etcの最近のブログ記事

ブログ刷新

コメント(0)
ブログのレイアウトを直しているうちに、どうしても直らないので、1から作り直しました。過去のエントリーは見られなくなっているものもありますが、徐々に見られるよう復旧しています。 読みたい記事がありましたら、コメント頂けると優先的に復旧いたしますのでよろしくお願いします。

学生時代、ドビュッシーやプーランクのフランス音楽にどっぷりとはまっていた。ベートーヴェンやブラームスなど、ドイツ音楽の重厚さには付いていけず、軽やかなメロディと淡いハーモニーが心地よかったのである。

「これでーいいのだー♪」という歌がサントリーのCMやラジオでときどき流れて、すごく気になっていたが、テレビで来日したニュースをもとに歌手が分かって購入。ちょうどフランス語を勉強しているのでリスニングもかねて。ボーナストラックがある盤とない盤があるので注意が必要だ。

うる星やつら、キャッツアイ、タッチ、サザエさん、ドラえもん、ちびまる子ちゃんなどおなじみの曲ばかりだが、歌詞がフランス語(一部英語)になってパーカッションがボサノバになっただけでまるで違う音楽に聞こえる。カーオーディオで流して田園の中を走れば、まるで南仏をドライブしているかのよう。

特に気に入っているのはアンニュイなサクソフォンの間奏が流れる「とんちんかんちん一休さん」と、「ゲ」の2つ目が下がるゲゲゲの鬼太郎で、よく聴いている。「元祖天才バカボンの春」はオリジナルからしてずいぶん物悲しい曲だと思っていたが、さらにしみじみとしていて、もののあはれを感じさせる。

クリスマス動画2点

コメント(0)

生活支援給付金

コメント(0)

私は、政府による生活支援給付金の交付に反対である。

確かに、4人家族で6万円程度という給付金は、家計が苦しい多くの世帯で喜ばれるだろう。しかしそれ以上に問題が多い。

第一に、金額からみて景気の浮揚にはつながりそうにない。なけなしの水を、焼け石に注ぐようなものである。この金額で1ヶ月の暮らしが少しは楽になったとしても、次の月までもたない。家計を強化している暇なんてない。

第二に、集めた税金を納税者にばらまくのは無駄である。収税コストに、給付するためのコストを乗せたら、だいぶ差し引かれてしまうだろう。かつて失敗に終わった「地域振興券」を思い出す。返すくらいならはじめから減税しろと言いたい。集めたものは、コストの無駄を減らすべく集まったかたちで使ってほしい。

第三に、国の財政を悪化させてはいけない。今回は国債ではなく埋蔵金で捻出するというが、そのお金があるならば国債発行を抑えたり、積極的に償却して国の借金を減らしたほうが、次世代に禍根を残さない。

このほかにも、全世帯に交付すれば不公平感が出て、生活に困窮している人に交付するには収入の把握のための法整備が必要になるという問題もあるという。

政府として同じ金額をもっと別の、効果的な景気浮揚対策に宛てられるはずだ。このようなわけで、私は生活支援給付金の交付に反対である。

クラシック音楽のパロディを手がける杉ちゃんと鉄平さんです。わざとらしくなく、いつの間にか別のメロディが紛れ込むアレンジが見事。

シュトラウスの有名なワルツを短調にしてサスペンス劇場の音楽を巧みににミックスした「美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件」は大のお気に入り。

ほかにも「カプリス変奏即興曲」は口ずさんでしまいたくなるような軽快なメロディーだし、『トロイメライによる「夏の思い出」』はダブルで郷愁を誘ういい音楽です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちetcカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはDreamです。

次のカテゴリはIndiaです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー