお悔やみにいらっしゃる。

葬儀社の方と本堂を片付けていると、和室から号泣する声が聞こえてきた。長女が学校から帰ってきたのである。ゆうに20分ほど泣き続けていただろうか。そのわきで長男は淡々と宿題をしていた。夕方には妻と次女が帰宅し、家族全員が揃う。夜遅くまで絶えない弔問客に、祖母の顔の広さを思い知った。

お寺の名前が同じお寺が岡山にあることは、以前から知っていた。私の知る限り、この名前は全国で2ヶ寺しかない。

このお寺を知ったのは、御詠歌の有名な先生が住職をしていたからであった。梅花流の約3分の1にあたる35曲を作詞した赤松月船老師である。とはいえ私が知ったときにはすでにこの世にはなく、お寺は無住となっていた。

ところが数年前に新しい住職が入り、僧堂(修行道場)も開かれたという知らせを伺った。ただ、無住の期間が長かったために建物が相当傷んでおり、全国の寺院に寄付を呼びかけていたので、わずかな額ではあるが協力させて頂いた。

そのときに、堂長(住職)の鈴木聖道老師から直々にお礼のお手紙を頂戴する。同じ名前のお寺が山形にもあることを初めてご存知になったようだったが、それからしばらくして、赤松月船老師の十七回忌のご案内を頂いた。お寺にお参りするだけでなく、月船老師の報恩供養に参列できるとは、絶好の機会である。すぐに出席の返事を送ったところ、また堂長さんからわざわざお電話があり、ご親切にも行き方を教えて頂いた。新倉敷駅からタクシーで20分ということである。

山形の洞松寺から岡山の洞松寺までは、新幹線を乗り継いで8時間半の道のり。山間の集落からさらに細い道を入ったところにひっそりと佇む本堂、妙鐘の御詠歌の歌碑が刻まれた観音像、きれいに掃き清められた庭に立つと、感無量となる。

岡山洞松寺:山門岡山洞松寺:梅花観音梅湯・菓茶のご接待をして頂いたのは、外国の尼僧さんだった。住職さんは国際布教師という経歴があり、その縁でオーストラリア、アメリカ、フランス、スペインの方が日本人と共にここで修行なさっているという。受け入れ先の関係もあるのか、男僧と尼僧が共同で修行しているのは珍しい。オーストラリアの尼僧さんに伺ったところ、小さい頃から内向的で、心の平安を求めて禅センターに通うようになり、一大決心して僧侶の道を選んだという。さまざまな国の人が一緒に暮らすためディスコミュニケーションもあるが、毎日幸せに修行しているそうだ。

お逮夜の法要の後、お寺は修行僧でいっぱいだということで近くのホテルへ。薬石を頂きながら、堂長さんから国際布教やお寺の復興についてお話を伺う。若い頃から各地で活躍なされ、師家となられた方とは思えない物腰の柔らかさと周囲への気配り、そして発想の自由さに大いに刺激を受けた。外国人修行僧には、英語で指示を出していた。

岡山の洞松寺は檀家が18軒しかなく、20人以上の修行僧を抱える僧堂を運営するのはたいへんなご苦労があるようだ。檀家さんが非常に協力的で、5日に1回の托鉢のほか、毎月行われる摂心(朝から晩まで坐禅をする期間)では、食事を作りに来て下さるという。ちなみに山内にはテレビもラジオもなく、新聞も取っていない。禁酒禁煙で、夜餐(夜の飲み会)もなし。正真正銘の僧伽である。

翌朝は前日よりたくさんのご寺院さんが集まっていた。門葉(系列のお寺)は1000ヶ寺以上あるというから驚きである。御本寺は静岡の大洞院様で、うちの本寺の本寺の本寺にあたる。親子に喩えれば、岡山の洞松寺は山形の洞松寺の大伯父ということになる。大洞院の方丈様も、月船老師の法要の導師としてお見えになっていた。齢90にして矍鑠、門葉寺院3000ヶ寺を率いる威厳はいささかも衰えていない。

岡山洞松寺:寺号額

法要は二世正当、開山忌、月船老師十七回忌、檀信徒総供養と約2時間。両班に空きがあったため上位に加えて頂き、間近に参列できたのはたいへん幸せなことであった。月船老師がおわしますが如くに、梅花講の皆さんと共に三宝御和讃もお唱えできて感激である。

法要が終わってから、近くのお寺さんによる月船老師のご生涯についてご法話。修行の後、文学を志して上京し、39歳で故郷で住職を勤めながら村助役や村長、洞松寺の住職になられたのは61歳のときであったという。『大乗禅』という冊子に寄稿したものをまとめたものをおみやげに頂いた。詩人として、数多くの詩や和歌、禅語に親しんでいらした様子が垣間見れる。

昼食を頂いて、帰りは梅花講員さんに駅まで送って頂いた。月船老師は、法事の後の法話もたいへん素晴らしかったことを講員さんから伺い、月船老師はまだこの地に生き続けているのだと感じながら帰途についた。

今回、ありがたいご縁に恵まれたのも鈴木聖道堂長老師はじめ、温かく出迎えて頂いた山内関係者の皆様のおかげである。また梅花の功徳といえるかもしれない。深く感謝をすると共に、ぜひまたお参りに伺いたいと思っている。

岡山洞松寺:寺庭

このアーカイブについて

このページには、2013年5月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2013年3月です。

次のアーカイブはDiary: 2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー