Diary: 2018年2月アーカイブ

市のいじめ防止基本方針が改定になり、新しい項目が追加されました。

好意で行った行為でも、相手に苦痛を感じさせる場合も想定し、柔軟な対応ができるようにしていく。

大人の世界では「小さな親切、大きなお世話」「ありがた迷惑」「独りよがり」がなくはありませんが、子どもの社会にも「善意によるいじめ」も起こっているとすると複雑だと思います。具体的にこれはストーカー的なもの? あるいはクラスのためという大義名分や、先生の意向を忖度して規範を強要するようなもの?

正義感や善意も度を過ぎれば苦痛を生み出しますが、かといってできるだけ人と関わらないことを勧めたり、他人のわがままをそのまま肯定したりするのも変。自分も相手も心地よいくらいの適度な関わり方というのは、子どもだけでなく大人にとってもたいへん難しい問題です。

東京大学で博士論文の口頭試問が終了。2時間半、5人の先生方からガチにご質問とご意見を頂戴しました。結果、無事承認されて博士号を頂けることになりました。取らないと気になるけど、取っても何にもならない足の裏の米粒に喩えられる博士号ですが、それなりに満足感があります。

昔は3日やったらやめられないと言われた大学教授も、今は過労死するほどの忙しさ。お寺の住職になって、非常勤だけで来たから執筆できたのだと思います。出版は教授に勧められていますが、無料ウェブ公開のほうがいいと思っています(東大では5年前から出版しない限り自動公開)。

実は口頭試問の直前まで研究室で〆切が迫ったボードゲーム関係の翻訳作業をしていました。肩の荷がおりたのは事実ですが、ここでゴールとせずに、新しいことにチャレンジしていきたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2018年2月以降に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDiary: 2018年1月です。

次のアーカイブはDiary: 2018年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Diary: 月別アーカイブ

アーカイブ

リンク用バナー