Diary: 2015年1月アーカイブ

大般若

コメント(0)

地元草岡地区の大般若会(だいはんにゃえ)。今年1年、地区民が仲良く平和に暮らせるようにご祈祷した。

今回は人員に余裕があり、理趣分を参会者に回すことができたほか、参会者に対し法要前に自分で法要の趣旨を説明することもできた。猛吹雪の中集まって下さったご寺院様方のおかげである。

手抜かりのないように家族総出で年末から準備を重ねてきたが、広報が甘かったので、次回はチラシの全戸配布を行いたいと思っている。

大般若会2015

収支決算

コメント(0)

昨年の寺院収支決算書を完成。日誌の出納をエクセルに移して合算する。

お寺には、収支決算書の作成義務と、関係者から請求があった場合の開示義務がある(宗教法人法25条)。ただし年収8000万円以下の小規模法人は作成・提出を免除されている(これとは別に、税務申告はもちろんしなければならない)。開示請求を受けたことも、責任役員会で承認決議を得るという手続きもないが、それでは手間をかけて決算書を作るモチベーションが湧かないので、頼まれもしないのに役員会で配布している。

昨年の収入に対する給与の割合は12.2%。頂いたお布施の大部分は経費に当てられている。

和みの今

コメント(0)

長井市の観光ポスターになった洞松寺。冬は雪にすっぽり埋もれている。

軒下はいくら除雪してもまた屋根の上から雪が落ちてきて元通りだ。

ポスター和みの今

立ち往生

コメント(0)

雪が積もって駐車場から出られなくなっている車を発見。2人がかりで押しても動かない。

「前駆ですか?」「四駆なんですよ」

自分の車から脱出版をもってきて押したところ無事脱出。でも車の重みで脱出版が真ん中から折れてしまった。

「ありがとうございました。弁償します!」「いやいや、古いものですし、壊れやすくなっていたんだと思います」
「そう言わずに」「本当に結構です」

とうとう相手の方は1万円を差し出してきた。「そんなに高いものじゃないですから」「それじゃこれで・・・」といって結局、5千円頂いてしまう。

雪国は助け合い。お願いしなければいけなくなる事態はしょっちゅうある。ときに3人がかり、4人がかりでないと動かせなくなるので、助け合いが欠かせない。それゆえ、どこからともなくやってきて、脱出できたら恩着せがましくなく去っていくスタイルが一般化しているのは良い文化だと思う

私の車は前駆なので出られなくなるかと思ってヒヤヒヤしたが、勢いをつけて行ったら無事出られた。ほっ。

このアーカイブについて

このページには、2015年1月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2014年12月です。

次のアーカイブはDiary: 2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー