Diary: 2017年11月アーカイブ

「寺のイチョウの葉が全部落ちたら根雪(春まで消えない雪)」と地元の皆さんが口々に言いますが、異常気象のせいか最近あまりあてになりません。昨年は葉が落ちてから根雪になるまで半月ちかくありましたし、今年は落ちる前から根雪模様です。

teranoicho.jpg

死の随念

コメント(0)

先日、お寺のお供養で、何よりも生きて今日ここにいられるということがありがたいという話をしていたところ、その2日後、妻が自転車で右折車にはねられそうになったという。そのとき身分証ももっておらず、病院に運ばれても身元不明になっていたかもしれないとのこと。こちらも電話が通じなければ仕事があるんだろうなと思うくらいで翌日になってばたばたしていたことでしょう。

車に気をつけるのはもちろんのこと、気をつけていても寝ているうちに心臓が止まってしまう人だっているし、自分や家族が死ぬことは常日頃から想定しておかなければと妻と話をしたところです。

死随念(『清浄道論』)
① 命は奪われている:今もこうしているうちに身体は老化し、どんどん死が近づいている。
② 得たものは無に帰す:いくら健康でも、いくら若くとも、やがて病気になり、老い、死にゆく
③ ほかの人と同じく:自分もやがてお悔やみ欄に掲載される日がやってくる
④ 身体があるからには:同じ人間の身体をもつ以上、同じような病気や事故で死ぬ
⑤ 寿命がある:たまたま病気や事故に遭わなくても、老衰によりやがて心臓が止まる
⑥ 例外はない:全ての生命は、生まれ、病気になり、死に、遺体は朽ち、心は生まれ変わる
⑦ 時間の限界:人間はせいぜい100歳までしか生きられず、残された時間は短い
⑧ 一瞬一瞬の変化:心は瞬間瞬間に生滅を繰り返しており、それがいつ止むかは分からない

「男性を信じられない」30代女性の悩みを東大卒の天才僧侶小池龍之介が一刀両断(FUNDO)

「現代のように男女平準化した時代に、何も差し出さずに「ただ勇ましく庇護してほしいよー」と駄々をこねても、そんな人を心から愛し守ろうと思える聖人君子は、この世にいません」

小池氏が引いている法句経はこれです。

「他人の過失は見やすいけれども、自己の過失は見がたい。ひとは他人の過失を籾殻のように吹き散らす。しかし自分の過失は、隠してしまう。―狡猾な賭博師が不利な骰の目をかくしてしまうように。(sudassam vajjamannesam attano pana duddsam paresam hi so vajjani opunati yatha bhusam attano pana chadeti kalimva kitava satho.)」(ダンマパダ252)

難しいのは、「裏切られるような期待なら最初からしないほうがよい」という話になると無縁社会の推奨になってしまうし、「相手に期待するなら自分もそれに応じたものを差し出すべき」という話になると見返りを求めることになってしまうところ。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2017年10月です。

次のアーカイブはDiary: 2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー