India: 2008年12月アーカイブ

नेति नेति

コメント(0)

अथात आदेशो नेति नेति । न ह्येतस्मादिति नेत्यन्यत् परमस्ति ।(बृ.आ.उ 2.3.6)

金曜日に行われたW.スラーエ・ハレ大学教授の講演のテーマは『ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』(仏陀以前の成立)でヤージュニャヴァルキヤ仙が説く自己(アートマン)の説明「नेति नेति」の解釈について.従来の解釈に異を唱えるもので終わってからも活発な意見が出されていた.

従来の解釈は「そうではない.そうではない.」と否定を繰り返すものが主流である.西洋だけでなく,国内でも「この我はただ『非也・非也』と説き得べきのみ.」(辻直四郎『ウパニシャッド』),「この『非ず,非ず』という〔標示句によって意味される〕アートマンは不可捉である.」(服部正明『古代インドの神秘思想』),「このアートマンは,ただ『そうではない,そうではない』と説かれる.」(前田専学『インド思想史』)というようにこの解釈を取る.

このような解釈をスラーエ教授は後代にシャンカラ(700-750)がइति=एवम्と解釈したものに基づくとし,もともと別の意味があったのではないかという.そしてもともとの意味を考えるにあたって「आदेश」(代用)に基づき,また「इति न」という語順が自然であるとする.「आदेश」は「नेति नेति」全体を包含し,「इति न」は「〜というならば,そうではない」という前主張の否定形式である.こうして「नेति नेति」は二重否定で解釈される.『ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』自体の説明を考え合わせると「(アートマンとは,)そういう在り方をしていないものは他にない」=「全てがそういう在り方をしている」と解釈でき,ほかの大文章「汝はそれである」とも合致する.

この解釈がいまひとつ分かりにくいこともあって,たくさんの先生から意見が寄せられた.「इति न」を先に取ると,1番目の「न」が宙ぶらりんで何を否定しているのか分からない.また「आदेश」が否定の繰り返しがあっても問題ではない.『ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』の説明も,前半と後半を分けて「これ以外はない,ほかに至上のものはない」と否定の繰り返しに読めないこともない.

スラーエ教授は反論に証拠を求め,また分かりやすいことは正しいことにならないと戒められた.文献学の基本的な姿勢である.

それにしてもサンスクリットをローマ字で書くのはどうなんだろう? かつてはワープロの都合で仕方なかった面もあるが,今は技術的に十分可能になっている.連声したままだと分かりにくいならば,分解して表記すればよい.戦後GHQで日本語を総ローマ字化する計画があったそうだが,それに似てどうもインド文化を蔑ろにしているような気がする(第一読みにくくてかなわない).

ドイツ人のインド学者が来日しているというのを聞き、昨日は東大に行って来た。授業は30分遅れて始まり、テキストを5行ぐらい読んで終わり、先生が論文を読んだらほとんど時間になっていた。ディスカッションが始まるかと思ったらタバコ休憩。ポカーン(;゚Д゚)

しかもその後の話が切ない。ドイツではここ数年、インド学の講座をたたむ大学がどんどん増えているという。理由は簡単、学生がいないから。大学も効率経営を迫られているのだ。まだ残っている大学でも、今の教授が退官したら閉鎖される可能性が高い。

そんな状況下で学生が研究を続けるのは難しい。「No Chair, No Hope(ポストなければ希望なし)」である。スラーエ教授は、もし将来に講座を復活することになっても、学者が途切れると再建は難しいと心配していた。

ポストなければ希望なし……大いに首肯するところだが、これを言い訳にして博士論文執筆を怠けてはいけない。

北京大学から来たばかりの何さんは、中国の状況を話してくれた。中国では逆に、今までインド学や仏教学の講座がほとんどなかったが、近年になって政府が力を入れてきているという。何さんも日本での勉強を終えて、中国で博士論文を出したら先生になることが望まれている。ポストがあるので希望があるというわけだ。

ヨーロッパでインド学研究が盛んになったのは、ひとつにはサンスクリットがヨーロッパ諸語と共通の祖先をもつという発見によるが、植民地政策と無関係ではない。現地の文化を知ることは支配するときに不可欠であったが、それは今や見る影もない。むしろ戦後まで研究が続けられてきたほうが不思議だとさえ言える。

一方中国は近年、インドとの国際関係を強めている。もちろん中国には伝統的な訳経の歴史があり、近年は仏教を奉ずるチベット人との融和も求められているなど国内の事情もあるが、外交のための下準備として文化理解が求められているのだろう。韓国やタイも同じことが言える。

このように、地域研究は現代における自国と対象国との国際関係に影響される。翻って日本はどうか。日印関係の経済関係はそこそこだが、ほかと比べて特に強いというわけではない。ドイツよりはましといったところだろう。でも精神的に強い紐帯がある。それは仏教だ。

日本のインド学は、半分くらいは「お寺の息子」たちによって支えられている。また、お寺の息子でない人でもお寺関係の奨学金があるし、各宗派の大学ではたくさんの教員を抱えられる。これもお寺がある程度裕福であってこそ。葬式仏教も悪い面ばかりではない。

その日本も、お寺の息子が不甲斐ないせいか講座が減らされつつある。東大の印度哲学では、かつてパーリ仏教、インド・チベット仏教、インド哲学、中国仏教、日本仏教と5人の先生がいたが、中国仏教は木村教授の退官以降、補充が行われていない。このたび日本仏教の末木教授が退官するが、その後補充されるかどうか。

一方、日本のお寺は学問に対して理解が少ない。禅主学従論(坐禅さえやっていれば勉強などしなくてよいという考え)は公式には否定されているが、まだ一般には根強いと感じる。もっと理解を深め、お金だけでなく人材を出さなければいけないだろう。

終わってから歩いて秋葉原経由で帰宅。顔に温風が当たって足元が冷える演習室の過酷な環境のため、今日は熱が出てダウン。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月以降に書かれたブログ記事のうちIndiaカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはIndia: 2008年2月です。

次のアーカイブはIndia: 2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー