Diary: 2015年8月アーカイブ

3つのバランス

コメント(0)

公民館・社会教育・生涯学習関係職員研修でファシリテーター講座。午前午後と5時間半にわたり、7つのミニゲームをはさみながらコミュニティデザインなるものを学びました。

やりたいこと(will, wish)、できること(can)、必要とされていること(needs)。この3つの円が重なってはじめてアイデアが生まれるという話が特に心に残りました。やりたいこと・できることだけならば趣味、やりたいこと。必要とされていることだけならば夢、できること・必要とされていることだけならば労働になってしまうといいます。

今、自分の中でこの3つはバランスがとれているかというと、やりたいことが減退しているようにも思えます(年のせい?)。できることを伸ばし、必要とされていることを模索しつつ、肝心のやりたい気持ちを失わないようにしたいものです。

インサイドヘッド

コメント(0)

常懷悲感。心遂醒悟。(繰り返し嘆き悲しんでいるうちに、転倒していた意識がもとに返るであろう/法華経寿量品)

今月の『禅の友』で、流産してしまった女性が、「どうしたら心が晴れ、笑顔で周囲の幸せを喜べるようになれるでしょうか」という相談で引用されていました。悲しみを否定せず、じっと抱きしめ、待っていればやがて心に青空が広がってくると。

子供たちと見てきた『インサイドヘッド』は、そんな話でした。ヨロコビとカナシミが出てきますが、最後はカナシミが大事な役割を果たします。

送骨

コメント(0)

日刊ゲンダイ:"お墓事情"に異変 「ゆうパックで納骨3万円」が最新スタイル

火葬だけで葬儀を行わない直葬もだいぶ広がってきましたが、遺骨を遠方のお寺に送る送骨も次第に始まってきました。

「ご契約いただくと、当院にお骨を送るための専用段ボールとゆうパック送付状をお送りします。送骨方法マニュアルの通り、お骨を納めて送り返していただくと、本堂にて俗名で供養。合祀墓に納骨するのです。」

送骨、需要があるのは分かりますがまだ感覚的についていけません。そんなことをいっているうちに送られてきそうですが。

お盆のお勤め

コメント(0)

お盆直前の塔婆書き。午後は掃除とお盆の飾りつけです。

お盆は、50回忌以上だけを対象として合同法事を行っています。33回忌までは、自宅でのお勤めをお願いしています。

今年のお盆は初日のみ、長男を連れて棚経に回りました。棚経デビューです。私も師匠と一緒に回っていたのを思い出します。gurushishyaparampara.

お盆の棚経は新盆と役員さんだけにさせてもらっていますが、1件あたり30分くらいのペースなので、20時間ほど必要です。熱いお茶と冷たいお茶を交互に頂いているうちに、水あたり気味。さらに正座でひざがじんじんします。13日から回り始めて、16日までに何とか終えたいと思います。

塔婆

良寛さまと花火

コメント(0)

妻のご両親の実家を訪ねて燕、長岡へ。寺泊で海水浴、良寛記念館、長岡大花火大会と詰め込んで新潟を満喫しました。

長岡の花火は長岡空襲があった8月1日に合わせて毎年行われており、最初に白菊という真っ白い慰霊の花火が3発打ち上げられます。多くの悲しみを乗り越えて現在があることに思いを馳せ、空いっぱいの花火を鑑賞しました。

袖裏の繍毬直千金
自ら誇る好手等匹無しと
人有って若し箇中の意旨を問はば
一二三四五六七(良寛)

長岡花火大会

このアーカイブについて

このページには、2015年8月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2015年7月です。

次のアーカイブはDiary: 2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー